ニュース
» 2018年08月02日 22時07分 公開

「フォートナイト」のコーチを雇う親が増加傾向? 「親の敵」扱いから一転、子供を伸ばす手段に

賞金も高額ですが、かならずしもプロを目指させるというわけでもないようです。

[Ryuki Ishii,AUTOMATON]
AUTOMATON


フォートナイト

 人気バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」のeSports展開が進むにつれて、我が子のためにコーチを雇う事例が増えつつあることを、Wall Street Journalが報じている。日本でも子供を習い事に通わせたり、指導者のいる部活動に参加させる家庭は珍しくないと思うが、ゲームの腕前を磨くためにコーチを雇うケースはまれだろう。

 コーチを見つける手段としては、SNS経由で直接コンタクトするほか、ゲーマーとコーチをつなぐGamer Senseiや地元のプロにサービスを依頼するBidvineといったプラットフォームが利用されている。Wall Street Journalによると、これらのサイトでは今年3月以降、1000人以上の「フォートナイト」コーチが採用されたとのこと。指導料は人によって異なるが、相場は15〜20ドル/時間、50ドル/3〜4時間だという。


フォートナイト

 必ずしもプロ育成を目的としているわけではなく、「フォートナイト」が下手で負けてばかりの息子に指導者をつけて勝てるようにするという狙いの依頼もある。なかには親自身にも指導者をつけて学習するケースもあるとのことだ。Twitch Interactiveに勤務しているAdrian Luff氏もその一人であり、「最初の2分で死ななくなるのはありがたい」とコメントしている。

 Epic Gamesは今年5月、「フォートナイト」の競技シーン向けに2018〜2019年シーズンだけで賞金総額1億ドル(約110億円)を出資すると発表。7月から8週間にわたり開催されている「Fortnite Summer Skirmish Series」の賞金総額は800万ドルとなっている。そうした競技シーンだけでなく、人気配信者を目指すという道もある。今年3月にはTwitch配信者のNinjaが月間50万ドル稼ぎ出しているとCNBCにコメント。ただこの場合も、ハイレベルのゲームプレイを視聴者に提供できることが成功要因のひとつであるとNinja氏が語っているように、一定のプレイヤースキルが求められる。

 ゲーマーとして成功さえすればもうかるが、そのためにはうまくなる必要がある。「フォートナイト」がお金になることがわかった今、子供の趣味に投資する親が現れ始めるというのは、それほど不思議な話ではないだろう。カナダのライアソン大学の調査では、近い将来プロゲーマーの収入はプロのアスリートと同等レベルに達すると予測されている(Ponderwall)。eSportsシーンにおける視聴者数や広告主の増加傾向から導き出された予測だ。仮に「フォートナイト」の人気が複数年に渡り継続すれば、本格的な指導が施された子供がプロシーンで活躍するというケースが増えていくかもしれない。

 「フォートナイト」の人気が急上昇した今年2〜3月時点では、海外のマスメディアからは「フォートナイト」のせいで子供たちがゲーム中毒になってしまうという批判的な取り上げ方がされていた。英国のトーク番組「The Morning」では、「I Lost My 10-Year Old Son to Fortnite(「フォートナイト」のせいで10歳の息子を失いました)」というタイトルで息子のゲーム中毒を懸念する母親が出演。北米の情報番組「Good Morning America」も「フォートナイト」の中毒性を懸念視する特集を組んでいた(関連記事)。同時期にはChicagoTribuneが「I almost lost my son to ‘ Fortnite ‘(「フォートナイト」のせいで息子を失いかけました)」、The Washington Postが「How I lost my child to Fortnite(いかにして私が「フォートナイト」に子供を奪われたか)」というタイトルの記事を掲載したように、「フォートナイト」のせいで子供を失うという趣旨の企画が集中した。今後は子供の「フォートナイト」愛を肯定的に捉える親たち、という切り口でメディアに取り上げられる機会が増えてくるかもしれない。

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/28/news167.jpg 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  2. /nl/articles/2206/29/news152.jpg 整形男子アレン、“歯抜け”も生じた深刻トラブルを解決 高額で入れ替えた歯の再施術も「一生ものではない」
  3. /nl/articles/2206/28/news174.jpg バーガーキングが“超巨大バーガー食べ放題”実施 約1700キロカロリーのバーガーを食べまくれる
  4. /nl/articles/2206/29/news003.jpg ゴールデンレトリバー「他のおやつがほしいのおおおー!!」 荒ぶるワンコのまさかの行動に飼い主爆笑【米】
  5. /nl/articles/2206/27/news166.jpg 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」
  6. /nl/articles/2206/29/news139.jpg ゴルフ開始2カ月のダレノガレ明美、初ラウンドで驚きのスコアをたたき出す スタイル抜群のフォーム披露
  7. /nl/articles/2206/24/news167.jpg 耳付きのランチパックが見つかり「得した気分」「運がいい」 “当たり”があるのか山崎製パンに聞いてみた
  8. /nl/articles/2206/29/news118.jpg 幸せいっぱいでほっこり! 粗品、結婚後初の家族ショット 妻子と肩寄せ合う後ろ姿に「温かい愛感じます」
  9. /nl/articles/2206/28/news169.jpg ドラマ「ER」「クリミナル・マインド」の俳優メアリー・マーラ、61歳で溺死 川で遊泳中に溺れたか
  10. /nl/articles/2206/28/news025.jpg 野犬の群れで育った子犬を保護、初めはおびえていたが…… 心を開いて大きく成長したビフォーアフターに感動

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」