連載
» 2018年07月25日 08時20分 公開

フットワーク軽く仕事をするための厳選“神器”! フリーイラストレーターますぶちみなこさんのかばんの中身あの人のかばんの中身は?

仕事場は「自宅」だけじゃない。

[かばんの中身,ねとらぼ]

 普段はかばんの中に隠れていて見えない、あの人の「かばんの中身」。性格や生き方をズバリ反映しているものや、「そんなグッズ持ってるの!?」と意外に思えるものが飛び出してくるかもしれません。

 かわいい猫と一緒に暮らしながら、フリーランスのイラストレーター、ディレクター、ライターとして活動するますぶちみなこさんに、かばんの中身を教えてもらいました。


ますぶちみなこ

1984年神奈川育ちのフリーランス。イラストレーターを中心に、幅広く活動しています。現在はクリエイティブディレクターとライターなども。気分によって場所を変えて仕事することが多いです。



ますぶちみなこさんのかばんの中身は?

ますぶちみなこさんのかばんの中身
  • MacBook12インチ
  • iPad Pro10.5インチ
  • Apple Pencil
  • カメラ(FUJIFILM x100f)
  • iPhone7
  • キーケース
  • モバイルバッテリー
  • 財布
  • お薬ポーチ
  • 充電器などまとめポーチ
  • 名刺入れなどお仕事ポーチ
  • 英語学習の本
  • タオル

 かばんの中身を全部出して並べていたら、うちの愛猫が踏んでいきました。でも気にしない、むしろかわいい(親バカ)。自分では荷物がとても多い方だと思っていたのですが、取り出して並べてみると案外少ない感じがしますね。

 バッグなどはシンプルにして中にかわいいものを詰め込むのが好きです。持ち物としては、これに加えてiPhone 7とキーケースを持っています。ただいつもデニムを履いているので、お尻のポケットに入れています。

お仕事セット3種

お仕事の“3種の神器”

 iPad Pro(10.5インチ)、MacBook(12インチ)、富士フイルムのx100f――これが私のお仕事セット3種です。いろいろと紆余曲折がありましたが、だんだん内容がブラッシュアップされてきて、現在は“3種の神器”になりつつあります。

 自宅のiMac+Wacomのペンタブレットでしかイラストの作業ができなかったころは、気分転換に外で仕事することができませんでした。それがiPad ProとApple Pencilを導入したことで、どこでもイラストが描けるようになるという革命が起きました! 「#食べレコ」「#iPad芸人」などのハッシュタグをつけて、食べたイラストに手書き文字を描きこんで楽しんだり、議事録を手書きでとったりもしています。

 とはいえPCと全く同じようには使えず、ライティングなどには困ることもあったので、MacBook(12インチ)を買いました。重さは1キロに届かないくらいなので、持ち運びにピッタリ。iPadとPCの2つをいつも抱え、フットワーク軽くあちこちで仕事しています。

 カメラは富士フイルムのx100f。かわいさを狙いすぎていない、「硬派カワイイ」感じと、アナログな見た目にほれ込んで買いました。ブログのアイキャッチに使う写真を撮ったりしています。

金運が上がりそう? ツモリチサトの財布

ツモリチサトの長財布

 お財布は5年ほど愛用している「ツモリチサト」の長財布。キラキラしたしずくのデザインがかわいくて、一生使いたいと思ってるくらい気に入ってます! 色は(ちょっとあせてきてしまったのですが)金運が上がりそうなゴールド。でも今のところその効果は感じていません……(悲しい)。

必携の3つのポーチ

ジャンル別にまとめた3つのポーチ

 小物がバラバラしないよう、ポーチにジャンル別でまとめています。猫のプリントがしてある2つのポーチは、自分でイラストを描いて実際に販売しているオリジナルグッズ。自分でも使っていると使いやすさや改善点が見えてきます。

 仕事柄欠かせないコード類や端子などは、スターウォーズのかわいい絵本柄のポーチにまとめています。企業やイベントで講義をする機会もあるので、プロジェクターと接続する部品なども常備しています。

 横長な猫のポーチには、常用している薬や、頭痛薬、目薬などを入れています。社会人は健康第一……!

お仕事の交流グッズが入ったポーチ

 小さな巾着ポーチには、お仕事の交流グッズが入っています。名刺入れやボールペン、あとシャネルのリップと小さな鏡。リップをきれいに塗っているとそれだけでも印象が違うと思っているので、打ち合わせなどの前にもささっと塗れるよう必ず持ち歩いています。名刺入れは新卒のときに無印で買った革製のものを今でも愛用。いい味が出てきました。いつどこでつながりができるか分からないので、名刺も切らさないようにしています!

紙で読みたい本を持ち歩き

英語学習の本や小説を持ち歩き

 本は最近ほとんどiPad ProにKindleを入れて読んでいるのですが、紙で読みたい英語学習の本や小説を1〜2冊持ち歩いています。今日は英文法の本を入れていました。ボールペンでアンダーラインを引いたりして、覚えやすいようにしています。右上にちらっとのぞく猫のブックマークがポイント(かわいい)。

off tocoのリュックサック

使いやすいリュックにイン

 これらを全て入れているのが、ELECOMのブランド「off toco」のリュックサック。カメラを日常的に持ち運ぶ人に向けて作られたバッグで、下半分がカメラスペースになっていてレンズなどが入れられるようになっています。サイドポケットからさっと取り出せるので、リュックをいったん下ろしてごそごそする必要がなくて、とっても使いやすくて気に入っています。

 もともとは学生時代からずっとトートバッグ派で、リュックはほとんど使ったことがありませんでした。でも重いカバンを右だけで持っていたためか、体のゆがみが気になるように……。リュックにしてから少しでも健康にフットワーク軽くお仕事できればなと思っています!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/30/news137.jpg 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」
  2. /nl/articles/2107/29/news111.jpg おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  3. /nl/articles/2107/29/news086.jpg 小5娘「ランドセル壊れちゃった!!」→メーカーに修理に出すと…… 子どもの気持ちに寄りそう「神対応」を描いた漫画に心が温まる
  4. /nl/articles/2107/29/news013.jpg おばあちゃんと散歩するワンコ、よく見ると…… かしこ過ぎるイッヌに「どっちが散歩されてる?」「愛と信頼ですね」の声
  5. /nl/articles/2107/30/news022.jpg 中年の「何しにこの部屋来たんだっけ?」発生条件を突き止めた漫画にあるあるの声 “忘却”はこうして起きていた……?
  6. /nl/articles/2107/29/news044.jpg 3歳娘「カレーが食べたい」にこたえて作ったのに…… あまのじゃくな娘に“大人になること”を学ぶ漫画が考えさせられる
  7. /nl/articles/2107/29/news030.jpg 定価で買った商品が半額になってショック!→娘「ママは値段を理由にそれ買ったの?」 子どもの一言にハッとさせられる漫画
  8. /nl/articles/1902/18/news125.jpg 「誰も消防車を呼んでいないのである!」漫画の作者自ら“消防車が来ない話”としてTwitterに公開 「元ネタ初めて見た」
  9. /nl/articles/2107/28/news135.jpg 波田陽区、そっくりな卓球・水谷隼選手の金メダル獲得で仕事激増 「拙者、これで家賃払えそうですからー!」
  10. /nl/articles/2107/28/news123.jpg 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」