連載
» 2018年07月02日 11時00分 公開

コンピュータ将棋が変えた人生――「プロの先を行く研究」で知られるアマチュア・suimonに聞く情熱の源泉(3/3 ページ)

[橋本長道,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3       

suimonの見る将棋界

――注目しているプロ棋士はいますか。

suimon:豊島先生の角換わり、増田先生の雁木、大橋先生の横歩取りなどです。特に増田先生の将棋に注目しています。

――増田先生の将棋観は面白いですよね。今後の将棋の序盤戦術はどのように推移していくでしょうか。

suimon:横歩取りは青野流、勇気流などの対策で後手が苦しい状況です。やはり、角換わりを中心にまわっていくのではないかとみています。また、振り飛車が復権することも考えられます。

――ソフト同士で指すと、振り飛車は居飛車に負けてしまうと聞きますが。

suimon:差が出るとしても評価値で100程度なので、人間同士の将棋では振り飛車はまだまだ有力であり続けると思います。

――最近のコンピュータ将棋の棋力の伸び方についてどう考えていますか。

suimon:驚異的なスピードで棋力が向上しています。elmoの登場から流れがさらに加速したように感じます。まだ壁にぶち当たったという感じはしないですね。これからさらに強くなるのではないでしょうか。

――コンピュータ将棋の登場による将棋界の変化について教えてください。

suimon:そうですね。これはアマチュアの世界の話なのですが、地方のレベルが上がってきたと思います。簡単に代表になれる県がなくなってしまいました。コンピュータ将棋を使うことで、差がなくなってきているのだと思います。

――suimonさんの今後の活動について教えてください。

suimon:書籍については第二弾の構想があります。プレイヤーとしては35歳ぐらいまでは挑戦を続けたいです。35歳までは強くなれると考えているので。

 現在31歳のsuimonは今年度のアマ竜王戦の三重県代表の座を勝ち取っている。30歳を超えてアマ全国レベルの壁を破って強くなる例は少ないが、suimonは数少ない例外だ。コンピュータ将棋の発達によって、今後も信じられないような上達を遂げるアマチュアが出てくるのではないだろうか。




 コンピュータ将棋の進化は、アマチュアがトッププロに匹敵する研究が行える環境を生んだ。現在の将棋界ではさまざまな境界が曖昧になってきている。

 suimonは将棋界におけるブログや書籍での新しいタイプの表現者の代表だ。他にも、将棋YouTuberによる動画配信や、アマチュアによる電子書籍の出版など境界線を飛び越える人達が出てきている。彼らの話を聞くのはそれだけで心躍る経験だ。

 拙コラム「15年後の感想戦」ではこれからも「将棋界の片隅で何かとんでもないことを始めている人」に話を聞き、記事を書いていきたいと思う。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  6. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  7. /nl/articles/2107/14/news145.jpg 安田美沙子、4歳長男&1歳次男を乗せた電動自転車が転倒 居合わせた通行人に助けられる「ほんとに、ほんとに救われました」
  8. /nl/articles/2205/27/news090.jpg “良いテーマパークなのに人がいない”と話題の「志摩スペイン村」に行ってみたレポ漫画が楽しそう 「待たずに乗れる」「キャストのファンサがすごい」
  9. /nl/articles/2108/21/news049.jpg 兄「スイカ切っておいて」→「なんだこれはwww」 妹にスイカのカットを頼んだらまさかの姿に
  10. /nl/articles/2205/20/news032.jpg バスの中で泣き出した子どもに、おじさんがかけた言葉とは……? 予想外の言葉に「そのおじさんと結婚したい」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響