コラム
» 2018年07月15日 21時00分 公開

地味だけど意外と効くライフハック:“名もなき家事”の代表格「ストック補充」問題を解決する方法

アマゾンダッシュボタンを押してみよう……ポチッとな。

[ねとらぼ]

 「名もなき家事」というものが、以前ネットやTVで話題になりました。「料理」「洗濯」「ごみ捨て」といった“名前のついている”家事以外の、こまごまとした、けれどやらないとじわじわと生活が回らなくなっていく家事のことです。

 そんな名もなき家事の筆頭として挙がるのが、「ストックの補充(管理)」でしょう。「あ〜、ティッシュ切れてる」「しまった、洗剤がもうない」「どうしよう……トイレットペーパーが尽きている……」など、ストックがないときの絶望感とめんどくささはものすごい。さらに誰かと住んでいる場合、「自分ばかりがストックの補充に気を使っている」と気付いてしまったとたん、なかなか消えないイライラの火種にもなりえます。

かなり面倒な「ストック補充」

 しかも気付かない人は本当にいつも気付けないのが、ストック補充問題の難しいところ(ちなみに記者は気付きにくいタイプです)。「努力する」「注意力を鍛える」以外で、ストック補充問題を解決できないか。2歳の子どもをシングルで育てつつ、フリー広報として働く青柳まさみさんに、ITを使ったライフハックを教えてもらいました。

アマゾンダッシュボタンを使ったライフハック

 ストック問題を解決するライフハックは、「Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)」を使うというもの。

 アマゾンダッシュボタンとは、通販サイトAmazon.co.jpが提供する「ワンプッシュでお気に入りの商品を簡単に注文できる」ボタン。Wi-Fiと接続してAmazonアカウントとひもづけることで、飲料、食料、ベビー用品、ドラッグストア用品などを“ボタンを押すだけ”で注文できます。

アマゾンダッシュボタン(7月15日現在、Amazonプライムセールの影響でちょっとお安くなっています)

 ポイントは、そのアマゾンダッシュボタンを、ストックを切らしたくないものの“底に入れる”こと。「なくなってくるとボタンが見えるので、ポチッとしておきます。そうすると勝手に届くので、未来感がヤバいですよ」(青柳さん)。

アマゾンダッシュボタンを“底に入れる”実践例

 そもそもストックの補充が面倒なのは、「気付く」と「買いに行く」という2つのプロセスがあるから。「ストックが切れる」と心の中で思ったなら、そのとき既に行動が終わっている状態になってれば、名もなき家事の負担も減るかもしれません。今回教えてもらった例は洗剤でしたが、トイレットペーパーやティッシュペーパー、おむつ、生理用品などにも活用できそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた