ニュース
» 2018年07月07日 12時00分 公開

【ラビオくん】W杯の結果を予言する生物、数打てば割と当たる説【検証】

来年のラグビーワールドカップでも何か出てきそう。

[QuizKnock,ねとらぼ]

 FIFAワールドカップが盛り上がっている。日本も決勝トーナメントに進出し、さらなる盛り上がりを見せたが、接戦の末敗退。しかし勝ち進んでいる各国による熱戦が今もロシアでは繰り広げられている。



 渋谷やスポーツパブはもちろんお祭り騒ぎだが、その陰で静かに沸く場所がある。北海道小平町、そう「ラビオくん」が水揚げされた地である。

 ミズダコのラビオくんは6月19日に水揚げされ、日本戦の結果の占いを託された。予想は早い順に「勝ち」「引き分け」「負け」で見事的中。各種メディアで取り上げられ(既に出荷済みというオチとともに)一躍有名になった。

 ※ちなみに「ラビオ」は「小平(おびら)」を逆から読んだ名前とのこと。

 この占いがなければラビオくんも一般タコ(≒一般人)だったはず。「たまたま」で片付けるにも、完全に勘で3択を3回当てる確率は1/3の3乗で3.7%。やはりラビオくんは奇跡のタコなのか……?


発端は8年前

 「動物に結果を占わせる」ブームのそもそもの発端は、2010年南アフリカ大会の「パウル」だろう。ドイツの水族館で飼われていたマダコで、ドイツ戦7試合と決勝戦の全8試合を完全的中させた。

 パウルの予言は「勝つ国」を当てる2択だったので、確率は1/2の8乗で0.39%。確かにサッカーのことを知っていると信じたくもなる。

 この8年前のパウル効果がラビオくんにつながっている訳だ。思えばW杯のたびに似たような話が出る気が……と調べてみると、2014年にも各地で予言が行われていたようである。

 するとこんな疑問が浮かぶ。ラビオくんもまた、たくさんの予言者のうちの1匹にすぎなかったのでは?


ラビオくん候補がたくさんいたら

 上で書いたように、3試合の勝ち・引き分け・負けが勘で全て的中する確率は3.7%

 逆に96.3%はどれかを外すわけだが、予言者が複数いる場合、その全員が外す確率は下がる。具体的に計算してみると、10匹なら68.6%、50匹なら15.2%で、100匹まで増やせば2.3%まで下げられる。

 日本にW杯を予想したタコが100匹もいるとは思わないが、候補生がたった10匹でも全的中させるタコは3割方現れるということ。めちゃくちゃ野暮なことを言っているが、案外スゴくないのでは……。


確率論的予言ダコ

 予言が勘だと決めつけてしまった場合、困るのは的中が続いて注目され始めたときである。次の予想も結局は確率なので、外れると「あれ?」となる。

 しかし、ラビオくんは既に(多分)誰かの胃の中。決勝トーナメントの初戦は生きのいい2代目が予言することになった。2代目にはプレッシャーを感じず予想をしてもらいたいと、ロシアだけでなく、北海道にも注目が集まった。7月2日、2代目の予想は「日本の勝利」!


そして結果は……?

 日本時間7月3日午前3時から行われた対ベルギー戦は、前半をスコアレスで折り返すと、後半は立て続けに2点を先制。予想通りか……? と思われたが、その後まさかの3失点で無念の逆転負け。日本代表、そして2代目ラビオくん、お疲れさまでした。

制作協力

QuizKnock


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」