ファイナルファイトがやりたい少女、ガイルに背中を押された少年 「ハイスコアガール」3話(1/2 ページ)

あの子との戦いはまだ終わっていない。

» 2018年07月28日 01時00分 公開
[たまごまごねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ハイスコアガール (C)Rensuke Oshikiri/SQUARE ENIX

 ゲーセンで燃やした青春があった。ゲーセンで育った恋があった。格ゲーが盛り上がっていた90年代を舞台に、少年少女の成長を描くジュブナイル「ハイスコアガール」(原作アニメは、当時を経験していた人も、そうではないゲーム好きも、そしてかつて子どもだった全ての大人が、共感できる悩みをたくさん練り込んだ作品です。


ハイスコアガール


2人でいたいから

 遊園地に行くことになった、大野とハルオとクラスメイトたち。はみ出し者だと感じている2人がみんなと和気あいあいできるわけもなく、そそくさとゲームコーナーに逃げ込みます。

 と言ってもしょせんは遊園地のゲームコーナー。ストIIは置いているものの、あとはひと世代前のゲームばかり。大野がやりたいと言ったのは、近所の駄菓子屋にも置いてあった、散々やり尽くしたはずの「ファイナルファイト」でした。


ハイスコアガール 遊園地のゲームコーナーって、いつの時代も不思議な立ち位置にある(1巻P132)

 アニメ1話で、雨宿りのついでに大野が「ファイナルファイト」でハイスコアに挑むシーンがあります。彼女のプレイに、協力のつもりで割り込んだのがハルオ。実際は足手まといでしたが。

 誰かと同じ方向を向いて進む、という初めての経験でした。今まで家のしきたりが厳しすぎて、秀才故に孤高の存在になってしまった大野。彼女が魅了されたゲームの世界を、全力で楽しむハルオ。孤独だった大野に、好きなことを全力で楽しんで、息抜きしてもよいのだ、と自らの姿勢で指し示したのは彼です。

 大野はまるで記憶を反すうするかのように、ハルオと「ファイナルファイト」を全クリします(なお「ファイナルファイト」はこの後にも出てくるくらいの重要ゲームです)。


ハイスコアガール 本当に王子様っぽいハルオの気構え(1巻P139)

 みんなが帰った後、2人で遊園地をめぐります。ジェットコースターに乗り、ミラーハウスに入り。大野は遊園地が嫌いなわけじゃない。アトラクションが一回400円。地元でストIIを8回やった方がマシと言いつつ、なんだかんだで一緒に乗るハルオ。怖いのが苦手なのに一緒に乗りたがる大野。

 ハルオ「大野…はしゃいでいるな…表にはあまり出さねーけどなんとなく伝わってくるぜ」

 帰りのバスの中、ハルオの肩に寄りかかった大野。好きだからとか甘えたいからというよりも、安心しているように見えます。


お前の気持ちはそれだけか!?

 大野の気持ちを察することのできる男、自然体で優しくできる男、ハルオ。客観的に見ると、かなり人間のできた子です。彼が大野のことを思いやれるのは、かわいそうだからではなく、リスペクトしているからです。

 ハルオ「アイツの腕を認めざるを得なくて…尊敬した…心意気にほれぼれした…初めて同志ができたと胸も踊った」

 しかし大野はロスに移住。離れ離れになってしまう。

 彼にとっての大野は、友達とかを超越した、魂の戦友みたいなもの。もっともそのスパイスとして「恋愛」があるかどうかは、今の彼にはわかっていません。いくら大野の心を思いやれても、自分の心を見ることはできていない。


ハイスコアガール 心のガイルが囁く(1巻P153)(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

 彼の背中を押したのは、友人でも友達でもなく、ガイル少佐でした。

 「好きなキャラ」が自分と一体化する経験って、ゲーマーなら一度はあると思う。「こんなとき○○はどう考えるだろう」とか。格ゲーは特に、持ちキャラの使用時間が長い上に集中もするため、シンクロ率が高い。キャラに思い入れないよという人でも、ゲームの構造は身にしみつくもの。時間制限とか、音楽とか、ハイスコアとか。悩んだときや辛いときに、ふとそれらの記憶が蘇ってきがち(例・焦っている際にマリオの時間切れ警告音が頭に響く)。

 ガイル「あの子との戦いはまだ終わっていない お前の戦いが 俺の新たなる力となるだろう」

 この心のガイルのセリフは、ゲーム内の勝ちゼリフの改変。元は「お前の闘いが、俺の新たなる力となるだろう」。ハルオは今までのガイルとの日々を、自然と今の自分の境遇に置き換えているようです。

 彼は今までやってきたゲームを全てかみ砕き、自分の身体に吸収し、血肉としています。彼の感情が動いたとき、愛してきたゲーム全てが自分を鼓舞してくれます。心のガイルや安駄婆は、ざっくりいえば自問自答の具象化。ハルオの中に、初めて自分を見つめる意識が芽生えた瞬間です。


ハイスコアガール あのオカルトゲーセン、ただの幻じゃなかったのか…(1巻P163)

 自分の気持ちに気づいて空港まで追いかけ、大野に別れを告げる。ハルオが彼女に渡したのは、オカルティックなゲーセン「がしゃどくろ」で手に入れたうさんくさい指輪。

 最高のプレゼントすぎるよ。2人で一緒にいた、2人しか知らない時間が、思い出せるグッズだもの。辛かった気持ちを抱えつつゲームに没頭し、小学生時代を生き抜いた、2人の結晶です。


ハイスコアガール ここが本当の意味での、全てのはじまりかもしれない(1巻P166)

 大野が初めて、感情の全てをぶちまけた。口を開いて声を出すのも、この場面だけ。彼女が本当の意味で心を開けるのは、ハルオしかいない。飛行機の中での、彼女の指に注目しよう。

 この漫画は、大野の慟哭のあとにハルオがしんみりせず、次の彼女との戦いのことを想像するから、イカス。ゲームで出会い、ゲームで通じあえたのだから、ゲームで未来を見つめるしかないんだよ。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」