ニュース
» 2018年07月29日 20時00分 公開

『地獄先生ぬ〜べ〜』を読んでいたおかげで助かった? 金縛り体験談の意外な結末

生麦大豆二升五合……なまむぎだいずにしょうごんごう!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 夏といえば怪談ということで、Twitterではハッシュタグ「夏だしフォロワーさんの怖い話教えてください」が盛り上がっています。そんな中、漫画家の栗原まれんど(@malend_k)さんが、金縛りにあった体験を漫画にして投稿。得体の知れないものに迫られる恐怖を読書経験のおかげで解消できたという、不思議な出来事を描いています。


アイキャッチ わあああああ! この恐怖を、昔読んだ漫画が救ってくれるとは……

 作者がバイト前に仮眠をとろうと横になっていると、不意に「ギィィィィィィー」とドアのきしむ音が。窓は閉めていたので、風のせいとも思えません。いぶかしんでいると、今度は「ドサッ」と、重いものが落ちてきたような音が。うわあイヤな予感。


1P

 そして足元に迫り来る、何かが足元に乗ったような感覚。いつの間にか全身が動かせなくなっていて、金縛りにあったと気付いた瞬間――「ガサッガサガサガサガサ……」と音を立て、真っ白な赤ん坊が上半身へ上ってきました。ひいいいいっ!


2P

 しまいには無言で顔をのぞき込まれて、栗原さんは大パニック。お経を上げようと思いつくも正確な経文が分かりません。せめて知る限りの「お経的なもの」を唱えようと、セーラーマーズの呪文(九字)を思い浮かべますが、思い出せたのは「臨・兵」まで。そんなピンチを救ってくれたのは、『地獄先生ぬ〜べ〜』に登場した迷信深いおばあさん(※)でした。

※#(ナンバー)95「おばあさんは魔法使い!?の巻」に登場した駄菓子屋の店主

3P

 作中で彼女が唱えていた、民間に伝わる呪文をおぼろげながら思い出し、「生麦大豆三升五合」(※)と連呼する作者。すると効き目があったのか、赤ん坊の重圧は消え去り、身体も動くようになりました。栗原さんは「ありがとう駄菓子屋のおばあちゃん、ありがとうぬ〜べ〜」と、原作へ感謝するのでした。読書って大事ですね。

※正確には「生麦大豆二升五合(なまむぎだいずにしょうごんごう)」。空海の法号「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」が民間でアレンジされたもの

4P

 前半の怖い描写から一気に漫画の話へ転ずる展開に、リプライは金縛り体験よりもぬ〜べ〜の思い出話でにぎわいました。

 ところが話は終わりません。栗原さんはその後、「解明編」にあたる後編を投稿。実はその当時、連載漫画の締め切りを抱えており、徹夜3日目だったというのです。それでは身体が動かないのも当然だったのでは……。


5P

 そもそも部屋のドアはきしむ音などせず、思い返すと金縛り体験時に聞いたのは実家にいたころに聞いたものと同じ。布団に何かが乗った音も、赤ん坊に顔をのぞき込まれたのも、実家の犬がもたらした体験の記憶だったのです。栗原さんはこれらの事実から、疲れ切った脳が誤作動を起こし、幻聴や幻視を引き起こしたと分析。「寝不足は良くないな」と話を締めくくっています。


6P

 このように恐怖体験は合理的に説明されましたが、栗原さんが呪文を唱えたことで、金縛りから解放されたのもまた事実。単なる迷信と片付けずに、「生麦大豆二升五合」を覚えておくといいかもしれませんね。

作品提供:栗原まれんど(@malend_k)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2107/23/news003.jpg ぬいぐるみを抱いて眠る保護子猫、寂しくなって……? 飼い主さんのもとへ行く姿がもん絶級にかわいい
  2. /nl/articles/2107/22/news018.jpg 【漫画】夫の買い置きを勝手に食べ、謝る妻だったが…… 思いがけない夫の愛ある言葉に「前世は仏様か?」の声
  3. /nl/articles/2107/23/news050.jpg 小学生に読書感想文の書き方教えるテンプレが最高にわかりやすい 学生時代に「欲しかった」と2万“いいね”
  4. /nl/articles/2107/22/news009.jpg 「私たち、どうして終わったんだっけ」―― 元カレと再会して本当の“別れの理由”に気付く漫画が切なくも心に刺さる
  5. /nl/articles/2107/22/news011.jpg リモートワークになったので田舎に移住してみたら…… ワケありなメイドさんと暮らすことになった漫画に「かわいい」「うちにも来てほしい」の声
  6. /nl/articles/2107/23/news014.jpg 「目がおかしくなりそうなぐらいアザラシの最中作っています」 まんまるでコロコロな「アザラシ最中」がずっと眺めていたくなるかわいさ
  7. /nl/articles/2107/23/news006.jpg シリアスなの? ギャグなの? 漫画「エスパー少女が花嫁を奪いにくる話」にツッコミが追いつかない
  8. /nl/articles/2107/22/news039.jpg 「ベンツが似合いすぎる」 矢沢永吉、28歳・ソロデビュー間もないころに買った愛車を披露 「やっぱ最高にセンスがイイ」の声
  9. /nl/articles/2107/23/news002.jpg 【なんて読む?】今日の難読漢字「蕩ける」
  10. /nl/articles/2107/22/news005.jpg 赤ちゃんウサギの世話をするハト 大きくなってもあたため続ける姿に愛があふれている

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」