ニュース
» 2018年07月31日 11時00分 公開

頑張れば買えるかもしれないポルシェ 弟分SUV「マカン」をリニューアル (1/2)

カイエンの弟分SUV。特徴的な「ポルシェデザインの要素」を追加。【写真45枚】

[agar,ねとらぼ]

 ポルシェは7月25日、コンパクトSUV(スポーツタイプ多目的車)「マカン」のマイナーチェンジ版を上海で発表しました。

新型「マカン」 The New Macan ポルシェ「マカン(The New Macan)」(2018年7月マイナーチェンジ版)

 マカンは、ポルシェの主力SUV「カイエン」よりも一回り小さな車種として2014年に登場。車名はインドネシア語で“トラ”を意味しています。今回のマイナーチェンジではフラッグシップモデル「911」を意識させるデザインの変更とともに、半自動運転やコネクテッド機能など、幾つかの先進装備を追加しています

マカン ポルシェ「マカン」(2018年7月マイナーチェンジ版)

 ボディー形状は前モデルから大きな変更はありませんが、リアのデザインを中心に手が加えられています。911シリーズのように、左右がつながった特徴的な形状のテールランプを採用しました。

 装備では、プラットフォームを共有するアウディ・Q5(関連記事)と同様に、渋滞時に低速での半自動運転を可能とする交通渋滞アシスタント機能「トラフィックジャムアシスト」を搭載します。また、全モデルで車載通信機能「ポルシェコネクトプラス」に対応し、最新の地図情報や交通情報の取得などが可能です。センターコンソールには11インチの大型タッチスクリーンを埋め込み、カーナビやカーオーディオなどの機能を統合したインフォテインメントシステムを利用できます。

 価格は2018年7月現在未定ですが、現行モデルのマカン ベースモデルは699万円(税込、以下同)から、340馬力のV型6気筒エンジンを搭載するマカン Sは841万円からです。

11インチのタッチスクリーンを搭載 11インチのタッチスクリーンを搭載
主な刷新ポイント
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた