ニュース
» 2018年07月27日 12時52分 公開

スバリストはこれもチェック スバルの快挙「量産初の乗用AWD」は1972年登場、どんな車種だった?(1/2 ページ)

「SUBARU SUVの進化の系譜」を知ろう。

[agar,ねとらぼ]

 SUBARU(スバル)が、2018年8月3日〜5日まで幕張メッセで開催される「オートモビル カウンシル 2018」に出展します。

新型「フォレスター」 新型「フォレスター」

 オートモビルカウンシルは、最新のクルマだけではなく、歴史的な名車も含めてメーカーや業界の歴史、ブランド固有の魅力なども伝えていくスタイル展開する自動車展示会。SUBARUブースの展示テーマは「SUBARU SUV STORY 〜量産初の乗用AWDをつくった、SUBARU SUVの進化の系譜〜」で、同社が得意とするAWD(All Wheel Drive:総輪駆動)機構を採用したSUV(スポーツタイプ多目的車)の長い歴史を振り返り、現存する貴重な車種や史料を公開します。

初代「フォレスター」 初代「フォレスター」

 出展車両の注目は、1972年発売の「レオーネ4WDエステートバン」、1995年発売の「レガシィ グランドワゴン」、1997年発売の初代フォレスターと2018年9月に発売予定の5代目フォレスターです。

 レオーネ4WDエステートバンは、当時はまだジープのような本格的なクロスカントリー車のものと思われていた四輪駆動を、乗用車に搭載したエポックメイキングな車種でした。現代では1カテゴリーとして確立された「クロスオーバーSUV」の先駆けといえます。そして、ワゴンベースSUVの先駆者となった「レガシィ グランドワゴン」や世界でヒットした初代「フォレスター」などとともに、最新の「新型フォレスター」に至るまで、SUBARUならではの「AWD」の進化の歴史はスバリスト必見の展示になりそうです。

レガシィ グランドワゴン レガシィ グランドワゴン
レオーネ4WDエステートバン レオーネ4WDエステートバン
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声