ニュース
» 2018年07月21日 21時00分 公開

なぜ人類は性欲にあふれた「クソLINE」を送ってしまうのか? (1/3)

キーワードは「23時」。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 「今から会える?」「エッチしよう!」――さして親しくもない相手から、深夜(あるいは白昼堂々)と送られるクソなLINE。そんな「クソLINE」を研究するイベント「クソLINE研究所〜男たちはなぜ性欲LINEを送ってしまうのか〜」が7月6日、Naked Loft(東京都新宿区)で開催されました。

 主催は恋バナ収集ユニット桃山商事。2001年からさまざまな女性の恋愛相談に乗っていて、それをコラムやラジオで紹介するという活動を行っています。

 活動の中で自然と集まってきたのが、主に男性から女性へと送られてくるクソなメッセージ。メール、チャットツール、LINE……と姿を変えながらも増えていくそれらの文章を、“お焚き上げ”しつつ集め続けておよそ8年。今回のイベント開催に至ったといいます。

 今回の鑑賞イベントには、清田代表、森田専務、桃山商事唯一の女性メンバーワッコ係長の3人が参戦。「なかなか味の濃いものが集まりました」(清田代表)と語ります。

 桃山商事によると、クソLINEのポイントは6つ。(1)唐突な誘い、(2)「笑」の乱用、(3)無理のある時間帯、(4)相手側からの反射的な気遣い、(5)謎の「上から目線」や驚くほどの厚かましさ、(6)「勃起み」あふれるキモいひと言――。

 相手がどうメッセージを受け取っているのか理解しない、距離感を見誤ったディスコミュニケーションはなぜ発生してしまうのか。自分が“加害側”にならないようにするためには、どんなことに気を付ければいいのでしょうか。

 イベントで紹介され、客席から悲鳴をもって受け入れられたさまざまなクソLINEをねとらぼでもご紹介します。

「クソLINE」6つのポイント

※記事内のメッセージはイベントで紹介された内容をもとに編集部で加工しています

Uさん(27歳)/会社の先輩に連れられて行ったホームパーティーで知り合った商社マンから届いたクソLINE

商社マンからのクソLINE

男性:今からって時間ないよね?笑

女性:もーお風呂入ったわ!笑

男性:ですよね笑 言ってくれたら一緒にお風呂入りにいったのに笑

女性:気をつけてお帰りを〜(顔文字)

男性:おっけー(笑顔の顔文字) 了解!いつか家で休憩させてね笑 横になれれば廊下でも良いので笑

ワッコ: これはもう「クソLINE」の“教科書”ですね。

清田: なんとかオブラートに包もうとしているけど、言いたいことはとにかく「ヤリたい」ということだよね?

森田: クソLINEの特徴のひとつは「密室に入って1対1になりたがる」ということ。気になるのは最後の返事。「おっけー」と「了解」、全く同じことを言っていますよね? この「おっけー」は下半身の別人格がしゃべっていて、「了解」の方は脳みそが話している……つまり2人いるとしか考えられません。

清田: 頭と体が乖離している……。

Aさん(29歳)/「企画会議しましょう」とお茶に誘われた仕事相手からのクソLINE

仕事相手からのクソLINE

女性:(予定変更依頼のメッセージ)

男性:構いませんよ! 何する予定でしたっけ? エッチ? のみ? お茶?

女性:お茶って言ってましたよ!!!笑

男性:エッチでもいいですよ!!!笑

女性:全然よくないです〜

男性:それは残念だ!

男性:エッチきらいなんでしたっけ?

女性:ごめんなさい本当にそんなつもりじゃなかった

男性:いえいえ

(中略)

男性:エッチはしなくて大丈夫です(顔文字)

ワッコ: 女性側の「笑」とか「ごめんなさい」は、優しさの表れですよね……。

森田: 「エッチはしなくて大丈夫です」、すごい日本語だよね。

清田: 顔文字も怖い。よく見るとヤバい目をしている気がする。

Hさん(29歳)/仕事で一度しか会ったことのない人から来るクソLINE

仕事で一度しか会ったことのない人のクソLINE

男性:(23時台に届く「会いたい」LINEの嵐)

女性:なんでそんなに会いたがってるのかわかりません笑

男性:頑張り屋さんで仕事へのスタンスとか普通に尊敬する しかもかわいいしおっぱいすごい大きいし、この人とエッチしなかったら後悔するもん

(女性側の既読スルー、日付が変わって1日後に)

男性:休日出勤してまーーす

ワッコ: 23時台はゴールデンタイムですね。クソLINEが増えてくる。

森田: 日付が変わったあとに見られるのは、クソLINEあるあるの「リセット感」。次の日ちょっと送った内容に後悔して、あたかも何もなかったかのようなコメントを送って取り繕うんです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた