ニュース
» 2018年07月30日 17時53分 公開

ひぃぃぃぃ怖いよう 「プーケットの電線」は密度がちょっとおかしい

プーケットが本気を出した光景。(写真レビュー)

[長浜和也,ねとらぼ]

 物価が安く、ビーチ、自然、グルメ、買い物を堪能できるアジアの人気リゾート地の1つ、タイのプーケット島。「東南アジアの港々で出会える“変な船、ちっこい船”コレクション」(関連記事)で旅行中に出会った船や名所を幾つか紹介してきましたが、プーケットは「すげー電線」も見どころです。では写真でどうぞ。

プーケットの電線 プーケットの電線。結構すごいけれど、まだまだ
プーケットの電線 まあこのくらいまでは日本にもあるでしょう
プーケットの電線 うぉ。でもこれぐらいならば許してあげようかな
プーケットの電線 電線がついに荒くれはじめた
プーケットの電線 むむむむ!
プーケットの電線 密度がちょっとおかしくなりはじめた
プーケットの電線 おい待って!
プーケットの電線 待ちなさいって!
プーケットの電線 うああああ、こんがらがっている! 大丈夫なのかっ? これ
プーケットの電線 感覚がマヒしてしまったプーケットの電線
かわいい小船 作業船 タグボート 軍艦 プーケットの電線 最後に、破壊力高い系のバイク

 プーケットを訪れたならば、ぜひこのスゲー光景も探してみてくださいね。

長浜和也

 IT記者は仮の姿で本業は船長(自称)。小型帆船を三浦半島の先っちょに係留する“一人旅”セイラー。伊豆諸島を旅するため、学連経験やクルー修行をすっとばして、いきなり1級船舶免許を取得してヨットに乗りはじめて早20年。かつて船で使うデジタルガジェットを紹介する不定期連載も。

 →「海で使うIT」


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」