ニュース
» 2018年06月27日 16時16分 公開

ガンホー、「妖怪ウォッチ ワールド」始動 スマホを持って出歩き見つけた妖怪と友だちになる位置情報ゲーム

Twitterでは「妖怪GO」がトレンド入り。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ガンホーがスマートフォン用アプリ「妖怪ウォッチ ワールド」(Android版iOS版)の配信を開始しました。スマホを持って出歩き、AR(拡張現実)機能を通して隠れた妖怪を探す位置情報ゲームです。


タイトル

 「Google Maps Platform」の最新技術を採用することで、日本全国の立体的なマップを実現。「妖怪ウォッチ」シリーズに登場する妖怪たちを見つけて、友だちになる(集める)ことができます。なかには特定の場所にしか出現しない「ご当地妖怪」もいるとのこと。


ALT マップが立体的で分かりやすい

サーチ サーチアイコンをタップして妖怪探し。現実世界に妖怪が浮かび上がる

 妖怪を発見するとバトルに突入。システムはセミオート式で、アイテムなどでサポートするのがプレイヤーの役割です。勝利した場合、運次第で相手の妖怪が友だちになってくれます。


バトル

コマさん バトルを挑んで妖怪と友だちに

 独自のシステムとして、「取り憑け(ヒョーイ)」機能を搭載。他のプレイヤーに妖怪をとりつかせることで、出先から各地の妖怪や特別なアイテムを持って帰ってきてもらえます。遠方へなかなか行けない人にも、友人に頼めば各地の妖怪と友だちになれるチャンスが。

 ガンホーは自社タイトルのパズドラや、ファミリーマートやNTTドコモとのコラボレーションを予定。「Ingress」や「Pokemon GO」に続く位置情報ゲームの登場とあって、今後が注目されます。


トレンド リリースされるなり、関連ワードがTwitterトレンド入り。なかには「妖怪GO」なんてのも

(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. (C) LEVEL-5 Inc.

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」