連載
» 2018年07月04日 11時00分 公開

テーマは「1日を生き延びる」。オトバンク広報佐伯帆乃香さんのかばんの中身あの人のかばんの中身は?

オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンクで広報として奮闘する佐伯帆乃香さんのかばんの中身は……?

[かばんの中身,ねとらぼ]

 普段はかばんの中に隠れていて見えない、あの人の「かばんの中身」。性格や生き方をズバリ反映しているものや、「そんなグッズ持ってるの!?」と意外に思えるものが飛び出してくるかもしれません。

 オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンクで広報として奮闘する佐伯帆乃香さんに、かばんの中身を教えてもらいました。


佐伯帆乃香

2015年大学卒業後、オーディオブックの配信サービス「audiobook.jp」を運営するオトバンクに入社し以降広報を担当。社内1人広報として毎日奮闘中。



佐伯帆乃香さんのかばんの中身は?

 ITベンチャーで広報として働いている社会人4年目です。声優さんやナレーターさんの朗読により耳で読書できる”オーディオブック”を少しでも知ってもらえるよう日々活動しています。1日のうちほとんどを外で過ごすことも多いので、“生き延びる”をモットーにしています。

佐伯帆乃香さんのかばんの中身一覧

佐伯帆乃香さんのかばんの中身
  • ノートPC
  • iPhone 8
  • ミラーレス一眼カメラ
  • メイクポーチ
  • イヤフォン
  • ポータブル充電器
  • ノートと筆記用具
  • ステッカー
  • 外回り用資料
  • 文庫本
  • 名刺
  • 折り畳み傘
  • ツボ押し棒
  • 財布
  • 水筒

イヤフォン

イヤフォン。左:boco社のearsopen、右:QCYのBluetooth完全ワイヤレスイヤフォン

 オーディオブックという仕事柄、移動時間のおともにイヤフォンは欠かせません。自分に合う合わないがあるので、万が一合わなかったとしてもごはんを何回か我慢すれば何とかなる数千円のものを基本は利用しています。ですが、最近はいろんなイヤフォンも試し始めています。

 boco社の「earsopen」は、クラウドファンディングで支援して2017年にゲットした一品。骨伝導式なので、耳をふさがずにひっかけるだけで音を聞くことができるんです。仕事中で電話がかかってくるかもしれないときや、夜に外を歩くときなどは周りの音を聞きたいのでこれを使います。

 完全ワイヤレスイヤフォンにあこがれる! ちょっと値が張る! ……ということで“導入編”として購入したのが、1万円以下で購入できるQCYのワイヤレスイヤフォン。今のところはペアリングがやや面倒ということ以外は快適に使えています。今度は勇気を出して、耳をふさがない完全ワイヤレスイヤフォン「Xperia Ear Duo」を買いたい……。

毎日のインフラグッズ

毎日に欠かせないインフラグッズ

 毎日に欠かせない、水筒と折りたたみ傘とツボ押し棒。

 毎日とにかく水分をとります。特に会社ではウオーターサーバを自由に使えるので、水筒にジャバジャバ注いで飲ませてもらっています。

 「w.p.c」の折り畳み傘は非常〜に軽い! 慣れないうちは軽すぎて入れていることを忘れて、ビニール傘をコンビニで買ってしまいました……。とにかく軽いのでカバンに忍ばせておくのに最適です。

 「wumio」ツボ押し棒は、会社で「肩が凝りすぎて息ができない……」と嘆いていたら先輩が教えてくれた魔法の一品。ネット通販で購入ができる気軽さですが、かなりジンワリ効いてくれます。息ができるようになった気がします。

真夏の緊急部隊

汗だくを助ける“緊急部隊”

 1日外にいると、特にこの季節は日差しにやられて汗だくになります。そんなときに控えているのが「緊急部隊」。

 かわいい川栄さんの「メイクの上からいっちゃって」が耳に残る「メイクの上からリフレッシュシート」、せっけんの香りが使いやすい「shiro」のハンドクリーム(サボン)、塗るとひんやりして汗かきを助けてくれる「ワンダーハニー」のジェル

