ニュース
» 2018年07月04日 12時20分 公開

パンダがだる〜ん、長野自衛隊の「ゆる」ポスターに絶賛の声 担当者に制作意図を聞いた

自衛隊長野地方協力本部に意図などを聞きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「なんにもすることない……が、一番なんですが」というキャッチコピーを、けだるそうなパンダのイラストに添えたポスターが、Twitterで話題を呼んでいます。一見するとゆるキャラの企画に思えますが、実は長野の自衛官募集告知。あらためてキャッチコピーの意味に納得させられます。



車内ポスター 確かに、自衛隊が忙しくなるような事態なんかないほうがいい(画像提供:つくしさん)

 投稿主のつくし(@cramponasahi)さんが、JR飯山線で発見。「自衛隊が忙しくなるような事態はないにこしたことはないが、備えとしての人材は必要」といった主旨を、やわらかい言葉で表現しています。

 ツイートには、「誰も不愉快にならない良いポスター」「自衛隊の理念に準拠しつつ、きちんと笑いをとっている」「動物園などのポスターに見えて宣伝効果が薄いのでは」など、さまざまな意見が。編集部はポスターの意図などを、自衛隊長野地方協力本部(長野地本)に聞きました。


ポスターデザイン

ポスター現物 ポスターのデザインと実物(画像提供:長野地本)

 ポスターは長野県庁の市町村課と協力して作成したもの。県下の各路線で、6月25日から6月30日まで中吊り広告として使用していたそうです。なお、長野地本と県庁が協力するのは今回で3回目。

 制作を手がけたのは県庁嘱託のデザイナーで、長野地本の担当者ともども女性。近年、自衛隊のポスターというと「自衛隊三人娘!!」など萌えキャラを使ったものが目立っていましたが、打ち合わせでは「もっと広い層にアピールしたい」という方針が持ち上がりました。その流れで、長野地本は「パッと見だけでは自衛隊のポスターだと分からないような、話題性、意外性のあるデザインにしたい」とデザイナーに伝えたといいます。

 見本があがってきたときは、デザイン的にもメッセージ的にも、最初は県庁の職員も「こんなので大丈夫ですかね」と不安がっていたのだとか。それでも長野地本の担当者は、「やわらかいメッセージと同時に意図がうまく伝わるよいものになったと思います」と述べています。

 ポスターの完成後、長野地本を訪ねた人や自衛隊の志願者に見せたところ、「意外性があっていいですね」と好評だったと語る担当者。SNSでの反響の大きさにも驚き、喜んでいる様子でした。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」