ニュース
» 2018年06月27日 19時31分 公開

スペインの16世紀の聖人像、無断“修復”でまるで別物に

[ねとらぼ]

 16世紀の木像が、“修復”によってとんでもない姿になってしまったというニュースが海外で注目を集めています。

別物に……(ACREの声明から)

 この像は、スペインのエステーリャという町にある教会に置かれていたもの。馬に乗って戦う聖ジョージの姿を描いています。修復する場合は町当局に相談しなければならないと法で決められているのですが、教会は相談なしに芸術学校の関係者に修復を頼んでしまったとのこと。

 修復された像は、全身がのっぺりと塗料を塗ったような姿になり、表情も変わってしまっています。貴重な歴史的遺物とは思えないような見た目です。

表情も違う(ACREの声明から)

 町長のコルド・レオスさんはTwitterで、「教会側も、不適切な技術でこの芸術を台無しにしてしまった人も、善意であったことは疑いがない」としつつも、善意の行動だからといって許されるわけではないとコメントしています。像を元に戻せるのか、専門家による調査を行うとのこと。

 スペインの保存・修復家協会(ACRE)は、文化遺産への干渉は規制すべきとコメントしています。

 2012年にもスペインで、キリストを描いた19世紀のフレスコ画が、無断修復によってサルのようになってしまった事件が起きています(関連記事)。聖ジョージのニュースを見て、この事件を思い出した人も多いようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響