ニュース
» 2018年07月05日 09時57分 公開

2018年上半期のJC・JK流行語大賞を発表! 「あげみざわ」「あざまる水産」「ないたー」……ついていけないオトナ続出

ユーチューバー「けみお」発信の言葉が「コトバ部門」1位と3位に。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 女子大生社長の椎木里佳氏でも知られるAMFが、このたび「2018年上半期のJC・JK流行語大賞」を発表しました。女子中学生及び女子高生の中で流行している言葉やものごとを扱ったもので、SNSでも「ジェネレーションギャップを感じる」との声が集まっています。


JC・JK流行語大賞 オトナは、ほぼわからない……?

 注目の「コトバ部門」は若者に人気のユーチューバー「けみお」の動画から火がついた「あげみざわ」が1位。気分の高まりを意味する「あげ」が、あげ→あげみ→あげみざわと進化を遂げた末の最新型で、「テスト終わった〜あげみざわ〜」などテンションが上がった時やうれしいことが起きた時に使うそうです。

 2位には「あざまる水産」。ありがとうございます→あざっす→あざす→あざまる→あざまる水産、と進化した「ありがとう」の最新版だとか。おそらく大手居酒屋チェーンの「磯丸水産」からもじっていると思われ、このような企業名(商品名)×言葉は2018年のトレンドにもなっているとか。

 3位は「ないたー」。こちらも「けみお」発信のフレーズで、悲しいときだけでなく、「好きすぎてないたー」など、どんなシチュエーションでも使える言葉だそうです。


JC・JK流行語大賞 女子高生に人気のユーチューバー「けみお」(株式会社グラフィティより)

JC・JK流行語大賞 「あざまる水産」の元になったと思われるチェーン店、磯丸水産(SFPホールディングスより)

 4位には「クセがスゴい」。芸人・千鳥ノブのネタ「クセがスゴい」が発祥で、そのまま言うよりも、ノブの言い方をまねして抑揚をつける場合が多いとか。

 5位は「いい波のってんね」。動画ソーシャルアプリ「Tik Tok」で使用され大ブームになった曲から。曲と同様にリズムに合わせて言うのが正しい使い方だそうです。


JC・JK流行語大賞 オトナがついていけないランキング

 このほか「ヒト部門」では、TBS系のドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」などに出演した女優「今田美桜」が1位に。リボンを使うヘアアレンジは体育祭やイベントなどで真似する女子高生が続出したとか。

 「モノ部門」では、韓国発のインスタ映えフード「チーズドッグ」が1位に。チーズドッグと言ってもワッフル生地を使ったアレでは無く、チーズを使ったアメリカンドッグなのだそうです。特に新大久保の「アリラン・ホットドッグ」が人気で、チーズを伸ばす写真を友達やカップルで撮り合うのが人気。

 また「アプリ部門」では、大流行のソーシャルアプリ「Tik Tok」……を押さえて、スマホ向けバトルロイヤルゲームの「荒野行動」が1位に。意外すぎる。


JC・JK流行語大賞 人気の「チーズドッグ」の店(アリランホットドッグより)

 なお調査は約100人の女子中高生マーケティングチーム「JCJK調査隊」の選考結果をもとに行われたそうです。この結果には、SNSでも「ぜんぜんわからない」「これがジェネレーションギャップ」「”あざまる水産”はちょっと使いたい」などのコメントが寄せられています。





辰井裕紀


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する