ニュース
» 2018年07月16日 21時00分 公開

Twitterに投稿された怪談「ちょっと変な話」に背筋ゾワッとする人続出 あの日出会ったのは未来の自分……?NMR ねとらぼミステリー調査班(1/3 ページ)

夏の夜に背筋がゾワ〜ッとするお話。

[Kikka,ねとらぼ]

 Twitterへ投稿された「ちょっと変な話」に背筋がゾワッとする人が続出しています。あの日出会ったのは未来の自分だったのか、それとも……。

 話題になっているのは、コスプレイヤーとして活動するヒーローになるももお(@momo_066J)さんが投稿した「ちょっと変な話」。短期間で10万もの“いいね”を獲得しています。

 小学生のころ、身体が小さかったためにランドセルが合わず、リュックサックを使って登校していたというももおさん。その青いリュックサックにはディズニーリゾートで購入した革製の名前入りキーホルダーが付けられていました。


怪談 怖い話 怪奇現象 革製のキーホルダーのイメージ。当時とはデザインが変わっているようですが、オリジナルの名前を入れられるタイプとのこと(東京ディズニーリゾート公式サイトより)

 ある日、小学生のももおさんが“練り消し”を購入するために地元に文具店に立ち寄った際、カラフルな帽子をかぶったお兄さんがレジに並んでいるのが目にとまりました。というのもそのお兄さんはももおさんと同じキーホルダーを付けており、刻まれた名前がももおさんと同じ名前だったからです。しかし、ももおさんの本名は珍しい名前ではなかったため、気にもとめず練り消しを買ってお店を後にしたそうです。

 それから時がたって現在、最近になって家の片付けをしていたら例のキーホルダーが出てきたため懐かしくなり、車の鍵に付けたももおさん。2018年7月11日の夕方ごろ、夜勤前に偶然文具店を訪れました。あの小学校のころに訪れた文具店にです。

 仕事で使う“ふせん”を持ってレジに並んでいると、小学生ぐらいの男の子が入ってきました。青いリュックを背負ったその小学生を見ても何も思わなかったももおさんですが、お店を出るときになって気付いてしまいました。その子のリュックサックに、自分と同じ革製のキーホルダーがついていることに……。

 さらに自分が今、MARVELのカラフルな帽子をかぶっていることを思い出し、過去の記憶との数々の合致点にぞわっとしたというももおさんは、「多分僕は今この子に干渉してはいけない」と瞬時に判断し、急いで店から離れたそうです。

 “過去の僕に会ってしまった。その前に過去の僕は未来の僕に会っていた”――この数奇な出来事についてももおさんは、「僕がタイムトラベルしてしまったのか、その時だけ時間軸が重なってしまったのか、その文房具屋の時空が歪んでしまっているのか、はたまた奇跡的な一致をした偶然の出会いだったのか。なにも分からないけど、あの時もし僕がその小学生に話しかけていたらと考えると、得体の知れない恐怖に包まれる」と締めくくりました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1907/29/news103.jpg 秋吉久美子、亡き息子の誕生日に思いをつづる 「二人は常に連なって一緒に生きている」
  2. /nl/articles/2104/12/news014.jpg 柴犬たちもソーシャルディスタンスばっちり……! 絶妙な距離感で並ぶ柴犬親子が面白かわいい
  3. /nl/articles/2104/12/news075.jpg 「3時のヒロイン」ゆめっち、メイクのビフォーアフターに驚きの声 「ライザップのCMくらいの衝撃」「違う人かと思った…!」
  4. /nl/articles/2104/12/news077.jpg 「カブトボーグ」がJ:COMの無料チャンネルでまさかの再放送! 「次回予告がウソ」「ヒロインが週替わり」数々の伝説残したカオスアニメ
  5. /nl/articles/2104/12/news128.jpg 元“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学入学で10年ぶりの黒髪に 母ちいめろは校則に苦言も、本人は「そんなに違和感がなくてびっくり」
  6. /nl/articles/2010/05/news063.jpg 第2子妊娠の浜崎あゆみ、42歳バースデーで華やかな豪邸披露 「幸せの形は人それぞれ」と私生活に持論 
  7. /nl/articles/2104/11/news006.jpg 仕事中でも注意散漫、集団行動ができない「発達障害」な漫画家の通院体験漫画『なおりはしないが、ましになる』
  8. /nl/articles/2104/12/news022.jpg 尿意を限界突破しながら我が子のピンチを救う漫画 お散歩アクシデントを跳ね飛ばす母の愛に感動&爆笑
  9. /nl/articles/2104/11/news007.jpg 在宅ワーク中、猫たちがPC前を占拠して…… 「残業は禁止ニャ!」と訴える元保護猫の姉妹がかわいい
  10. /nl/articles/2104/12/news033.jpg 桜玉吉『伊豆漫玉エレジー』が本日発売、還暦を迎えた玉吉先生と担当のプチ対談をお届け 「お元気ですか?」「元気じゃないよ(笑)」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声