ニュース
» 2018年07月19日 17時50分 公開

ゲリラ豪雨は8月中旬に集中 西日本では最大で昨年比2.4倍発生する地域も

7月中旬から8月中旬だけで、全体の7割が発生するとの予想。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2018年の「ゲリラ豪雨傾向」をウェザーニューズが発表しました。ゲリラ豪雨は7〜9月に全国で3852回起こり、全体の7割が7月中旬から8月中旬に発生する予想です。


全国 2018年のゲリラ豪雨予想発生回数。北九州と山陽地方、近畿に多い傾向がみられる

 全体の回数は過去4年平均の9割で、発生の少なかった2017年とほぼ同程度です。しかし西日本では過去よりも増加する地域が多く、徳島県では2017年比で2.4倍、過去4年平均比では2.7倍と予想されています。

 また、広島県では156回、福岡県や京阪神では200回以上発生する見通しです。7月上旬の大雨災害で被災したエリアでは、通常より少ない雨量でも浸水や土砂崩れにつながるケースがあるため、自治体情報を随時確認するなどの注意が必要です。


昨年比 2017年との比較。島根・徳島・和歌山では2倍以上となっている

過去4年平均比 過去4年平均比でも同様の傾向が

 ゲリラ豪雨が西日本で多く発生する一因は、太平洋高気圧が平年よりもやや北に強く張り出す傾向があるため。高気圧の縁にあたる西日本では湿った空気が流れ込みやすく、大気が不安定になります。一方、高気圧に覆われやすい東日本では、ゲリラ豪雨の多発は比較的起こらないとの予想です。低気圧や前線の影響を受けやすい北海道でも、発生回数は少なくなるとみられています。


発生パターン 西日本に集中する要因を示す図

 時期別に全国の発生回数を見ていくと、8月上旬までは湿った空気の影響を受け、ゲリラ豪雨が発生しやすくなるとのこと。ピークとなる7月下旬〜8月上旬は各地の花火大会開催時期でもあり、今シーズンも天候の急変による開催中止が懸念されます。


時期別 ゲリラ豪雨は8月中旬をピークに減少していき、季節は秋へ向かう

 8月中旬から9月上旬になると、太平洋高気圧にしっかりと覆われるため、東・北日本を中心に発生回数は比較的少なくなる見込み。9月中旬には台風や低気圧、前線の影響を受けやすくなり、シーズン後半になるにつれてゲリラ豪雨も終息に向かうと見られます。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する