ニュース
» 2018年06月26日 11時40分 公開

フルーツ盛りだくさんでおいしそう! 台湾スイーツ「豆花」の老舗が日本初上陸

新宿ミロードにオープン。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 台湾で連日行列ができる豆花専門店「騒豆花(サオドウファ)」の日本1号店が7月13日に新宿ミロード(東京都新宿区)にオープンします。フルーツたくさんでおいしそう!

騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード マンゴーとスイカを組み合わせた「マンゴースイカ豆花」(季節限定)

 豆花(トウファ)は豆乳から作るつるんとしたプリンに、甘いシロップにフルーツやピーナッツなどをトッピングして食べる、人気の台湾スイーツです。騒豆花は親子三代に渡って続いている老舗として知られ、お店で毎日大豆を絞って豆花のもととなる豆乳を作っています。日本初上陸となる新宿ミロード店では主な食材や機材を台湾から直輸入して、伝統の味を再現するとのことです。

騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード アップルマンゴーがたっぷりの「マンゴー豆花」(季節限定)

 新鮮な旬のフルーツを楽しめるフルーツ豆花では、豆花が見えなくなるほどマンゴーやスイカが盛られています。さらにその上にタピオカと練乳がトッピングされていて、とてもおいしそうです。これはスイーツ好きにはたまらない!

騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード 「スイカ豆花」は、その時期一番旬の産地を厳選したスイカを使用するそうです(季節限定)
騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード たっぷりのイチゴとたっぷりの練乳がたまらない「イチゴ豆花」

 フルーツ豆花以外にも、ピーナッツがトッピングされただけのシンプルな「ピーナッツ豆花」や温かい「黒ゴマ豆花」などの豆花メニューもあって、こちらは甘さ控えめでおいしそうです。甘いものが苦手でもこれなら食べられるかもしれません。

騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード やわらかく煮込んだピーナッツをトッピングした「ピーナッツ豆花(冷)」
騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード 「ピーナッツ豆花(温)」は冷房で冷えた体をあたためてくれそう
騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード 「小豆豆花(冷)」じっくりと煮込んだ小豆は優しい甘さ
騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード 「黒ゴマ豆花(温)」黒ゴマはお店でペースト状になるまで煮込んでいるそうです

 豆花以外にもタピオカドリンクや屋台料理などのフードメニューも充実していて、食事もデザートも楽しめそうです。

騒豆花 台湾スイーツ 新宿ミロード 手間ひまかけた台湾老舗の味を新宿で食べられますよ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