ニュース
» 2018年07月20日 19時18分 公開

歴史資料館でなぜゲーム展? 城陽市歴史民俗資料館で「CONTINUE 〜“ゲーム”90年の歴史〜」開催中

城陽市歴史民俗資料館にて、9月2日まで開催。盛況ぶりを取材しました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 京都府の城陽市歴史民俗資料館が、夏期特別展「CONTINUE 〜“ゲーム”90年の歴史〜」を7月7日から催しており、連日人気となっています。ゲームの展示会は近年増えていますが、公営の歴史資料館で開催されるとは珍しい。


チラシ

詳細 アナログ・デジタルを問わず多岐に渡るゲームを展示

 ファミコンからNintendo Switchに至るまでの任天堂製品や、SG-1000からドリームキャストまでのセガ製品、プレイステーションやXboxなど、同館所蔵の家庭用ゲーム機を中心に展示。テレビテニスやオデッセイといった黎明(れいめい)期の機種や、スペースインベーダーなどのアーケード筐体もそろっています。


コンシューマ 歴代の家庭用ゲーム機がずらり

黎明期 黎明期の家庭用ゲーム機

オデッセイ オデッセイなど、ファミコン以前の機種も多数

スタンドアップ筐体 「スペースインベーダー」などのアーケードゲーム筐体も

VS スペースインベーダーやVS.システムなど、なつかしのアーケード筐体

オリジナル オリジナルゲームの展示も

ボールボール ゲーム&ウォッチの「ボール」をベースにした手製筐体

 野球盤や黒ひげ危機一髪など、アナログゲームも豊富。さらに1980年代から発行されているゲーム専門誌や攻略本もと、盛りだくさんの内容となっています。


アナログ ベイブレードや、チクタクバンバンや生き残り頭脳ゲームなど、新旧のアナログゲームが集合

 開催から約2週間、会場は盛況と聞き、編集部は同館を取材しました。ゲームの展示は開館から約30年で初となる試みで、行政がゲームの展示を扱うのは全国的に見てもかなり珍しいとのことです。

 きっかけは2008年開催の、昭和初期〜末期の玩具を扱った「昭和のおもちゃと子どもの遊び」展。このとき城陽市最後の玩具店から寄贈された資料の中に、ファミコンやスーパーファミコン、プレイステーションがあり、今回はその続きという主旨で、「おもちゃからゲームへと遊びの文化は変化した」をテーマに企画したのだそうです。

 展示の背景には、アニメやゲーム、漫画を保存し残していこうとする文化庁の動きもありました。海外では既にゲームの展示会や博物館が実現しており、日本でもゲームの収集・保存・展示で観光客を誘致できないかといった意図も込められているそうです。

 開催後の会場は平日でもにぎわいを見せ、9日間で760人・1日平均80人以上と、普段の3倍ほどの来場者があったとのこと。プレイ経験のあるゲーム機を見た人は懐かしい表情で思い出を語り、世界で20台しか現存していないような、未知の機種に感激する人も多いそうです。リピーターも多く、また開催してほしいとの意見もあるとのことでした。

 同展示会は9月2日まで開催(月曜日および8月14日は休館)。入館料は大人200円、小中学生100円となっています(市内在住の小中学生や65歳以上、身障者手帳等の所持者は無料)。また、8月26日には同館のある文化パルク城陽で、立命館大学ゲーム研究センター長・上村雅之氏の講演会が関連事業として催されます。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」