ニュース
» 2018年07月24日 20時10分 公開

「東京五輪ドーピング検査員5000人の給与がタダ」というデマが拡散 組織委員会に聞いた

タダかどうかは未定とのこと。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 「東京五輪のドーピング検査員5000人の給与がタダ」であるといった情報がインターネット掲示板やSNSなどで、7月20日ごろから拡散されています。結論からいうと、ドーピング検査員の人員は約500人で、謝礼が発生するかどうかは未定です。事実関係を東京2020組織委員会に取材しました。

「東京五輪ドーピング検査員5000人の給与がタダ」はデマ 組織委員会に聞いた デマの元になった画像

 現在特に拡散されているツイートは、「ドーピング検査員の報酬が無料なのは、選手側からの賄賂で埋め合わせをするということだろう」というような内容で、23日21時の時点で1万7000回以上RTされています。

 当該ツイート主は情報の参照元として「職務内容:ドーピング検査補助」「必須条件:薬剤師資格、スポーツファーマシスト」「募集人数:5000人」「時給:0円」などの“求人票”画像を挙げています。ところが、参照元のツイートをよく見ると、そちらのツイート主はそもそも問題の“求人票”が匿名掲示板5ちゃんねる上に貼られた不正確な情報であり、“ホンモノ”の募集要項は別にあることを認めていました。

 問題の5ちゃんねるのスレッドやツイートは、既に「ガールズちゃんねる」「マジ卍速報」「Share News Japan」「マネー速報」「まとめまとめ」など、複数のまとめサイトで記事化され、拡散されています。


 では2人目のツイート主が“ホンモノ”として挙げた募集要項はどのようなものだったのでしょうか。

「選手村総合診療所」の募集条件

【勤務体制】

 24時間3交代勤務を想定。

【必要となる薬剤師数】

 1人10日勤務とした場合の実人数は36名。

【協力者の要件】

 1. (公財)日本アンチ・ドーピング機構(JADA)認定の公認スポーツファーマシストである(平成30年4月に認定見込みの方も含む)

 2. 開設期間中に10日間程度勤務可能である(連続でなくても可)

 3. 英語で服薬指導が出来る。

 4. 病院・診療所での勤務経験(注射薬・輸液当の取扱いの経験)があることが望ましい。(調査にあたっては、病院・診療所での勤務経験の有無もご回答ください)

【その他】

 報酬お呼び旅費の支給なし。

 宿泊設備の手配なし。

 ユニフォームの支給あり。

朝日新聞DIGITAL 「ブラックすぎ?五輪薬剤師ボランティア 募集条件に批判」より

 こちらは昨年(2017年)10月ごろに取り沙汰された、日本薬剤師会を通じて全国の薬剤師に宛て送られた、「選手村総合診療所」の募集要項。こちらの募集人数は5000人ではなく36人でした。そしてこれはそもそも「選手村総合診療所」の募集要項であり、「ドーピング検査員」の募集要項ではありません

 この条件に対しては、スポーツファーマシストの奥谷元哉さんが「最低3万出さないと人材に見合わない」とブログで声を挙げ、その反響を受けて複数のメディアが記事化。昨年時点で、日本薬剤師会や五輪組織委員会は「条件は検討段階のものであり、今後変更となる可能性がある」とコメントしていました。

 “ホンモノ”と思われた求人票が、ドーピング検査とは無関係だったことまでは分かりました。では、本来の「ドーピング検査員」の募集要項とはどのようなものなのでしょうか?


ドーピング検査員の募集は締切済み

 実際に尿などからドーピングの検査を行うのは、ドーピング・コントロール・オフィサー(DCO)と呼ばれる、専門の講習を受けた専門家です。DCOになるためには認定資格を取得するためだけでも5〜6カ月が必要で、募集は5月1日に締め切られており、やはり「選手村総合診療所」(薬剤師、スポーツファーマシスト)の募集とは異なるものです。

 これまでの下調べの時点で、元のツイートが5ちゃんねるの内容を元にしたデマであることは判明しましたが、念のため東京2020組織委員会に事実確認を行いました。


組織委員会「ボランティアスタッフと勘違いされた可能性がある」

――東京オリンピックでドーピング検査員が5000人、無償で参加するよう呼びかけられているという情報が拡散中です。事実ですか?

広報:事実ではありません。それがどこから出た数字か分かりません……。ボランティアスタッフとドーピング検査員は別です。もしかしたら、「ヘルスケア」という名称で募集しているボランティアスタッフと混同して、拡散されてしまったのかもしれません。ヘルスケアスタッフは4000〜6000人募集しており、選手や観客にけが人が出た場合、医務室への搬送サポートを行います。業務内容にはドーピング検査のサポートも含まれます。

「東京五輪ドーピング検査員5000人の給与がタダ」はデマ 組織委員会に聞いた ボランティアの「ヘルスケア」と勘違いされ拡散された可能性(組織委員会公式サイト「東京2020大会のボランティア活動」より)

――メインの検査を行うDCOのサポート、ということでしょうか。

広報:そうです。ヘルスケアには競技後の選手の移動の誘導役としてサポートをする「シャペロン」という業務も担当してもらいます。実際の検体採取などの検査は、研修を受けたDCOでないと行えません。

――日本アンチ・ドーピング機構(JADA)が公開している「ドーピング・コントロール・オフィサー関連規程」によると、基本的にDCOへの謝礼は1日につき1万4000円、シャペロンへは1日5000円とのことですが、五輪期間中も適用されるのでしょうか?

広報:弊公式サイトのQ&Aにも記載しておりますが、現在組織委員会にて検討中です。

「東京五輪ドーピング検査員5000人の給与がタダ」はデマ 組織委員会に聞いた 通常であれば謝金・交通宿泊費が支払われる(「ドーピング・コントロール・オフィサー関連規程」より/下線強調は編集部によるもの)
「東京五輪ドーピング検査員5000人の給与がタダ」はデマ 組織委員会に聞いた 現在検討中とのこと(組織委員会公式サイト「国際総合大会ドーピング・コントロール・オフィサーになるには」より/下線強調は編集部によるもの)

 ここまで検証してきた内容をまとめると、デマの拡散経緯は以下の3つの募集が混同され、拡散された可能性が高いことが分かります。

  • 「選手村総合診療所(薬剤師・スポーツファーマシスト)」募集人数 約36人
  • 「ボランティア ヘルスケア(DCOをサポートする“シャペロン”を含む)」募集人数 4000〜6000人
  • 「ドーピング・コントロール・オフィサー(DCO)」募集人数 約500人

これらはいずれも交通費・謝金当が出るか検討中であり、未定です。


 最近はさまざまな分野で「やりがい搾取」が問題視されるようになり、五輪のボランティア動員についても、適正な運用になっているのか注視する動きが活発化しています。それ自体は良いことですが、その土台となる情報がデマだったのでは、議論が空転してしまいます。

 勘違いは誰にでも起こり得ることなので、間違いに気付いた際は「RTを取り消す」「訂正する」など、それぞれできる範囲で対応を取っていくことが大切です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」