ニュース
» 2018年07月15日 11時00分 公開

「エンジンを使って女の子が楽できるなら」 50年前の“やりすぎな耕運機”が、今プラモデルでよみがえる理由(後編)(5/6 ページ)

[しげる,ねとらぼ]

“エンジン屋”としてのホンダが考える、エンジンと社会貢献

中島:これが本当の初代A型の自転車補助用エンジン(通称:バタバタ)です。最初から女神のウイングのマークが入ってますね。


これが初代のA型。ホンダの市販エンジンとしては第一号で、1947年に発売された
白い燃料タンクと赤いエンジン部分が鮮やかなカブF型。こちらは1952年発売
こちらも当時の広告の写真。どういう人にどういうシチュエーションで使ってほしい乗り物かが伝わってくる

――50年代の段階でもう広告で女子が乗ってますね。

中島:当時ホンダの販売は副社長の藤沢(武夫氏。本田宗一郎の名参謀といわれた)が旗を振っていました。藤沢の販促に対するこだわりは強くて、販促に女性を使用しているのは藤沢のアイデアといわれています。また、カブF型で使用の赤色のエンジンカバーと白いタンクも藤沢の提案だと考えられます。

 この頃って、そこそこいろんなメーカーがいろんな補助エンジンを出しているんですよ。それで他社よりも目立つことを目的として、赤色と白色を使用したといわれています。

――当時から既にこの色だったんですね。

中島:本田宗一郎さんはデザインに非常にこだわったと聞いています。しかし、宗一郎さんがこだわったデザインのバイクは必ずしもかっこいいとはいえません。

 逸話としてはCB750で初めてカラーの燃料タンクが採用された際にも、宗一郎さんは「こんな無駄なことはするな」っていったらしいんです。でも開発者が「これは世界初ですけど」って言ったら「じゃあやれ」っていわれたという話をOBの取材で聞きました(笑)。

 同じCB750で、ディスクブレーキを見た宗一郎さんは「なんだこれ、なんでこんなもんがついてるんだ」「外せ」って指示したらしいんですが、そのときも開発者が「世界初です」といって採用が決まったと聞きました。

――基本そのパターンなんですね。

中島:もうみんな、何を言ったら親父さんが喜ぶか分かってるんですよ。一回怒らせといて、「でも世界初です」っていうと「ああそうか」ってなる。

 この車からディスクブレーキが採用されたりカラーリングが増えたりしたわけです。これは非常によく売れて、ホンダが四輪に進出するときの資金源になったんですよ。CB750の販売成果がなかったらホンダは四輪に進出できてなかったと社内では有名な話です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」