ニュース
» 2018年07月25日 07時30分 公開

間が悪すぎて「好きです!」が届かない…… 告白に失敗し続ける漫画の結末が予想外でかわいい

告白できないように見えない何かの力が働いているとしか思えない。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 好きな人に告白しようとしたら、車や電車の音に阻まれてなかなか告白を聞いてもらえない――そんな漫画「告白失敗」がかわいくて応援したくなると好評です。

 一緒に信号待ちをしていた山崎さんと瀬戸さん。山崎さんは瀬戸さんに告白しようとしていました。緊張の中「瀬戸さん」と声をかけ「好きです!」と言った途端、車が「ブロロロ……」と大きな音を立てて目の前を走っていきます。当然その声はかき消されてしまい、瀬戸さんの耳に告白は届いていませんでした。せっかく勇気を出したのに……!

310 サトー 告白 不運の始まりはここから

 公園でもう一度チャレンジしようとすると、今度は子どもの大きな声に邪魔されてしまいます。その次は市役所の防災スピーカーの音、そのまた次は電車の音と、何度告白しようとしても何かに邪魔されてしまいます。こんなにもタイミングが重なるなんて……。

310 サトー 告白 障害が多すぎる!

 ようやく静かで周りに誰もいない広場へ来たので、またまたチャレンジ。意を決して「せ、瀬戸さん。あの……」と声をかけたところ、瀬戸さんが「山崎さん」と話しかけてきます。

310 サトー 告白 ついに告白できるのか……!?

 「俺、山崎さんが好きなんだけど。付き合ってもらえませんか?」と、まさかの瀬戸さんからの告白。しかし突然のことで気が動転してしまったのか、自分から告白できなかったことがショックだったのか、山崎さんは「何でみんな告白邪魔するの!?」と半泣きになってしまうのでした。告白はできなかったけど、結果オーライだからいいじゃない、ねっ?

310 サトー 告白 最後の邪魔は瀬戸さんからの告白でした 。後からジワジワ恥ずかしくなりそう

 告白しようと頑張ったり両思いをちゃんと喜ぶことができなかったりする山崎さんを描いた漫画に、読者からは「かわいい」「尊い」などの反響が寄せられています。ある意味では確かに告白失敗だけど、両思いだったことちゃんと気付いてる?

 作者は漫画家の310(サトー)(@namaste310)さん。以前「口下手OL川内さん」でも話題になりました(関連記事)。現在「アラサーだけど、初恋です。」と「14歳でも幸せにします!」をガンガンpixivで連載中です。

画像提供:310(サトー)(@namaste310)さん

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