ニュース
» 2018年07月04日 14時30分 公開

拡大鏡に日差しが反射して布団が燃えた!? 「置き場所に注意」「普段はカバーを」

金魚鉢やペットボトルも光を集め、火事の原因になりうるのでご注意を。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 寝ていたら鏡が原因で布団が燃えていた――怖い体験談がTwitterで広まっています。いったいどうして?


図解 当日の状況の図解。窓と拡大鏡が対面になっていて、射し込んだ太陽光が反射して布団を焼いたもよう

火事跡 消し止められたあとの状況。投稿主は足首に軽いやけどを負ったそうです

 投稿主の巣鴨ゆう子(@TarakoButters)さんは、窓際のベッドで寝ていました。するとなにやら焦げくさいにおいが。ご近所で火でも炊いているのかと思ったら、自分の布団が燃えていたのだそうです。

 当日はたまたま、拡大鏡(凹面鏡)がテーブルの上で、窓と向かい合わせになっていました。凹面鏡には光を集束する性質があり、窓から射し込んだ太陽光を反射して、布団に集めて焼いていたわけです。



 巣鴨さんは足首に軽いやけどを負い、使い慣れた布団とマットレスを廃棄することになりました。そして「みなさんも鏡の向きには注意を」と呼びかけています。

 ツイートには見舞いの言葉のほか、「使わないときは鏡にカバーを」「金魚鉢やペットボトルなどもレンズのように光を集めるので、火事の原因になりうる」「布団が燃えた場合は火を消しても内部でくすぶっている可能性があるので、しっかり水に漬ける」といった知識が集まっています。

画像提供:巣鴨ゆう子(@TarakoButters)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」