ニュース
» 2018年07月05日 10時00分 公開

9×6の54文字の超短編小説「54字の物語」の投稿がTwitterで盛り上がる どれもすごい!

54文字で話を作るの、すごく難しそう。

[ねとらぼ]

 9×6の54文字で超短編小説を書く「54字の物語」がTwitterで盛り上がっています。54文字で話を作るのはかなり難しそうですが、ハッシュタグ「#54字の物語」で秀逸な作品が多数投稿されています。すごい!

 「54字の物語」の流行は、2月に刊行された書籍『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』(PHP研究所)が発端。同書は、Twitterで「あたりまえポエム」などのブームを巻き起こした(関連記事)企画作家、氏くん(@ujiqn)さんが、9マス×6行の原稿用紙につづって投稿した「インスタ小説」を書籍化したもの。「先日研究室に送ってくれた大きなエビ、おいしかったよ。話は変わるが、例の新種生命体のサンプルはいつ届くのかね?」「『ただいま』と言えば『お帰りなさい』と返ってくる新生活が始まった。家賃も安いし、こんな一人暮らしも悪くない。」など短いながらもパンチのある作品が収録されています。

氏くんさんの作品

 その刊行記念にPHP研究所が「54字の文学賞」を開催して作品を募集し、6月末にその受賞作が発表されました。それを受けてTwitterでは「54字の物語」が再燃しています。作品は「54字の物語ジェネレーター」で作成可能。白いボックスに文章を入力すると原稿用紙にその内容が反映されます。完成した作品は画像として保存し、Twitterなどに投稿できます。

『意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語』

 ブーム再燃を受けて、氏くんさんは第2回「#54字の文学賞」を開催中。告知ツイートにハッシュタグ付きでリプライすると応募できます。

氏くんさんの作品。最初は「ん?」と思うけど、タイトルは「盗まれた皿」……なるほど

画像提供:氏くんさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」