ニュース
» 2018年06月29日 11時00分 公開

チョコミン党の聖地・京都「Cafe1001」 チョコミントスイーツは店長のこだわりと情熱でできていたねとらぼおでかけ部

チョコミン党の聖地に行ってきました!

[谷町邦子ねとらぼ]

 昔ながらのお店が残る京都の西陣に、チョコミントをこよなく愛する人々「チョコミン党」たちから「チョコミントの聖地」と呼ばれているカフェがある。100年以上前の京町屋を改装した「Cafe1001」だ。チョコミント好きの店主が作るチョコミントスイーツが人気を集めている。

 Cafe1001は、夏季は週末になるとオープン前に20人待ち、1時間待ちの行列ができる。チョコミントの爽やかな色や味に、夏を感じる人も多いからだろうか。そんなCafe1001を訪れ、店主の久世泰範さんにチョコミントスイーツへの思いとこだわりを聞いてみた。

「チョコミントパフェ」をはじめとするチョコミントメニューが有名な「Cafe1001」
明治時代後期に建てられた京町屋を改装したお店
手前はテーブル席
奥は座敷席。オープンキッチンなので忙しく働く久世さんたちが見える

 取材当日、約20席ほどの店内は平日だというのにほとんどの席が埋まっていた。久世さんによると、お客さんのほとんどがチョコミントスイーツを求めてきているという。

さまざまな色・味・食感のチョコミントスイーツ

 「25年ぐらいのチョコミン党。すぅーとした清涼感、パリパリとチョコの食感、ミントグリーンの爽やかな色。一度ハマると抜け出せない中毒性がありますね」と自身のチョコミント愛を語る久世さん。チョコミントスイーツのおいしさの追求に、日々情熱を傾けている。

 Cafe1001では、夏季、チョコミントスイーツを3種提供している。こだわりは「ミントグリーンのかわいさ、爽やかさを全面に出し、味はチョコとミントのバランスを重視。歯磨き粉と言われず、チョコミン党にも満足してもらえる清涼感のギリギリのラインを狙っています」。

夏限定のクッキー&ミントレアチーズケーキ(600円)

 涼しげな色合いの「クッキー&ミントレアチーズケーキ」。ミントのクリームチーズムースにチョコクッキーがちりばめられていて、コクと滑らかな口当たり、チョコの程よい苦みが楽しめる。ケーキをのせた皿は、チョコソースと涼しげなミントリキュールのジュレでデコレーションされている。

チョコミントココア(600円)とクッキー&ミントレアチーズケーキ

 香ばしいココアに、チョコミントシロップが入ってスッキリとした味わいの「チョコミントココア」。ホイップクリームとミントジュレ、チョコレートソースの色合いがきれい。Cafe1001で最初に商品化したチョコミントスイーツの1つ。ケーキなど他のスイーツとの相性もよく、ロングラン商品となっている。

冒頭にも登場したチョコミントパフェ(1000円)の裏側。通年メニューで、現在は1組につき2個まで注文可能。平日1日限定30個。土日は限定40個

 「チョコミントパフェ」はカフェで現在最も人気のチョコミントスイーツであり、「どの層でもチョコミントが味わえる」という久世さんの自信作。鮮やかな色のチョコミントアイスはしっかりした甘みでチョコチップに食べごたえあり。アイスの周りには「ミントの宝石」をイメージしたというあっさりとした味のミントゼリーが。グラスの中には塩ミントティラミスが入っていて大人の味わい。チョコミントの色と味のバリエーションには驚かされる。

 チョコミントを引き立たせる名脇役も。アイスの上にアンテナのようにのっているチョコレートの飾りは全て手作り。アイスがのっているのは柚子風味のガトーショコラ。チョコミントと一緒に食べるとどこか懐かしい味に。アイスの隣に添えられたチョコ味のビスコッティは甘さ控えめで香ばしく、こちらもチョコミントアイスと好相性。ざくざくとした食感のグラノーラが入っていて最後まで食べ飽きない。

Cafe1001のチョコミントスイーツができるまで

お客さんが作ってくれたチョコミントパフェフィギュア

 今はチョコミントスイーツが楽しめるCafe1001だが、オープンしたばかりの2010年当初は、チョコミントメニューはなかった。チョコミントが登場するのは2014年あたりのこと。その当時も「チョコミントパフェを始めます」とTwitterで呟くと、反対意見が8割だった。

 チョコミントは熱烈なファンもいる一方、苦手だという人も少なくない。実は久世さん、Cafe1001をオープンする15年ほど前に、他の店で店長をしており、実験的にチョコミントスイーツを作ってみたけれど人気が出ず、メニューから外した……という経験がある。それでも、チョコミントへの気持ちはなくならず、長年メニューを寝かし続け、提供するタイミングを見計らっていたという。

 4年前のアンケート結果も、好意的な結果とならなかったが、「それでも、好きな人だけ食べに来てくれればいいやと始めました」と話す。

チョコミントの聖地誕生

 チョコミントスイーツを提供することはチャレンジだった。しかしチョコミント好きの客からは「待ってました!」というアツい反応が返ってきた。「チョコミント推し」という特色あるCafe1001はコアなファンから支持されるようになり、「誰が言い始めたかは分かりませんが、『チョコミン党の聖地』と呼ばれるようになりました」という。

 やがて、お店やチョコミントスイーツは広く知られるようになり、北海道から沖縄まで全国各地から、さらにアジア圏を中心に海外からの観光客も訪れるように。

 また、はじめは若い女性客中心、男性はデートなどで女性に連れられて来る人がほとんどだったが、男性1人や男性だけのグループ、修学旅行らしき男子学生がチョコミント目当てで来ることが増えたという。私が取材に行った日も、制服を着た男子学生や家族連れの外国人が来て、チョコミントスイーツを食べていた。

 「母子のお客さまも増えています。お母さんがお子さんにチョコミント英才教育をされています。チョコミントの未来は明るいです(笑)」

古道具、アート、サブカル……やたら引き出しが多いお店

 今や「京都+チョコミント」と言えばCafe1001が連想されるくらいだが、他にもさまざまな魅力のあるお店でもある。コーヒーや紅茶にもこだわりがあり、チョコミント以外にも「瀬戸内レモンとハチミツのタルト」などの人気メニューがある。

 町屋を改築した店舗には、昔の柱や土壁などが残されている。また、久世さんの友人が描いた壁画があり、絵本・漫画・雑誌が置かれ、アニメ・映画などに関するディスプレイも。古いものと新しいものがともにある不思議な空間である。アートや本は久世さんのものだという。

迫力すら感じる本棚
不思議の国のアリスに関する絵本が集まったスペース

 「家に本が多過ぎて置けなくなり、お店に持ってきたのが始まりです。いつの間にかブックカフェになっていました」

 混雑時以外は、アートを観賞したり、映画の話題で盛り上がったり、オーダーしたメニューが届くまでの待ち時間に本や漫画を楽しんだり――といった過ごし方も可能だ。

 また、秋以降はランチメニューがオーダー可能。夏のピーク時より、秋冬の方がチョコミントスイーツに力を入れていて、1年中チョコミントスイーツが味わえるそうだ。穴場の冬を狙えば、より深く幅広い魅力を感じられそうだ。

※価格は全て税込。メニューは2018年6月当時のもの(季節によって変更あり)

Cafe1001

営業時間 11:30〜17:00(16:30ラストオーダー)食材なくなり次第閉店。

 不定休 (休みはWebサイト参照)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」