ニュース
» 2018年07月07日 12時00分 公開

最高の被写体は“自分の妻” 夫婦愛にあふれた写真を投稿するハッシュタグ「嫁グラフィー」がステキ

撮りためた愛情は2TB分。

[たろちん,ねとらぼ]

 自分の奥さんの写真をTwitterやInstagramに投稿するという、なんとも愛にあふれたハッシュタグ「#嫁グラフィー」がじわじわと広がりを見せています。

 きっかけとなったのはカメラが趣味でフォトコンテストなどでの入賞経験も多い杉本優也さん(@sugimoto_yuya)の投稿。もともと夫婦ともに写真が趣味でしたが、あるときふと自分の妻を撮影した写真をSNSに投稿してみたところ、予想外の反響があったことから「嫁グラフィー」を撮り始めたと言います。

嫁グラフィー 夫婦で友人とのBBQに参加した際に近くのポピー畑で撮った最初の「嫁グラフィー」

嫁グラフィー 最初は「Photoshopの練習用」に撮影したそうです

嫁グラフィー 特に反響が大きかったという友人夫婦の愛犬「アルト」との写真

 それまで杉本さんは風景や花、奥さんはスナップ写真を中心に撮影していましたが、この写真をきっかけに「もっと奥さんを撮ってほしい」という声が届くようになりました。

 「嫁グラフィー」を撮影する上でのこだわりは「あまり記念写真的に見えないようにすること」。もちろん夫婦なので「観光名所でピース!」のように思い出を残す写真も撮りますが、嫁グラフィーはあくまで作品として撮影することを意識しているそうです。

嫁グラフィー

嫁グラフィー 衣装もドレスのような非日常的なものではなく普段のおしゃれを意識

 活動頻度は週に1〜2回ほど。単純に2人が行きたいところに行きながら撮るというスタイルで、近所を散歩しながらさらっと撮るようなことも多いとか。ちなみに杉本さんが大量に撮るタイプということもあり、これまで撮影した奥さんの写真だけで2TBくらいの容量が埋め尽くされているそうです。

嫁グラフィー 近所で撮影したもの。「カメラがあると日常がいつもより楽しくなるのが好きです」と杉本さん

嫁グラフィー

嫁グラフィー

 身近な人たちに向けた小さな発信として始まった「嫁グラフィー」は次第に広がりを見せ、フォトコンテストに入賞したりSNSを通じて見知らぬ人からも反響が届くようになります。「奥さんを撮るってステキ」という声も多く、杉本さん以外にも「#嫁グラフィー」のハッシュタグでTwitterやInstagramに自分の奥さんの写真を投稿する人も増えてきています。

 「いろいろな人が嫁グラフィーをやってくれて素直にものすごくうれしいです。嫁さんのかわいい顔、きれいな顔、ナチュラルな雰囲気とか、やっぱり一番近くでよく見てるのは旦那さんだと思うので、それを残せるのも旦那さんなのかなと。ぼくに『#嫁グラフィーやりたいんだけど人の撮り方がわかりません』という質問をしてくる方もいるんですが、遠目に撮影したりシルエットにするといいですよと答えています。ぼくも最初はそうでした」(杉本さん)

嫁グラフィー

嫁グラフィー

嫁グラフィー この3枚は寄って撮影する技術がなかった初期の作品。遠目に離れたり後ろ姿やシルエットなどを少し工夫するといい感じになるそうです

 杉本さんのお気に入りは、桜吹雪の中の優しげな雰囲気を写し出した「嫁と廃バスと桜」という作品。渋谷ヒカリエで開催された写真展「東京カメラ部写真展2018」で展示された1枚です。

嫁グラフィー 「嫁と廃バスと桜」

 今後も日常を共に過ごす中で「なんかよさそう、楽しそう」という夫婦の感覚を大切にして嫁グラフィーを続けていきたいとのこと。杉本さんは「普段妻のことを『嫁』と呼んでるわけではないのですが、響きがかわいいので『嫁グラフィー』という名前をつけました。行きたいところに一緒に行ってちょっとおしゃれで特別な写真を撮る。そんな感覚で、皆さんもご自身の嫁さん、奥さんを撮ってあげてほしいです」とコメントしてくれました。

嫁グラフィー

嫁グラフィー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  5. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/30/news007.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「島嶼」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」