ニュース
» 2018年06月24日 12時30分 公開

猫というよりUMA感……! Twitterで話題になった「二足歩行の猫」を粘土細工で完全再現した猛者現る

めっちゃ強そう。

[宮原れい,ねとらぼ]

 6月にTwitterを中心に大きく話題になった「二足歩行の猫」を粘土細工で再現した人が現れ人気を集めています。腕っぷしが強い猫なのは間違いない。



 恐ろしいほどのにらみ顔と、前傾姿勢になって肩を揺らしながら歩くような姿がかっこいい二足歩行の猫。アメコミの実写ヒーローと一緒に歩くようなコラ画像が作られるなど、勇ましい姿が人気を呼びましたが、粘土で作られたフィギュアでもその雰囲気が見事に再現されています。こんなに迫力のある二足歩行の猫がこれまでいただろうか……。


二足歩行 猫 粘土細工 再現 完全にフィギュアとして再現されてる……!(画像提供:@meetissaiさん)

 もともとの画像では、猫の後ろ足がたまたま両腕に見えるような角度からの撮影や加工によって“二足歩行”に見えていましたが、立体になった同フィギュア版では完全なる「二足歩行の猫」に。横の方から見た姿が、もはや猫を超えたUMA(未確認動物)感がすごいです。普通に言葉を喋りそう。


二足歩行 猫 粘土細工 再現 この二足歩行生物は一体猫なのかどうか……(画像提供:@meetissaiさん)

二足歩行 猫 粘土細工 再現 右が今回の元ネタの猫画像/左は例の「Google Street View Cat」(関連記事)(Twitter検索より)

 制作・投稿したのは、めーちっさい(@meetissai)さん。これまでにも表情豊かなびっくり顔の「ハム太郎」や、イラストレーターのからめる(@purinharumaki)さんなど、さまざまな種類のネタを立体化して話題に。これらの作品はモーメントでも公開されています。

 コメントでは「すごい再現力」「かわいい」と称賛の声が寄せられたほか、「欲しい」「ガチャガチャで出して欲しい」といった声もあがっています。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響