ニュース
» 2018年07月17日 17時43分 公開

米国のNintendo Labo創作コンテスト アコーディオンやコインを入れて遊ぶ筐体など力作が入賞

豊かな発想に脱帽。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 米任天堂が開催していた「Nintendo Labo」の作品コンテスト、「Nintendo Labo Creators Contest」の結果が発表されました。「オリジナルの発明」部門では、アコーディオンや、アーケードゲームのようにコインを入れて遊ぶ筐体などが表彰されています。

穴をふさいで光を遮ると音が鳴るアコーディオン
クリアすると景品が出てくる、駄菓子屋によくあるようなゲーム筐体
お客のオーダーに合わせてお茶を注ぐ、ティーポット型コントローラーで遊ぶゲーム

アコーディオン 自作の箱とNintendo Switchの組み合わせで作られたアコーディオン

 アコーディオンは、段ボール製の箱2つを紙のジャバラでつないで作ったもの。片方にはNintendo Switch本体が挿入され、もう片方には鍵盤代わりに穴が開けられています。指で穴をふさぐと、内蔵されたJoy-ConのIRカメラが光の遮断を検知し、音を鳴らす仕組みがユニーク。本体のタッチパネルは、音色を変えるボタンとして機能します。


鍵盤 指で光を遮ると音が鳴る

タッチパネル タッチパネルで音色を変更

 「Don't Break The Line!」は、25セント硬貨を入れると遊べるゲーム筐体。画面左から押し寄せる光のラインを、右側のツマミを上下して受け止めるアナログ操作が楽しい一品です。クリアすると筐体から景品のキャンディーが出てくるしかけもあって、駄菓子屋のようでまた楽しい。


筐体 駄菓子屋のアナログゲームのような筐体

コイン 25セント硬貨を投入

操作 タッチパネルを使うのはゲームスタートのときだけ。ツマミを上下して操作します

景品 ノーミスで最後まで行くと、右からキャンディーがジャラジャラ〜

 「Labo Tea Time」は、客のオーダーに合わせてお茶を提供するオリジナルゲーム。自作のティーポット型コントローラーのフタを開けるとお茶を補給でき、傾けると注げます。4種類のポットは中身も別々で、注文通りに提供するのが大変そう。


ポット 4種類のポット型コントローラーを製作

チャージ注ぐ フタを開けてお茶を補充し、傾けて提供。すると画面に反映されます

ソロプレイ 注文への対応が忙しそう

マルチプレイ 手分けして遊ぶのもアリ

 既存のToy-Conをデコレーションする部門では、ピアノを「ゼルダの伝説」風に演出した「The Legend of Music」、機能をアレンジする部門では、ピアノを目覚まし時計に改造した「Analog Clock with Alarm」など、各3作品が入賞。どれも豊かな発想に驚かされるものばかりです。なお、同様のコンテストは、日本でも「#ラボ作品 コンテスト」として、7月19日から8月26日まで開催されます。

ピアノがマスターソードの台座風に
こちらではアナログ表示の目覚まし時計に

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」