ニュース
» 2018年07月15日 11時00分 公開

「エンジンを使って女の子が楽できるなら」 50年前の“やりすぎな耕運機”が、今プラモデルでよみがえる理由(後編)(6/6 ページ)

[しげる,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

高久:このエンジン付き自転車なんかも、最初は自転車を他から買ってきてたんですよね?

中島:ちょっと違って、最初はエンジンだけ売ってたんですよ。自転車用の加工は自転車屋さんでやってます。もともとは軍の無線機用エンジンが敗戦によって捨ててあって、宗一郎さんが奥さんのために自転車の動力用エンジンを作ってあげたと。

 そしたらそれが近所に広まって「私にも作ってくれ」っていう人がたくさん出てきたから、それで無線機用エンジンを全部買い取って、最初の500ロットはそれを使ったんです。当時は悪路が多かったので、それをなんとか楽にしてあげようということだったようですけど。

――今でいう電動アシスト自転車みたいな感じですか。

中島:そうですそうです。ほぼオートバイですけどね。当時のオートバイは高いし、量も出てないですから。当時はバイクというと陸王みたいな国産車はまだなくて、バイクに乗る人は海外から取り寄せて乗ってた。今でいえばベンツみたいなもんです。

――しかし、エンジンを単品で売っていたんですね。今ではちょっと考えにくいです……。

中島:もともとはホンダ=エンジンだったんです。で、その後にホンダのエンジンを積んだ二輪ができて、農機具もできた。まずはじめにエンジンありきです。

 ホンダってバイクを作るときもエンジン担当、足まわり担当、フレーム担当って分かれてるんですけど、一番意見が強いのはエンジン担当なんですよ。エンジンメーカーなんで。だからどんなにいいフレームができても、エンジンがダメだと「この車ダメだな」っていわれちゃう。エンジンを搭載する場所として二輪グループがあり、汎用グループがある。

――最上位にエンジンがあって、そこから並列に枝分かれしてバイクや農機具があるっていう感じですね。

中島:そうです。私が最初に配属されたのは二輪部門なんですけど、「ホンダは二輪メーカー」って言っちゃったことがあって、そしたら先輩に叱られるんです。「ホンダは二輪メーカーなんかじゃない! ホンダはエンジンメーカーだ!」っていう。

――で、そのエンジンを使って世の中の役に立とうという話なんですね。

中島:そこには宗一郎さんの強いこだわりがあったみたいですね。宗一郎さんってすごく面白い人で、自分のこだわりに対して妥協を許さないという面と、世の中の人が困っていると見捨てておけないという面があるんです。

 耕運機でいえば、最初に作った当時は戦後復興の最中で、食料自給率の問題に着目していて。で、誰が実際に農家で米作ってんだと聞いたら、男手がみんな戦争で死んじゃっていないと。その自給率を上げるためには、3ちゃん農業で頑張っている人を応援するものをわれわれも提供しないとということで、耕運機を作ったらしいんですよ。


耕運機を試運転する本田宗一郎。こちらは広告用のイメージ写真ではなく、「多分試作車ができて喜んでるとこでしょうね」と中島さん

――普通のエンジン屋さんだったら「食料自給率をなんとかしよう」とは考えないですよね……。

中島:当時、既にほかのメーカーからも耕運機は売ってたんです。でもそれらは、既に十分大きいF90の、さらに1.5倍くらい大きかったんです。だから小型の耕運機を出したのはホンダが最初です。高くて大きくて扱いにくいというのをなんとかしたかった。

 スーパーカブも全く同じ発想からできてるんですよね。宗一郎さんが町で岡持ちを持って自転車に乗ったそば屋さんを見て、フラフラしてて乗りにくそうだったからなんとかしたいと。「3ちゃん農業でも使える耕運機を作れ!」という指示と、「岡持ちを持ったそば屋が運転できるように作れ!」っていう指示は同じ発想なんですよ。

――エンジンのパワーで暮らしをよくしようということなんですね、全部。

中島:その通りです! そういう理念に関していえば、エンジンそのものを売っているのはすごく大事なんですよ。

 ホンダの歴史を振り返ると、最初に売ったのはカブA型っていう自転車の補助エンジンでした。で、パワープロダクツ部門は現在エンジン自体を販売している部門です。だから、パワープロダクツはホンダの元祖だと勝手に考えています(笑)。


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出
  3. /nl/articles/2201/25/news097.jpg 「かつみ・さゆり」さゆり、美肌極まる“ナチュラルメイク”姿に反響 「本当に奇跡の50代」「めっちゃ綺麗!!」
  4. /nl/articles/2201/25/news036.jpg 【漫画】妻から夫へ「私が100回言っても聞かないのに他人が言うと一発」 夫婦の会話の攻防に「いいね100万回押したい」
  5. /nl/articles/2201/25/news093.jpg 工藤静香、愛犬バブルが腕の中で天国へ 病魔と闘い抜いた家族との別れに「辛過ぎますが愛している証」
  6. /nl/articles/2112/21/news078.jpg 和田アキ子、“美人で有名”なめいっ子と偶然再会 芸能人並の顔立ちにファン沸く「きれい」「かわいい」
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/25/news177.jpg 犬の散歩中に野生のコヨーテに遭遇! 米俳優、とっさの行為が「愛犬家の鑑」「スーパーヒーロー」と称賛
  9. /nl/articles/2201/24/news035.jpg 「みんなのパピー時代見せて」 愛犬のかわいい写真を投稿→ぶっこまれたオチが「この破壊力w」と爆笑を巻きおこす
  10. /nl/articles/2201/25/news145.jpg 競泳・池江璃花子、ヘアカットでばっさりショートに 抗がん剤治療後のくるくるヘアにも「可愛い」の声

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」