 それから飲み会対策のソイジョイ。お酒は強くないのですが、飲み会では少し飲みたい……ということで、空きっ腹にならないよう飲み会前はおなかに軽く食料を入れることにしています。そのおかげで(?)今までご迷惑を掛けたことはないはず……。

スマートフォンとポータブル充電器

Engadgetの「e」が目立つ

 「これなんですか!?」と言われる率がとても高い、「e」の字が目立つ折り畳みスマホリング。使わないときはペタッと畳むことができるし、映画を見るときは立てかけられるしとても便利。「Engadget」さんのノベルティなのですが(周囲では”謎ノべ”といわれている)、もらってうれしいアイテムです。

 ポータブル充電器は「born to eat & sleep」と書いてあってケアベアが溶けたグミの中で寝ている絵が印刷されてます。仕事中に使うのはちょっとはばかるメッセージですが、かわいいしいいかな……と思って使用しています。

思考だだ漏れの文庫本と丸ごとぶちこんだ名刺

紙の本もいくらでも入れてしまう

 紙の本も好きなので、大きいカバンを持っていると文庫本はいくらでも入れてしまいます。その日かばんに入っていたのは、『絶叫委員会』『あなたの話はなぜ「通じない」のか』

 『絶叫委員会』は本屋で偶然手にした1冊。“街中で発見した違和感のある言葉”がたくさん集められています。これを読んでから毎日ふとした周囲の一言に耳をそばだてる習慣ができました。

 『あなたの話はなぜ「通じない」のか』は、半年前から友人とPodcastを始めたことをきっかけに購入。理路整然と話す友人に比べて私は「何を言ってるんだこの人……」状態になることが多々あり、なんとかしたいと気になっていました。Podcastきっかけでしたが、人間関係の構築や自己理解において役立つ1冊だと思います。

 ちなみに名刺は切らしがちなので、予備で丸ごと入れています。

お仕事グッズはまとめてケースに

お仕事グッズ

 社会人になった際に、高校時代の友人から「これを持っておきなさい」と授けてもらった赤のケース。コンパクトに整理するのが得意でなかったので感謝しています。

 ジェットストリームは書き心地抜群のボールペンですが、かわいいデザインのものもあってお気に入りです。会社ステッカーはケースに入れてある程度の数を持ち歩いています。出会ったらもらってください!

あっさりメイクポーチ

メイクポーチはあっさり

 メイクポーチの中には簡単な化粧品を入れて持ち歩いています。今後もうちょっと充実させたい。

 OPERAのリップは最近購入したばかりですが、さらっとして使いやすいので気に入っています。

A4は余裕で入るカバン

「A4ぴったり」ではなく、「A4すっぽり」を

 社会人なりたての頃に「A4サイズが入ります!」と書かれていたバッグを買ったらA4がぴったりで、そうすると紙の資料の端が少し折れてしまったり不便なところがあったので、基本的にはA4サイズがすっぽり入るかどうかを気にしています。

「何かあったときのために」でいつも手放せないノートPCとミラーレス一眼

 そのカバンの中に、これらのグッズを放り込み、さらにノートPCやミラーレスも「何かあったときのために」と持ち歩いています。だからいつもカバンが重い。実際「何かあったとき」は少なくなく、飲み会中にノートPCを取り出して気が付くと1時間……なんてこともありました(遠い目)。

 大きいカバンだとなんでもかんでも詰め込めて便利ではあるのですが、別のカバンに入れ替えようとすると大変だし詰め込み忘れが……なんてことがあるので、今はバッグインバッグが欲しいです、おしゃれなものもたくさん出ていますよね。話題の忘れ物防止グッズ「MAMORIO」も購入したいなと思っています。

 最近の悩みは、カバンが重いわりに誰かが困ってるときに求められている物を出せないこと。すごく小さいカバンなのに「あ、私それ持ってるよ!」と差し出せる人、いますよね。天性の才能をお持ちなのでしょうか……?

 荷物をもっと少なくしても外で生き延びられるような、そしてなおかつ周りの役にも立てるような、そんな最強の荷物スマート化が今後の目標です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」