ニュース
» 2018年07月14日 14時30分 公開

ランボルギーニだけで最速を競う ワンメイクレース「スーパートロフェオ」波乱の鈴鹿戦をみてきたよ(1/3 ページ)

ランボルギーニとランボルギーニがランボルギーニを追う。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 2018年6月30日、7月1日にイタリア生まれのスーパーカー「ランボルギーニ」に限定した世界最速クラスのワンメイクレース「ランボルギーニ・スーパートロフェオ」のアジアシリーズ第3戦が鈴鹿サーキットで開催されました。

ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット 逃げるランボルギーニを追うランボルギーニ

 ランボルギーニ・スーパートロフェオは、アウトモビリ・ランボルギーニが主催している世界最速のワンメイクレース。ランボルギーニ・ウラカンをレース用にカスタマイズしたスーパートロフェオ専用マシンを使って、2人のドライバーが交代しつつ走ります。

 レースは6ラウンド全12レースを戦うシリーズ制。各ラウンドは2日間にわたって開催され、1日目は予選と決勝レース1、2日目に決勝レース2というスケジュールで、各50分のレースが行われ、全レース終了時の総合戦績でシリーズチャンピオンが決まります。

 中でもアジアシリーズには近隣諸国から参戦チームが集まっており、日本からも松本武士選手、落合俊之選手をドライバーとして起用したジャパンチーム「チーム和歌山 Hojust Racing」が参戦中。マレーシアのセパンで行われた第2戦でプロ・アマクラス優勝を飾って好調のチーム和歌山にとって、今回の鈴鹿サーキット戦はホーム戦となり気合十分! 現地に集まったファンからも勝利への期待が高まっていました。

ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット 猛牛に乗って暴れまわっているチーム和歌山
ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット 初日のレースも快調な走りを見せましたが……。

トップ独走していたチーム和歌山に炎上トラブル、セーフティーカーも連続出動する波乱の展開

 チーム和歌山 Hojust Racingがポールポジションでスタートした1日目のレースは、グリッド、ピット、第2コーナーを中心に観戦。やはり生の迫力はすごいですね。コース上を猛スピードで駆け抜けていくマシンは想像よりも近く、何よりも文字通りに肌で感じられる音にひたすら圧倒されました。

ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット スタート前にグリッドで整列するマシン
ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット マシン同士が超接近するシーンも頻発
ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット マシンがコースアウトすることもありました
ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット 投入されたセーフティーカーもランボルギーニ

 レースを走るマシンは快調にコースを駆け抜けていき、チーム和歌山も良いペース。松本選手がポールポジションでスタートラインを飛び出してから、そのまま先頭を走り続けピットイン。このままホーム戦で表彰台の一番高いところを取るだろうと思った15周目、コース上に黒煙がもくもくと立ち上がりました。

 松本選手から落合選手にハンドルを託された直後、走行中のチーム和歌山のマシンに炎上トラブルが発生。マシンから飛び出した落合選手はオフィシャルの消防チームが駆けつけるよりも早く消火活動を始めましたがここで無念のリタイアとなり、チームは翌日のレースに参加できるか否かも定かではない厳しい状況に陥りました。

ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット 好調だったチーム和歌山に炎上トラブル。消化後、ピットに移動してきたところ

 他チームもコースアウトするマシンが出るなど、1日目はセーフティーカーが連続出動する波乱の日となり、最終的にセーフティーカーが抜けた時点で残されたのは最終ラップのみという展開になりました。

 レース後、マシンの整備が行われている特設ピットを訪れてみると、チーム和歌山はトラブルの原因を探っているところでした。幸いなことにドライバーは怪我なく無事とのことで一安心。

ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット 特設ピットに運び込まれたチーム和歌山のランボルギーニ
ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット 総動員で原因解明、こびりついたピンクの消火剤が痛々しい
ランボルギーニ スーパートロフェオ モータースポーツ 鈴鹿サーキット 他チームも今日の疲れをマシンに残さないために入念なメンテナンスが行われていました

 ピットでは他チームもメンテナンスを行っていて、タイヤやボンネットを外してがっつりと作業している様子をじっくりと見ることができました。めっちゃ無造作にトロフィーが置かれていたのには笑いました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  8. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  9. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……
  10. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 江頭2:50、憧れの女性に一世一代の大勝負 熱意こもった“告白”に「涙出た」「感情が崩壊しそう」
  2. 江頭2:50 憧れの女性と念願デートも、緊張のあまり“ガチガチ”の“デレデレ”になってしまう「こんなエガちゃん見たことない」
  3. 上白石萌音、「カムカム」悲劇の展開後に“未来に向けた言葉”を届ける 娘・るいを抱いて「どうか見守っていてください」
  4. 脳出血の西川史子、田中みな実のお見舞いに感動 “最も嫌いなぶりっ子アナ”もいまや「頼もしい妹分です」
  5. 【Amazonブラックフライデー】セールの目玉商品第2弾を公開 新型「Kindle Paperwhite」が30%オフ
  6. 【Amazonブラックフライデー】初日売れ筋ランキングTOP20 1位は圧倒的大差で「Fire TV Stick 4K Max」
  7. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  8. 木南晴夏、20年前のオーディション写真が初々しすぎ 高校時代の姿に「お宝ショット」「可愛いですね」の声
  9. 「すごく気に入ってます!」 ワンオクRyota、4歳娘の描いた似顔絵を“タトゥー”に 著名アーティストからも「いいね!」
  10. 松雪泰子、20歳息子からの久々“ママ呼び”に「いつぶりかしら……」と感慨 49歳誕生日にケーキとメッセージ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」