ニュース
» 2018年07月04日 17時46分 公開

「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」学生企画に批判 → クラウドファンディング中止に 支援者には全額返金へ

「スラム街の子供は自己満足のためのツールではありません」「勝手に行け」など非難の声が集まっていました。

[ねとらぼ]

 クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で実施されていた「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」という企画に、「甘ったれたプロジェクト」「勝手に行け」など非難の声が集まっています。プロジェクトページは既に削除されていますが(7月4日14時30分時点)、CAMPFIREに確認したところ、「登録者様より弊社に『プロジェクトの取りやめ希望』のご連絡をいただいたため、弊社は規約にのっとりプロジェクトを中止いたしました」とのことでした。


スラム街の暮らしを肌で感じたい スラム街の暮らしを肌で感じたい!(プロジェクトページより/現在は削除済)

 企画を立ち上げたのは、近畿大学建築学部の学生3人。夏休みにフィリピン(マニラ)のスラム街へ行き、その現状を伝えたい、スラム街の子どもたちに夢を与えたい、といった思いからプロジェクトを企画したといいます。目標金額は25万円で、内訳は旅費が21万円、雑費が4万円。目標達成の成否に関わらず、集めた金額がそのままファンディングされるAll-In方式を採っていました。


スラム街の暮らしを肌で感じたい 支援は3000円からで、限定Facebookグループへの招待や、写真集、ポストカード配布などが予定されていました(プロジェクトページより/現在は削除済)

 しかし、プロジェクトが徐々に話題になるにつれて、「スラム街を舐めすぎ」「どうせ面接のネタづくりでしょ」など批判的な声が続々と寄せられるように。特に「スラム街の子供は呑気で恵まれた彼らの自己満足のためのツールではありません」「アジア、貧困、映像、他人の善意…ことごとく舐めている」など、動機や見通しの甘さについて指摘する声が多く、炎上状態となっていました。

 中止前の時点で集まっていた支援金は約16万円。CAMPFIREによれば、支援者には既に「プロジェクト中止のご連絡」と「返金のご案内」をメッセージで送付しており、今後はCAMPFIREから支援者に返金する形となるそうです。


スラム街の暮らしを肌で感じたい なぜスラム街へ行こうと思ったのかの説明(プロジェクトページより/現在は削除済)

※編集部側で一部画像を加工しています




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」