ニュース
» 2018年07月09日 21時43分 公開

東京ディズニーランド35周年の夏、とんでもないナイトショーがスタートした!新世代ナイトエンターテインメント、爆誕(1/2 ページ)

新たなナイトショーをリポートします。

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 東京ディズニーリゾートが開園して今年で35周年、それを祝うアニバーサリーイベント「Happiest Celebration!」が開催されています。2018年7月10日からは35周年を記念し、新たな2つのレギュラーショー、そして新ナイトタイムスペクタキュラーがスタートし、なんとも盛りだくさんな夏になります。

 早速、東京ディズニーリゾートの熱い夏を紹介していきましょう。まずは注目の新ナイトエンターテインメントから!

東京ディズニーリゾート 35周年の祝祭に、また新たなエンターテインメントが!

35年目の東京ディズニーランドを祝おう! 「Celebrate! Tokyo Disneyland」

 東京ディズニーランドの夜が変わります。これまで通り開催の「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」とともに、シンデレラ城を舞台に、プロジェクションマッピングや花火、炎、そして噴水などの特殊効果を使った、全く新しいナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」がスタートします。

 このショーは魔法にかかったシンデレラ城に、指揮者としてミッキーマウスが登場。東京ディズニーランドのテーマランドやアトラクションをモチーフに、夢と魔法の王国を巡る楽しい音楽の旅を体験できます。みんなが知ってるあのアトラクションが、1日の終わりにショーとしても楽しめるのです。

Celebrate! Tokyo Disneyland オーケストラの調律が始まると、見慣れたシンデレラ城にすてきなライトアップが
Celebrate! Tokyo Disneyland 指揮者はもちろん、ミッキーマウスです
Celebrate! Tokyo Disneyland 大きなフレイムキャノンに圧倒されます
Celebrate! Tokyo Disneyland レーザーの演出や
Celebrate! Tokyo Disneyland 噴水までも!

 このショーはもちろん東京ディズニーランドのためだけに作られたもので、ショー製作者いわく「これが東京ディズニーランドのすべて」。テーマソングはカリフォルニアのディズニーランドで最初に行われたプロジェクションマッピングショーで使われた曲で、発表された直後に(私を含む)ディズニーマニアが騒然としました。

 このショーは7月10日にスタートで、東京ディズニーランドの楽しい1日を最後を締めくくる、世界がうらやむほどのクオリティーです。写真では伝わらない感動を、ぜひ東京ディズニーランドでどうぞ。

Celebrate! Tokyo Disneyland グッズ 「Celebrate! Tokyo Disneyland」グランドデビューのオリジナルグッズも多数発売しています

ディズニー流のマルディグラでお祭り気分を!

 次は35周年にスタートする、2つのレギュラーショーです。東京ディズニーランドでは「レッツ・パーティグラ!」、東京ディズニーシーでは「ハロー、ニューヨーク!」が7月10日にスタートします。

 東京ディズニーランドのアドベンチャーランド、シアターオーリンズでスタートするのは「レッツ・パーティグラ!」。パーティグラとは、パーティー、そしてニューオーリンズの伝統的なカーニバル“マルディグラ”を掛け合わせた造語。ディズニーの仲間たちが登場し、華やかでカラフルな舞台で最高に楽しいお祭りを開催します。家族も楽しめる、大変盛り上がるステージでした。

レッツ・パーティグラ! 主役はあのドナルド! ニューオーリンズのマルディグラを楽しみにしていたのですが……
レッツ・パーティグラ! 3人の騎士、ホセ、パンチートともに、楽しい「パーティグラ」を開催します。ちなみに後ろにいる小さな鳥は「アラクワン」というキャラクターです
レッツ・パーティグラ! 艶やかなガールズ3人組も登場。衣装が古めかしくって退屈?
レッツ・パーティグラ! あらあら、デイジーがドナルドを無視して……いいの?
レッツ・パーティグラ! とっても激しいダンスバトルの後は、ゲストもパーティグラに参加! 昔ながらの東京ディズニーランドファンには大変懐かしい曲も使われています
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」