ニュース
» 2018年07月07日 10時30分 公開

“本当の残業時間”知るため、企業の消灯時間を撮影 「TokyoWorkers」に話を聞いた

始めたきっかけや、どんな業界が残業が多いかなど聞いてみました。

[ねとらぼ]

 ある企業は20時ごろからオフィスの電気が消え始め、別の企業は夜遅くまで明かりが――「本当の残業時間を知る」ため、企業の消灯時間を撮影している「TokyoWorkers」が注目を集めています。

トヨタ自動車の消灯時間を撮影したタイムラプス動画

 TokyoWorkersは、TwitterYouTubeブログで、東京の企業のオフィスがいつ消灯するかを撮影したタイムラプス動画(一定間隔で連続撮影した多数の写真をまとめた動画)を公開しています。撮影した企業は過労死問題で話題になった電通をはじめ、丸紅、コマツ、ライオン、大成建設、JR東日本、厚生労働省などさまざまな業種に及びます。消灯時間も20時で一斉消灯する会社、深夜2時でも明かりの付いている会社などさまざま。

 もちろん、消灯時間だけで正確な残業時間が分かるわけではありませんが、ネットでは就活の参考になると話題に。編集部はTokyoWorkers運営者に始めたきっかけなどを聞きました。

 TokyoWorkersのブログの「なんで残業時間をタイムラプスで撮影しているのか」というエントリには、撮影を始めたきっかけとして「最近、ワークライフバランス(WLB)って言葉がTVやネットなんかで沢山出回っているけど、単純に残業を減らすだけでは、必ず生産量が減り、経済の規模が減る一方になってしまうので、いかに生産性を向上させ、生産量は維持したまま、残業を減らし余暇などの時間を作るかが問題になるはず」と記されています。

深夜2時ごろのトランスコスモス(2018年6月27日)。2014年に東洋経済オンライン「ホワイト企業ランキング」で15位になっていた企業

 特に具体的に決め手になったのは、2016年に大きく報じられた電通の過労自殺だったとのこと。この問題を受けて電通は全館22時消灯を実施するようになりましたが、「本当なのか?」と思い動画撮影を始めたとTokyoWorkers運営者は語ります。TokyoWorkersのYouTubeアカウントに最初に投稿されていた動画(2017年5月投稿)も、電通の消灯の様子を撮影した動画でした。

電通の22時一斉消灯を撮影した動画(2017年5月投稿)

 消灯時間をタイムラプス撮影するという発想は、夜や休日に志望企業に電話をかけて残業チェックをするという就活生の記事がきっかけ。記事では、就活生が「深夜に志望企業の電気が消えているかどうか直接見に行くつもり」ともコメントしている。「企業に電話掛けたり、深夜に電気点いてるかチェックしてまで残業しているか確認している人がいるのか、と驚いたのですが、でも確かに電気点いてたら残業しているか分かるし、実際に目で見て確認できるっていうのは納得感があるし、面白いなと思い、消灯時間を撮影を始めました」とTokyoWorkers運営者。

21時前のキユーピー(2018年6月26日)。点灯中はワンフロアのみとなっている

 撮影は平日の夜間に都内を自転車で周りながら行っているとのこと。深夜まで撮影することもあるので、翌朝起きるのがつらいときもあるといいます。とはいえ、基本的には仕事に支障が出ないように行っているそうです。

電通と博報堂の比較も

 どの業界が残業が多いかを聞いてみたところ、「食品業界は早めに帰る企業が多いですね、味の素とかすごいですよ! 20時くらいにはほぼ全フロアで消灯されていますし! 正直うらやましいと思いました……そしてIT業界やベンチャー企業は、想像以上に夜遅くまで働いている企業が多く驚きました」との回答。

 こういった活動をしていると、動画やツイートを消すよう企業から要請が来くるのではないかと気になりますが、これまでそういったことはないとのこと。「知名度がないので、まだ各企業に知られていないのではないかなと思います」(TokyoWorkers運営者)

2017年に国立競技場の工事を請け負った建設会社社員の過労自殺が報じられたことから、現場を撮影(2017年7月)

 企業と就活生に伝えたいことも聞きました。「企業へは、もっと働き方に関する情報をオープンにしてもらいたいです。就活四季報に平均残業時間程度すら回答していない企業が多いので。できれば年代別の残業時間も公表してもらいたいですね」

 「就活生へは、入社後に自分がどんな働き方をしているかを具体的にイメージできるようにちゃんと企業の事を調べましょう。ちょっと調べればたくさん情報は得られるはずです。入社後にこんなはずじゃなかったと思っても遅いので」

 「最近は東京の夜景を見ても、奇麗だなって思うより、これだけ働いている人がいるんだなぁと素直に感動できなくなってきました」と切ない胸の内を話すTokyoWorkers運営者。今後は「働き方改革が進められていくはずなので、同じ企業を定点観測して、しっかりと働き方改革が行われているかを見ていきたいです」と語ってくれました。

20時すぎのワコール本社(2017年11月21日)。かなり明かりが消えている
厚生労働省と環境省

画像提供:TokyoWorkers



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  2. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  3. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  4. /nl/articles/2104/05/news024.jpg 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  5. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も
  6. /nl/articles/2104/14/news014.jpg 飼い主がゲーム中の猫ちゃんの表情→ゲームをやめ名前を呼ぶと…… 猫の表情ビフォーアフターが面白い
  7. /nl/articles/2101/07/news089.jpg 高岡早紀、高身長な長男&次男とのレアな“家族3ショット” にじみ出るイケメン感に「息子さん達カッコイイなぁ〜」
  8. /nl/articles/2104/09/news143.jpg 森の中で“ある場所”を指し示すカーナビ、恐怖体験かと思いきや…… 涙の展開が待ち受ける怪談漫画
  9. /nl/articles/1904/02/news128.jpg もはや別人じゃん! ガリガリガリクソン、47キロ減で劇的ビフォーアフター「俺は平成の終わりにデブを捨てた」
  10. /nl/articles/2104/14/news010.jpg いつもは出迎える愛犬がハウスに立てこもり→その理由は…… 申し訳なさそうな表情と部屋の惨状がほほえましい