ニュース
» 2018年07月08日 11時00分 公開

1915年誕生「和文タイプライター」はいまだ現役だった! 日本の印刷を大きく支えた機械と人がつむぐ、103年後の言葉とは(4/5 ページ)

[辰井裕紀,ねとらぼ]

司法書士や戸籍担当者がまだ使っている

――いまだに和文タイプライターを使っている方はいるのですか?

直志さん:いるよ。司法書士関係だとか、役場の戸籍担当者とか。あとは、建設会社あたりは持っているのかな。

 例えば役場で電算化されているところでも、いまだに和文時代の紙の戸籍が残っている。そこで昔書いた戸籍に記載漏れや間違いが見つかった際に、修正を入れるために和文タイプライターを使うんだ。

 だから、印字に使うテープなどの消耗品はいまだ注文があるよ。一巻き1500円。昔は800円以下とかだったから。いまは倍の値段になったね。


和文タイプライター 原稿を置く台。旧字体や年齢の早見表を置くこともある

奥さん:和文タイプライターが良いのは、字はキレイだし、全部そろって見えるでしょう。あとは、改ざんがしづらいっていうのがあるし。いまのパソコンみたいに、文章を訂正するのはカンタンじゃないから。

――ちなみに和文タイプをご自分で使うことはありますか?

直志さん:うん、使うよ。商品を納めるときに、保証書に、お客さんの名前や住所などを打ち込んだりとか。書くのがイヤだから(笑)。


いまも年配者には愛用されている

奥さん:和文タイプライターを個人で使った人は少ないと思う。ただ、学校の先生なんかにも納めたよね。学級通信みたいなものをタイプで打ったり。

――確かに昔、独特の字体の「クラスのおたより」をもらった気もします。

奥さん:いまも趣味で使う人もいるよ。サークルとか、ゲートボール協会とかで、自分で文章作らなきゃいけないっていうとね。お年寄りでタイプライターを使ってた人が、そのまま和文タイプを使うパターンがあるの。


和文タイプライター 最後期に発売された、電動の「菅沼タイプライター」。「プリント」ボタンを押して打つ

グリコ・森永事件のとき、警察が何度も来た

直志さん:グリコ・森永事件のとき、ウチでもすぐ、どんな機械で打ったかは分かった。活字の書体などですぐ分かったな。あと、ウチにも何度か警察は来たよ。


和文タイプライター グリコ・森永事件の一連の脅迫文には、日本タイプライター社の「パンライター」が使われていた

――どんな和文の機種を使っているか、調べられたんですか?

直志さん:うん。まあ、うちの商品じゃなかったけどね。作った活字のメーカーによって書体が若干違うんだ。はね方とか、彫り方によって全然違ってくるから、それを見れば大体検討はつく。

――それだけでもけっこう絞られますもんね。


ネジの1つからぜんぶ分解して掃除。それから売る

――和文タイプライター本体は売っていますか?

直志さん:いまでも売ってくれっていわれれば、修理して整備して売るよ。ネジの1つからぜんぶ分解して、掃除して、そして直して。ただ、値段はつけない。買いたい人の言い値にある程度合わせて額を提示するの。あともともと「定価」があるものだから、それも考慮するよ。


和文タイプライター いまでも和文タイプライター本体の在庫をいくつか抱える

――和文タイプライターの修理で、一番よくあるパターンはどんなことですか?

直志さん:部品の破損、摩耗が多いね。昔の機械だと、ツメの部分。昔の機械はギヤを使って、ツメを引っ掛けて、活字を打ち付けてたんだ。そのときの機械はツメやギヤの摩耗は多いんだ。


「絶対にミスタイプが許されない」緊張感

――修正液を使うことはあったんですか?

直志さん:修正液は打つものによって違ってくる。いまは白の修正液を塗って上から打つこともあるけど、昔は原紙っていう、印刷に使う紙に打ってたから。原紙用の修正液があって、そこを消して。印刷屋はしょっちゅう使ってた。

奥さん:ただ、和紙などへ直に打つときは、絶対に間違えられなかったね。

直志さん:昔は契約書も、間にカーボン紙を入れて3枚4枚と同時に打っていたから、絶対に間違えられない。


和文タイプライター 往年のファンたちから愛された「菅沼タイプライター」のロゴ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  2. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  3. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  4. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  5. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声
  10. /nl/articles/2205/19/news118.jpg 岩崎宏美、17歳の愛犬・ライスが天国へ 家族の“歌”とともに最期を迎え「涙が止まりませんでした」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声