ニュース
» 2018年07月07日 10時30分 公開

“本当の残業時間”知るため、企業の消灯時間を撮影 「TokyoWorkers」に話を聞いた

始めたきっかけや、どんな業界が残業が多いかなど聞いてみました。

[ねとらぼ]

 ある企業は20時ごろからオフィスの電気が消え始め、別の企業は夜遅くまで明かりが――「本当の残業時間を知る」ため、企業の消灯時間を撮影している「TokyoWorkers」が注目を集めています。

トヨタ自動車の消灯時間を撮影したタイムラプス動画

 TokyoWorkersは、TwitterYouTubeブログで、東京の企業のオフィスがいつ消灯するかを撮影したタイムラプス動画(一定間隔で連続撮影した多数の写真をまとめた動画)を公開しています。撮影した企業は過労死問題で話題になった電通をはじめ、丸紅、コマツ、ライオン、大成建設、JR東日本、厚生労働省などさまざまな業種に及びます。消灯時間も20時で一斉消灯する会社、深夜2時でも明かりの付いている会社などさまざま。

 もちろん、消灯時間だけで正確な残業時間が分かるわけではありませんが、ネットでは就活の参考になると話題に。編集部はTokyoWorkers運営者に始めたきっかけなどを聞きました。

 TokyoWorkersのブログの「なんで残業時間をタイムラプスで撮影しているのか」というエントリには、撮影を始めたきっかけとして「最近、ワークライフバランス(WLB)って言葉がTVやネットなんかで沢山出回っているけど、単純に残業を減らすだけでは、必ず生産量が減り、経済の規模が減る一方になってしまうので、いかに生産性を向上させ、生産量は維持したまま、残業を減らし余暇などの時間を作るかが問題になるはず」と記されています。

深夜2時ごろのトランスコスモス(2018年6月27日)。2014年に東洋経済オンライン「ホワイト企業ランキング」で15位になっていた企業

 特に具体的に決め手になったのは、2016年に大きく報じられた電通の過労自殺だったとのこと。この問題を受けて電通は全館22時消灯を実施するようになりましたが、「本当なのか?」と思い動画撮影を始めたとTokyoWorkers運営者は語ります。TokyoWorkersのYouTubeアカウントに最初に投稿されていた動画(2017年5月投稿)も、電通の消灯の様子を撮影した動画でした。

電通の22時一斉消灯を撮影した動画(2017年5月投稿)

 消灯時間をタイムラプス撮影するという発想は、夜や休日に志望企業に電話をかけて残業チェックをするという就活生の記事がきっかけ。記事では、就活生が「深夜に志望企業の電気が消えているかどうか直接見に行くつもり」ともコメントしている。「企業に電話掛けたり、深夜に電気点いてるかチェックしてまで残業しているか確認している人がいるのか、と驚いたのですが、でも確かに電気点いてたら残業しているか分かるし、実際に目で見て確認できるっていうのは納得感があるし、面白いなと思い、消灯時間を撮影を始めました」とTokyoWorkers運営者。

21時前のキユーピー(2018年6月26日)。点灯中はワンフロアのみとなっている

 撮影は平日の夜間に都内を自転車で周りながら行っているとのこと。深夜まで撮影することもあるので、翌朝起きるのがつらいときもあるといいます。とはいえ、基本的には仕事に支障が出ないように行っているそうです。

電通と博報堂の比較も

 どの業界が残業が多いかを聞いてみたところ、「食品業界は早めに帰る企業が多いですね、味の素とかすごいですよ! 20時くらいにはほぼ全フロアで消灯されていますし! 正直うらやましいと思いました……そしてIT業界やベンチャー企業は、想像以上に夜遅くまで働いている企業が多く驚きました」との回答。

 こういった活動をしていると、動画やツイートを消すよう企業から要請が来くるのではないかと気になりますが、これまでそういったことはないとのこと。「知名度がないので、まだ各企業に知られていないのではないかなと思います」(TokyoWorkers運営者)

2017年に国立競技場の工事を請け負った建設会社社員の過労自殺が報じられたことから、現場を撮影(2017年7月)

 企業と就活生に伝えたいことも聞きました。「企業へは、もっと働き方に関する情報をオープンにしてもらいたいです。就活四季報に平均残業時間程度すら回答していない企業が多いので。できれば年代別の残業時間も公表してもらいたいですね」

 「就活生へは、入社後に自分がどんな働き方をしているかを具体的にイメージできるようにちゃんと企業の事を調べましょう。ちょっと調べればたくさん情報は得られるはずです。入社後にこんなはずじゃなかったと思っても遅いので」

 「最近は東京の夜景を見ても、奇麗だなって思うより、これだけ働いている人がいるんだなぁと素直に感動できなくなってきました」と切ない胸の内を話すTokyoWorkers運営者。今後は「働き方改革が進められていくはずなので、同じ企業を定点観測して、しっかりと働き方改革が行われているかを見ていきたいです」と語ってくれました。

20時すぎのワコール本社(2017年11月21日)。かなり明かりが消えている
厚生労働省と環境省

画像提供:TokyoWorkers



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」