ニュース
» 2018年07月07日 10時30分 公開

“本当の残業時間”知るため、企業の消灯時間を撮影 「TokyoWorkers」に話を聞いた

始めたきっかけや、どんな業界が残業が多いかなど聞いてみました。

[ねとらぼ]

 ある企業は20時ごろからオフィスの電気が消え始め、別の企業は夜遅くまで明かりが――「本当の残業時間を知る」ため、企業の消灯時間を撮影している「TokyoWorkers」が注目を集めています。

トヨタ自動車の消灯時間を撮影したタイムラプス動画

 TokyoWorkersは、TwitterYouTubeブログで、東京の企業のオフィスがいつ消灯するかを撮影したタイムラプス動画(一定間隔で連続撮影した多数の写真をまとめた動画)を公開しています。撮影した企業は過労死問題で話題になった電通をはじめ、丸紅、コマツ、ライオン、大成建設、JR東日本、厚生労働省などさまざまな業種に及びます。消灯時間も20時で一斉消灯する会社、深夜2時でも明かりの付いている会社などさまざま。

 もちろん、消灯時間だけで正確な残業時間が分かるわけではありませんが、ネットでは就活の参考になると話題に。編集部はTokyoWorkers運営者に始めたきっかけなどを聞きました。

 TokyoWorkersのブログの「なんで残業時間をタイムラプスで撮影しているのか」というエントリには、撮影を始めたきっかけとして「最近、ワークライフバランス(WLB)って言葉がTVやネットなんかで沢山出回っているけど、単純に残業を減らすだけでは、必ず生産量が減り、経済の規模が減る一方になってしまうので、いかに生産性を向上させ、生産量は維持したまま、残業を減らし余暇などの時間を作るかが問題になるはず」と記されています。

深夜2時ごろのトランスコスモス(2018年6月27日)。2014年に東洋経済オンライン「ホワイト企業ランキング」で15位になっていた企業

 特に具体的に決め手になったのは、2016年に大きく報じられた電通の過労自殺だったとのこと。この問題を受けて電通は全館22時消灯を実施するようになりましたが、「本当なのか?」と思い動画撮影を始めたとTokyoWorkers運営者は語ります。TokyoWorkersのYouTubeアカウントに最初に投稿されていた動画(2017年5月投稿)も、電通の消灯の様子を撮影した動画でした。

電通の22時一斉消灯を撮影した動画(2017年5月投稿)

 消灯時間をタイムラプス撮影するという発想は、夜や休日に志望企業に電話をかけて残業チェックをするという就活生の記事がきっかけ。記事では、就活生が「深夜に志望企業の電気が消えているかどうか直接見に行くつもり」ともコメントしている。「企業に電話掛けたり、深夜に電気点いてるかチェックしてまで残業しているか確認している人がいるのか、と驚いたのですが、でも確かに電気点いてたら残業しているか分かるし、実際に目で見て確認できるっていうのは納得感があるし、面白いなと思い、消灯時間を撮影を始めました」とTokyoWorkers運営者。

21時前のキユーピー(2018年6月26日)。点灯中はワンフロアのみとなっている

 撮影は平日の夜間に都内を自転車で周りながら行っているとのこと。深夜まで撮影することもあるので、翌朝起きるのがつらいときもあるといいます。とはいえ、基本的には仕事に支障が出ないように行っているそうです。

電通と博報堂の比較も

 どの業界が残業が多いかを聞いてみたところ、「食品業界は早めに帰る企業が多いですね、味の素とかすごいですよ! 20時くらいにはほぼ全フロアで消灯されていますし! 正直うらやましいと思いました……そしてIT業界やベンチャー企業は、想像以上に夜遅くまで働いている企業が多く驚きました」との回答。

 こういった活動をしていると、動画やツイートを消すよう企業から要請が来くるのではないかと気になりますが、これまでそういったことはないとのこと。「知名度がないので、まだ各企業に知られていないのではないかなと思います」(TokyoWorkers運営者)

2017年に国立競技場の工事を請け負った建設会社社員の過労自殺が報じられたことから、現場を撮影(2017年7月)

 企業と就活生に伝えたいことも聞きました。「企業へは、もっと働き方に関する情報をオープンにしてもらいたいです。就活四季報に平均残業時間程度すら回答していない企業が多いので。できれば年代別の残業時間も公表してもらいたいですね」

 「就活生へは、入社後に自分がどんな働き方をしているかを具体的にイメージできるようにちゃんと企業の事を調べましょう。ちょっと調べればたくさん情報は得られるはずです。入社後にこんなはずじゃなかったと思っても遅いので」

 「最近は東京の夜景を見ても、奇麗だなって思うより、これだけ働いている人がいるんだなぁと素直に感動できなくなってきました」と切ない胸の内を話すTokyoWorkers運営者。今後は「働き方改革が進められていくはずなので、同じ企業を定点観測して、しっかりと働き方改革が行われているかを見ていきたいです」と語ってくれました。

