ニュース
» 2018年06月29日 09時00分 公開

プロ野球を好きな角度からライブ観戦 KDDIなどが実験に成功

次世代移動通信システム5Gを活用。

[クラタマスミ,ねとらぼ]

 プロ野球で好きな選手が打席に立ったら、正面からでも後ろ姿でも、好きな角度で自由自在に見られる――そんな映像技術の実験が行われました。


5G タブレットでアングルが選べるように

 実験を行ったのはKDDI、KDDI総合研究所、沖縄セルラー電話、国際電気通信基礎技術研究所、サムスン電子。次世代移動通信システム「5G」に対応したタブレット端末を活用し、スタジアムで自由視点映像のリアルタイム配信に世界で初めて成功しました。

 配信は2018年6月26日に沖縄県の沖縄セルラースタジアム那覇で開催された北海道日本ハムファイターズ対福岡ソフトバンクホークスで実施しました。観客席に5Gのエリアを設け、自由視点映像の撮影のためにバッターボックスに向けたカメラを16台設置。このカメラを利用して同じタイミングで多方向から撮影された打者の映像を加工し、複数の5Gタブレットにリアルタイム配信しました。


5G このシステムでリアルタイム配信

 観客はタブレットから好きな角度で観戦可能。ファイターズの近藤健介選手であれホークスの柳田悠岐選手であれ、まさに打席に立っているそのときに、タブレット画面を操作して、あらゆる角度から打席での姿を堪能できます。180度以上ぐるっと打者を回転させることもできます。


5G スポーツ観戦もライブも楽しみ方が変わります

 この技術は28GHz帯の実験システムを用いた5Gエリア内という条件のもとでしたが、将来的には、テレビ中継とは異なる臨場感を視聴者がどこにいても体感できる、そんな環境に進化していくかもしれません。

au 5G活用プロ野球リアルタイム自由視点公開実験

(クラタマスミ)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」