ニュース
» 2018年07月08日 11時00分 公開

1915年誕生「和文タイプライター」はいまだ現役だった! 日本の印刷を大きく支えた機械と人がつむぐ、103年後の言葉とは(5/5 ページ)

[辰井裕紀,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4|5       

ワープロとパソコンが出て「タイプの時代は終わる」

――ワープロが出てきたとき、どんなことを思いましたか?

直志さん:ワープロが出たとき、「これは便利だな」って思いましたよ。

――じゃあ、あと何年か……とか、考えたりしましたか?

直志さん:うん。もうタイプの時代は終わってくるのかな、これは思ったよ。特にパソコンが出てきてからは、これからはこっちになるなって。

――和文タイプライター工業会など、当時「まだまだタイプの時代は続くんじゃないか」と考えていた所もあったようですが、そうは思っていなかったですか?

直志さん:いやそれは、だんだんと変わっていくとは感じていたよ。


和文タイプライター 和文タイプライター最後期に発売されたNST-45M。ワープロに負けないための機能を搭載した意欲作だったが

ワープロの値段が一気に和文タイプを下回り、時代が終わった


和文タイプライター 80年代半ばでワープロの値段が和文タイプを下回り、爆発的に普及した(『確かな目』 1999.12より)

 そのあとは、直志さんが予感していた通りになりました。和文タイプライターを最初に発表し、長らく業界最大手として君臨した日本タイプライターも、ワープロの普及で1985年にキヤノングループのキヤノン販売の傘下に。

 ワープロなどキヤノンのOA機器の販売が再建の柱で、「ワープロに押され、ワープロに頼り会社を立て直す」という、老舗としては極めて皮肉な形となったのです(現在はキヤノンセミコンダクターエクィップメントとなり、半導体露光装置メーカーになっている)。


それでも「タイプライター」の名前は外せなかった

 いまお店の販売の主力はタイプライターではなく、9:1でパソコン。司法書士が書類を作成するパソコンソフトを、タイプライター時代のお得意さんなどへ売って生計を立てていますが、和文タイプライターへの気持ちはゆるぎません。

奥さん:もともと「○○タイプライター」なんて名前だったお店も、タイプを扱わなくなって、別の名前になってる。そのときにウチもどうしようかなと思ったけど、「タイプライター」の言葉を外すのは抵抗があって、今まで来ちゃったの。捨てられなかったんだね、名前を。それで生きてきたから。取れなかった。

直志さん:執着してんだ。ハハ。

奥さん:最後まで執着。


和文タイプライター いまだ「和文タイプライター店」としての店名を守り続ける

「和文タイプライターだけで生きてきたから」

――ご自身にとって、「和文タイプライター」という存在を一言で言うとなんですか?

直志さん:生活の「メシの種」だよ。長年信頼してもらってるお客さんがいたから、ここまでやってこれた。

――奥さんはどうですか?

奥さん:横でついていくだけ。子供を育てるために必死でしょう。結婚する前からタイピストで。同じタイプの会社で縁があって一緒になって。タイプライターひとすじですよ。

直志さん:よく飽きずに。

奥さん:朝から晩まで。

直志さん:これだけで生きてきたから。


辰井裕紀


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声