ニュース
» 2018年07月05日 10時00分 公開

9×6の54文字の超短編小説「54字の物語」の投稿がTwitterで盛り上がる どれもすごい!

54文字で話を作るの、すごく難しそう。

[ねとらぼ]

 9×6の54文字で超短編小説を書く「54字の物語」がTwitterで盛り上がっています。54文字で話を作るのはかなり難しそうですが、ハッシュタグ「#54字の物語」で秀逸な作品が多数投稿されています。すごい!

 「54字の物語」の流行は、2月に刊行された書籍『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』(PHP研究所)が発端。同書は、Twitterで「あたりまえポエム」などのブームを巻き起こした(関連記事)企画作家、氏くん(@ujiqn)さんが、9マス×6行の原稿用紙につづって投稿した「インスタ小説」を書籍化したもの。「先日研究室に送ってくれた大きなエビ、おいしかったよ。話は変わるが、例の新種生命体のサンプルはいつ届くのかね?」「『ただいま』と言えば『お帰りなさい』と返ってくる新生活が始まった。家賃も安いし、こんな一人暮らしも悪くない。」など短いながらもパンチのある作品が収録されています。

氏くんさんの作品

 その刊行記念にPHP研究所が「54字の文学賞」を開催して作品を募集し、6月末にその受賞作が発表されました。それを受けてTwitterでは「54字の物語」が再燃しています。作品は「54字の物語ジェネレーター」で作成可能。白いボックスに文章を入力すると原稿用紙にその内容が反映されます。完成した作品は画像として保存し、Twitterなどに投稿できます。

『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』

 ブーム再燃を受けて、氏くんさんは第2回「#54字の文学賞」を開催中。告知ツイートにハッシュタグ付きでリプライすると応募できます。

氏くんさんの作品。最初は「ん?」と思うけど、タイトルは「盗まれた皿」……なるほど

画像提供:氏くんさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる