調査リポート
» 2018年07月17日 16時37分 公開

15〜24歳女性の6割が「自分はヲタ」と自覚 1年に使っている金額は?

多い? 少ない?

[ねとらぼ]

 若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.」は7月17日、15〜24歳の女性の「ヲタ活」のトレンド調査結果を発表しました。調査では、「ヲタ(オタク)」を「ファンであること」「お金や時間をたくさん費やしているもの」と定義。「ヲタ活(オタク活動)」はその活動全般を指します。若者のヲタ活状況はどのようなものでしょうか。

 調査は、全国を対象にしたスマートフォンによるアンケート(全国女子/有効回答数400件)と、ファッションビル「SHIBUYA109」(東京都渋谷区)館内で実施したアンケート(SHIBUYA109調査/同100件)の結果を比較したもの。どちらで行った調査でも、約7割が「ヲタ」を自覚するという結果になりました。ヲタはマジョリティー。

「ヲタ」自認は7割

 ヲタ活をする対象は、全国調査では「アニメ・漫画・ゲーム」「日本の男性アイドル・有名人」「日本のバンド/アーティストなどの音楽」がトップ3に。SHIBUYA109調査では順位が入れ替わり、「日本の男性アイドル・有名人」「海外の男性アイドル・有名人」「日本のバンド/アーティストなどの音楽」が並びました。中でもK-POPアーティストの人気が高かったといいます。

ヲタ活をする対象

 ヲタ活に使う時間は、全国調査・SHIBUYA109調査ともに「ほぼ毎日」が6割。年間に使っているお金は、全国調査とSHIBUYA109調査で少し差が出る結果になりました。全国調査は「5000円未満」(17.3%)、「3万〜5万円」(15.2%)、「1万〜2万円」「2万〜3万円」(14.1%)だったのに対し、SHIBUYA109調査では「3万〜5万円」(16.9%)、「2万〜3万円」「15万円以上」(13.0%)でした。

ヲタ活に使う時間
1年でヲタ活に使っているお金

 ヲタ活のためにやっていることは、「商品を買う」「Twitterで情報収集する」などが上位に。SHIBUYA109調査では、「イベントに行く」「Instagramで情報収集する」「ファンクラブに入会する」などの回答が全国調査と比べて多くなりました。この差は、実際にライブや各“推し”からの情報発信がありそうなアイドルやアーティストなどのヲタ活をしている女子が多かったからかもしれません。

ヲタ活のためにやっていること

 全国調査は6月23日、SHIBUYA109調査は6月23〜24日に実施しています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響