ニュース
» 2018年07月04日 18時15分 公開

「フォートナイト」ソロで48キルという前人未踏の記録を樹立したプレイヤー現る ロケット打ち上げを見守る見学者が大量落命

そういうキル方法!?

[Ryuki Ishii,AUTOMATON]
AUTOMATON



 「フォートナイト バトルロイヤル」(以下、フォートナイト)のゲーム内にて、予告どおり7月1日午前2時半にロケットが発射された。1度限り、わずか2分弱の特別イベントであった。マップ西端のスノビーショアから北東に向かったところにあるロケット発射基地から、ゆっくりと火をふきながら打ち上げられた機体。数秒後にはティルテッド・タワーめがけて急降下し始めるが、途中で時空の裂け目のようなものが生じて衝突を免れた。その後、何度かワープしながらマップ上空を飛び回り、最後は巨大な亀裂を残して姿を消していった。こちらはenzait氏が作成した素敵なロケット発射シネマティック映像である。


I just made an EPIC cinematic of the rocket launch, what do you think? from r/FortNiteBR

※埋め込みがうまく見られない場合は元サイトでご覧ください


 ロケット発射イベントは事前にゲーム内で告知されていたこともあり、大勢のプレイヤーが発射時間にログインし、その一部始終を見守った。目撃するチャンスは一度しかないため、多くのプレイヤーは戦いの手を止めて暗黙の休戦協定を結んでいた。中には皆で協力し、巨大な観測台を建設するグループも。ただし皆が皆、打ち上げに関心があったわけではない。一部のプレイヤーはこの一大イベントを好機と捉え、キル稼ぎに勤しんでいた。Elemental_Ray氏もまた、イベントを違った角度から楽しもうとしたプレイヤーの一人である。

 ほとんどのプレイヤーが空を見上げロケットの行方を追う中、Elemental_Ray氏はロケット見学者が建てた建造物の土台部分を着々と破壊していったのだ。そして支えを失った建物は崩れ落ち、逃げ出す間もなく48人のプレイヤーが落命。Elemental_Ray氏は単身ではなく複数人で破壊作業を進めていたわけだが、最後の支柱を破壊した人物として全てのキルがElemental_Ray氏の手柄としてカウントされた。


That's how kill record was broken... from r/FortNiteBR

※埋め込みがうまく見られない場合は元サイトでご覧ください


 これまでのソロマッチにおけるキル数記録は、PC版プレイヤーFinest氏による33キル(Fortnite Tracker)。いままで1キル単位でじりじりと更新されてきた記録を、一気に15キルも塗り替えていったのだ。ちなみにスクワッドでのチーム合算キル数記録はNICKMERCS-氏率いる4人スクワッドの55キル(NickM3rc記録動画)。Elemental_Ray氏の記録は、ソロながら4人合算の記録に迫る勢いである。記録樹立者となったElemental_Ray氏の戦績を見てみると、通算キル/デス比は0.47。ソロマッチは500戦以上参加しているが、勝利経験はない(Fortnite Tracker)。キル記録を更新したマッチでも、記録達成後に落下死している。


ロケット発射後の軌道 Image Credit: NovaTheLoneHunter

 あの手この手でコミュニティを盛り上げ、思わぬハプニングまで巻き込み話題をさらっていく「フォートナイト」。シーズン4の隕石落下時と似たように、ロケット墜落時にもティルテッド・タワー直撃をちらつかせたりと開発陣の悪戯心も垣間見える。そしてコミュニティをざわつかせたロケットは去り、マップ上空の亀裂だけが残った。シーズン5に向けた動線になるであろう天空の異変は、「フォートナイト」に何をもたらすのだろうか。一部ではシーズン5になるとポータルが開き、PlayStation 4と他コンソールのクロスプレイが解放されるというジョークも飛び交っているが、その可能性は薄いだろう(reddit)。


アナーキー・エーカーに落下したロケットのブースター部分

ロンリー・ロッジの入口に現れた歪み

 真面目な推測としては、ゲームデータの解析をもとにしたタイムトラベル説が浮かび上がっている(Fortnite Insider)。またロケット発射イベント直後にはロンリー・ロッジに謎のゆがみが生じ、イベント翌日には建物入口の看板が消失。同時にアナーキー・エーカー西のモーテルにも同様のゆがみが確認されるようになった(Fortnite Intel)。今後はシーズン5開幕に向けて少しずつ亀裂の影響が拡大し、シーズン5のテーマやマップ変更内容が明らかになっていくのではないだろうか。

 なお本作の物語部分は、PvEモード「世界を救え」で補完されることが多い。シーズン4の隕石落下後も、そこから先の展開は「世界を救え」のミッションで描かれた。PvEモードをプレイしている方は、今後追加されるであろうミッションにも目を光らせておきたいところ。7月12日のシーズン5開幕が待ち遠しい。


関連リンク


Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  4. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」