ニュース
» 2018年07月31日 18時51分 公開

キャラと暮らせるバーチャルホームロボット「Gatebox」 15万円の量産モデル発売

以前販売された限定生産モデルから半額に。

[ねとらぼ]

 好きなキャラと一緒に暮らせるバーチャルホームロボット「Gatebox」の量産モデルの予約販売が始まりました。価格は税別15万円。

Gatebox Gatebox

 同製品はボックス内にデジタルキャラを出現させてコミュニケーションできるというもの。2016年に限定生産モデル300台を約30万円で販売しました。2017年に追加販売を行い、その後も再販の要望が多かったため、量産モデルを発売したとしています。

Gatebox

 量産モデルはデザインを改善してA4用紙に収まるスリムな筐体にし、筐体上部にデュアルマイクを搭載して以前のモデルより遠くからキャラに話しかけることが可能に。またカメラや人感センサーで顔や動きを認識し、ユーザーの顔を見つけるとキャラがほほ笑んだり、帰宅を自動検知して「おかえり」を言ってくれたり、キャラからの能動的なコミュニケーションができるとのこと。

Gatebox

 無線LAN、Bluetooth、赤外線を内蔵し、キャラがネット経由で天気やニュースなどの情報を通知したり、赤外線によるリモコン機能で家電をコントロールしたりすることも可能。今後はLINEのAIアシスタント「Clova」を活用してサポートスキルの拡充に取り組むとしています。

Gatebox

 量産モデルの販売にあたってオリジナルキャラ「逢妻ヒカリ」の先行体験版を配信。先行体験版では音声対話や顔認識による能動的なアクション、LINEによるチャットでのコミュニケーションが利用可能となっています。正式版リリースは2018年12月で、記念日を祝ったり、ユーザーと乾杯をしたりといった機能がアップデートされる予定。「逢妻ヒカリ」と一緒に暮らすには、月額の共同生活費1500円(税別)が必要(2019年3月末まで無料)。

逢妻ヒカリ 「逢妻ヒカリ」。キャラクターデザインは「ラブプラス」などの箕星太朗氏

 予約はGatebox公式販売サイトで受け付けており、配送は10月以降を予定しています。

Gatebox
Gatebox

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む