20時すぎのワコール本社(2017年11月21日)。かなり明かりが消えている
厚生労働省と環境省

画像提供:TokyoWorkers



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2311/27/news041.jpg 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. /nl/articles/2311/28/news172.jpg バイクでケーキを持って帰ったら…… ミュージカル俳優、思わぬ形になったケーキに「見たことないほどズタボロ」
  3. /nl/articles/2311/25/news015.jpg 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  4. /nl/articles/2311/27/news095.jpg 『ちいかわ』通称“島編”が最終話へ 絶望色が強すぎて阿鼻叫喚 想像に任せるオチに“存在しない劇場版”を幻視する読者が続出
  5. /nl/articles/2311/27/news024.jpg 葛藤の末、野良の黒猫親子を保護して1カ月後…… 幸せを見つけた家族の光景に「本当に良かった」「癒やされます」
  6. /nl/articles/2311/28/news037.jpg 愛犬の大切なおもちゃを洗濯したら→「お友達が……!」 悲しい鳴き声をあげる姿に「家の子も一緒だ」「健気で癒されます」
  7. /nl/articles/2311/27/news076.jpg ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  8. /nl/articles/2311/27/news093.jpg 『キン肉マン』ゆでたまご・嶋田、ヘルプマーク使用を報告も…… 「正義はないのかこの日本」理解の低さに苦言
  9. /nl/articles/2311/28/news032.jpg 物理学を理解しているハムスター、回し車で遊びたい姉妹へのかわいいイジワルが「強い意志を感じる…」と話題に
  10. /nl/articles/2311/27/news106.jpg エド・はるみ、連日ハードな研究で生活も激変 “18種類おかずの手作り弁当”に影響「数と彩りも無くなり」「忙しく時間がなさすぎて」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 大好物のエビを見せたらイカが豹変! 姿を変えて興奮する姿に「怖い」「ポケモンかと思った」
  2. 「3カ月で1億円」の加藤紗里、オーナー務める銀座クラブの開店をお祝い “大蛇タトゥー”&金髪での着物姿に「極妻感が否めない」
  3. 愛犬と外出中「飼いきれなくなったのがいて、それと同じ犬なんだ。タダで持ってきなよ」と言われ…… 飼育放棄された超大型犬の保護に「涙止まりません」
  4. ミキ亜生、駅で出会った“謎のおばさん”に恐怖「めっちゃ見てくる」 意外な正体にツッコミ殺到「おばさん呼びすんな」「マダム感ww」
  5. 永野芽郁、初マイバイクで憧れ続けたハーレーをゲット 「みんな見ろ私を!」とテンション全開で聖地ツーリング
  6. 道路脇のパイプ穴をのぞいたら大量の…… 思わず笑ってしまう驚きの出会いに「集合住宅ですね」の声
  7. 柴犬が先生に抱っこしてほしくて見せた“奥の手”に爆笑&もん絶! キュンキュンするアピールに「あざとすぎて笑っちゃった」
  8. 病名不明で入院の渡邊渚アナ、1カ月ぶりの“生存報告”で「私の26年はいくらになる?」 入院直後の直筆日記は荒い字で「手の力も入らない」
  9. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  10. デヴィ夫人、16歳愛孫・キランさんが仏社交界デビュー 母抜かした凛々しい高身長姿に「大人っぽくなりました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 病名不明で入院の渡邊渚、3カ月ぶりSNS更新で「表情に違和感」「そこまで酷い状況とは」 ベッド上で「人生をやり直すこともできません」
  2. 動かないイモムシを助けて1年後のある日、窓の外がありえない光景に 感動サプライズが「アゲハ蝶の恩返し」と話題
  3. 「スカートはないわ」「常識無視の番組でびっくり」 山下リオ、登山中の服装批判巡って反論「私が叩かれているようですが」
  4. 「千鳥」大悟、大物美人俳優にバッグハグされた表情に注目集まる 「マジ照れのお顔ですね」「でれでれやん」
  5. 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  6. 神田愛花アナ、拡散された女子中学生時代ショットにスタジオ騒然「ヤバい」→“アネゴ感”でSNSもざわつく
  7. 「生きててよかった」 熊谷真実、美麗な初“袋とじ”グラビアで63歳の色気全開 真っ赤なドレス着こなす姿に「すごいプロポーション」
  8. 尻尾がちぎれた小さな子猫をサーキット場で保護→1年後“ムキムキ最強生物”に 驚異の成長ビフォーアフターに注目集まる
  9. 双子モデル・吉川ちえ、美容整形後のひたいが“コブダイ”状態へ 多額の費用要した修正手術で後悔も「傷がこんなに残りました…」
  10. 「犬ぐらい大きくなれよ」と願い育てた保護子猫が「まさか本当に犬ぐらいになるとは」 驚異の成長ビフォーアフターが192万表示!