ニュース
» 2018年07月21日 14時12分 公開

猛暑対策展:当初の名前案は“タマクール” 股間ひんやり「ズボンクール」は世の男性の救世主となるか

股間の冷却は男性にとって死活問題ですからね……。

[戸津弘貴,ねとらぼ]

 7月18日から20日にかけ、東京ビッグサイトで開催された「第4回猛暑対策展」。会場で見つけた、ちょっと変わった冷却アイテム「ズボンクール」を紹介します。



 製造元の昭和商会は、ヘルメットやジャケットなどに後付けできる空調ファンを製造、販売している会社。「ズボンクール」もそのラインアップとなります。


ズボンクール これだけだと一見どうやって使うのか分かりませんが……

 USBケーブルが付いたファンにゴム製のノズル(?)がくっついた形状で、モバイルバッテリーを接続するとファンが回転するシンプル設計。風が吹き出すノズルをのぞきながら「どう使うんだろう?」と眺めていたら、ブースの人が「こう使うんですよ!」とグイっと自分のズボンに送風ノズルを突っ込みました。差し込まれたノズルの先端はちょうど股間のあたりに位置し、いわゆる男性の急所を冷やしてくれるのです。


ズボンクール 股間に風が当たるように、ズボンに突っ込んで使用

 股間の温度が高いままだと、男性機能に影響があるという研究結果もあるので、股間エリアの通気性や冷却は男性にとって死活問題といえるでしょう。股間に吹き込む風は力強く、大事なところをしっかり冷やしてくれます。


ズボンクール 実際はこのへんから風が出ています(赤線は編集部によるもの)

 空気は足にそってズボンの裾から流れ出ますが、くすぐったいような気持ち良いような不思議な感覚。歩き回ったため汗でズボンが足にまとわりついてましたが、吹き込まれた空気によってベトつきが解消され快適になりました。惜しむらくは両足に空気が流れるようにポジションを探ると、かなり微妙な配置になってしまうことでしょうか……。

 そんな「ズボンクール」ですが、もともと社長が“タマクール”と名付けようとしたところ、社員全員から「それだけはやめてくれ!」と懇願されて「ズボンクール」という名称に落ち着いたとのこと。

 市場価格は5000円前後で、Amazon.co.jpでも販売中。ズボンにはさむだけと手軽なうえ、モバイルバッテリーで動作するので余計なコストもかからないのがうれしいですね。



ズボンクール 以外に、というかかなり実用的なのでは……?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン