ニュース
» 2018年06月27日 16時16分 公開

ガンホー、「妖怪ウォッチ ワールド」始動 スマホを持って出歩き見つけた妖怪と友だちになる位置情報ゲーム

Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入り。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ガンホーがスマートフォン用アプリ「妖怪ウォッチ ワールド」(Android版iOS版)の配信を開始しました。スマホを持って出歩き、AR(拡張現実)機能を通して隠れた妖怪を探す位置情報ゲームです。


タイトル

 「Google Maps Platform」の最新技術を採用することで、日本全国の立体的なマップを実現。「妖怪ウォッチ」シリーズに登場する妖怪たちを見つけて、友だちになる(集める)ことができます。なかには特定の場所にしか出現しない「ご当地妖怪」もいるとのこと。


ALT マップが立体的で分かりやすい

サーチ サーチアイコンをタップして妖怪探し。現実世界に妖怪が浮かび上がる

 妖怪を発見するとバトルに突入。システムはセミオート式で、アイテムなどでサポートするのがプレイヤーの役割です。勝利した場合、運次第で相手の妖怪が友だちになってくれます。


バトル

コマさん バトルを挑んで妖怪と友だちに

 独自のシステムとして、「取り憑け(ヒョーイ)」機能を搭載。他のプレイヤーに妖怪をとりつかせることで、出先から各地の妖怪や特別なアイテムを持って帰ってきてもらえます。遠方へなかなか行けない人にも、友人に頼めば各地の妖怪と友だちになれるチャンスが。

 ガンホーは自社タイトルのパズドラや、ファミリーマートやNTTドコモとのコラボレーションを予定。「Ingress」や「Pokemon GO」に続く位置情報ゲームの登場とあって、今後が注目されます。


トレンド リリースされるなり、関連ワードがTwitterトレンド入り。なかには「妖怪GO」なんてのも

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (C) LEVEL-5 Inc.

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」