ニュース
» 2018年07月05日 09時57分 公開

2018年上半期のJC・JK流行語大賞を発表! 「あげみざわ」「あざまる水産」「ないたー」……ついていけないオトナ続出

ユーチューバー「けみお」発信の言葉が「コトバ部門」1位と3位に。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 女子大生社長の椎木里佳氏でも知られるAMFが、このたび「2018年上半期のJC・JK流行語大賞」を発表しました。女子中学生及び女子高生の中で流行している言葉やものごとを扱ったもので、SNSでも「ジェネレーションギャップを感じる」との声が集まっています。


JC・JK流行語大賞 オトナは、ほぼわからない……?

 注目の「コトバ部門」は若者に人気のユーチューバー「けみお」の動画から火がついた「あげみざわ」が1位。気分の高まりを意味する「あげ」が、あげ→あげみ→あげみざわと進化を遂げた末の最新型で、「テスト終わった〜あげみざわ〜」などテンションが上がった時やうれしいことが起きた時に使うそうです。

 2位には「あざまる水産」。ありがとうございます→あざっす→あざす→あざまる→あざまる水産、と進化した「ありがとう」の最新版だとか。おそらく大手居酒屋チェーンの「磯丸水産」からもじっていると思われ、このような企業名(商品名)×言葉は2018年のトレンドにもなっているとか。

 3位は「ないたー」。こちらも「けみお」発信のフレーズで、悲しいときだけでなく、「好きすぎてないたー」など、どんなシチュエーションでも使える言葉だそうです。


JC・JK流行語大賞 女子高生に人気のユーチューバー「けみお」(株式会社グラフィティより)

JC・JK流行語大賞 「あざまる水産」の元になったと思われるチェーン店、磯丸水産(SFPホールディングスより)

 4位には「クセがスゴい」。芸人・千鳥ノブのネタ「クセがスゴい」が発祥で、そのまま言うよりも、ノブの言い方をまねして抑揚をつける場合が多いとか。

 5位は「いい波のってんね」。動画ソーシャルアプリ「Tik Tok」で使用され大ブームになった曲から。曲と同様にリズムに合わせて言うのが正しい使い方だそうです。


JC・JK流行語大賞 オトナがついていけないランキング

 このほか「ヒト部門」では、TBS系のドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」などに出演した女優「今田美桜」が1位に。リボンを使うヘアアレンジは体育祭やイベントなどで真似する女子高生が続出したとか。

 「モノ部門」では、韓国発のインスタ映えフード「チーズドッグ」が1位に。チーズドッグと言ってもワッフル生地を使ったアレでは無く、チーズを使ったアメリカンドッグなのだそうです。特に新大久保の「アリラン・ホットドッグ」が人気で、チーズを伸ばす写真を友達やカップルで撮り合うのが人気。

 また「アプリ部門」では、大流行のソーシャルアプリ「Tik Tok」……を押さえて、スマホ向けバトルロイヤルゲームの「荒野行動」が1位に。意外すぎる。


JC・JK流行語大賞 人気の「チーズドッグ」の店(アリランホットドッグより)

 なお調査は約100人の女子中高生マーケティングチーム「JCJK調査隊」の選考結果をもとに行われたそうです。この結果には、SNSでも「ぜんぜんわからない」「これがジェネレーションギャップ」「”あざまる水産”はちょっと使いたい」などのコメントが寄せられています。





辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響