メニューはあえてボロネーゼだけ! 「パスタ界の二郎」と呼ばれる風雲児「BIGOLI」のこだわりがすごかった

あまりにも素直すぎるので、全種類制覇したいです。

» 2018年08月03日 12時00分 公開
[あまにょんねとらぼ]

 メニューはあえて「ボロネーゼだけ」という、“めちゃくちゃ潔い”パスタ屋さんがTwitterで話題になっています。



 そのお店は、「BIGOLIイオンスタイル品川シーサイド店」(Twitter:@bigoli_jp)。大きめのスーパーによくあるフードコート内のお店なのですが、大手チェーン店がひしめく中、まさかのボロネーゼ専門店。なぜそこに出店した……? 写真のボロネーゼもおいしそうだし、とても気になったので、現地へ行ってきました。


ボロネーゼ BIGOLI ボロネーゼ

 「BIGOLI」があるイオンスタイル品川シーサイドは、りんかい線品川シーサイド駅を降りて5分ほど歩いたところにある、ショッピングセンターを兼ね備えた店舗の中にあります。目指す店舗は駅を降りて地下通路を歩いて行き、B1Fの入口を入ってまっすぐ向かった先。時間により色が変わる「BIGOLI」の看板が目立ちます。


ボロネーゼ BIGOLI 店の写真

ボロネーゼ BIGOLI

 お店は大手チェーン店がひしめくフードコート内にあります。フードコートと言っても、全体的に落ち着いた感じの内装になっていて、椅子とテーブルの配置もすっきりしているので、ごちゃごちゃした感じはありません。取材したのは平日の午前中でしたが、恐らく昼時には人であふれかえっているのだろうなと想像します。

 店の前にはメニューが書かれたポスターが立てかけてありますが、この写真が食欲をそそるんだ。チーズの破壊力抜群すぎでしょ……。


ボロネーゼ BIGOLI ポスター。食欲をそそりますね

 というわけで、早速このポスターに写っている「濃厚チーズボロネーゼ」をいただきます。注文してお会計を済ませたら、5分程度でできあがり。


  • チーズボロネーゼ 850円(税込)

ボロネーゼ BIGOLI チーズボロネーゼ。チーズふわっふわ!

ボロネーゼ BIGOLI iPhoneと並べてみました。深皿に入ってるので大きくは見えないですかね

 チーズはパルミジャーノ・レッジャーノを使っていて、提供直前に削りたてのものを乗せるのだそうです。チーズがふわっふわです!!! 削りたてのチーズってホントきれいなのね……。


ボロネーゼ BIGOLI 削りたてチーズ、やばいです

ボロネーゼ BIGOLI 店の前にダミーですがチーズ置いてあります

 そして肉。ごろっとした牛肉なのですが、うまい具合に主張しているけどくどいわけではないです。食べ応えがあって、適度に赤ワインの風味が残って、いい感じでした。


ボロネーゼ BIGOLI にく!

 麺は、生麺である「BIGOLI」を自家製麺で提供しています。太くてもちもちしていて、これがクセになります。実はBIGOLIで提供しているパスタは、一般的なレストランの2倍量であるダブル(380g)が標準。男性にとっても食べごたえのあるボリュームです。

 そしてもうひとつ、トマトボロネーゼが気になったので食べてみることに。ミートソースとの味の違いが気になりました。そして、トッピングですごく気になっていたふわふわチーズMAXを合わせてみることに。


  • トマトボロネーゼ+ふわふわチーズMAX 850円+300円(いずれも税込)

ボロネーゼ BIGOLI トマトボロネーゼ。チーズで中が見えない……

ボロネーゼ BIGOLI チーズの山をめくると、トマトボロネーゼがこんにちはしています

 トマト2個分入っているということで、トマトの酸味や甘みと赤ワインの風味がボロネーゼにマッチしていて、個人的にはこちらの方が好きですね。もしかすると女性が好きな感じかもしれません。


ボロネーゼ BIGOLI トマトも具材もたっぷり

 そしてふわふわチーズMAX! パスタがチーズに覆われている……。チーズの壁を割って中のパスタを食べる感じです。チーズ大好きっ子にはたまらないトッピングですが、この迫力はやばい……。


ボロネーゼ BIGOLI このチーズの山……!

 本当においしかったです。そしてボロネーゼ奥深いぜ。

 今回、オーナーの石川さんにお話を伺うことができました。写真はNGとのことでしたが、非常に物腰柔らかな方でした。

 ボロネーゼの仕込みはどれくらいかかっているか尋ねたところ、トータルで36時間かかっているとのこと。「一気に100kg分を仕込むのですが、1日目は60kgの肉だけをひたすら焼いています。2日目はセロリなどの香味野菜・キノコ類を刻んでオリーブオイルで炒める作業(ソフリット作り)と、赤ワイン21本を使って徹底的に煮込む作業。ここまででできたものを一晩寝かせて、ソースをパック詰めします」。100kg分のソースは3日で使い切るのだとか。また添加物などを一切使わないで仕込みを行うため、野菜の産地や季節によって味の変化があり、味を決めるのが大変なのだそうです。



 実は取材前日、味がどうにもうまくいかなくてやむなく臨時休業という苦渋の決断をされました。このようなことは開店以来初めてとのこと。添加物を使わないため味決めが非常に大変ということ以外にも、1カ月前ごろから徐々に混み始めていて仕込みが追いつかなかったなど、さまざまな状況が合わさった結果だったそうです。「もし休まずに営業してもそれなりのものは出せましたが、クオリティを落とすのは嫌だったので休業して仕込みをすることにしたんです」。なんという頑固さ(褒め言葉)。


ボロネーゼ BIGOLI 臨時休業の看板(近所に住む友人からお借りしました)

 「BIGOLI」はJR神田駅からすぐそばに1号店があります。元々は石川さんが立ち上げましたが、昨年権利を他社に譲渡し、今はBIGOLIのメニューライセンス店舗として運営されています。ちなみに神田店は、昼はボロネーゼ専門店BIGOLIとして、夜はワインバーという2つの顔を持つお店なのだとか。

 そんなお店の2号店がなぜフードコート内なのか尋ねると、「神田のお店でボロネーゼを食べたイオンの関係者がこの味を気に入って、出店を打診されたんです」とのこと。意外な経緯でした。「街のパスタ屋さん的な感じでも良かったんですけど、品川でスーパーの中ってことは、土日は神田にはいないファミリー層がいるってことだから、サラリーマンだけじゃない人たちにも知ってもらえるいい機会かなって思ったんです」。

 ちなみにこちらの店舗の客層は7割が男性客とのこと。30〜40代の働き盛り世代が多いそうですが、土日は家族連れがメインで連日大盛況のようです。


ボロネーゼ BIGOLI 店の前にポスターあったらそりゃ足を止めますな

 なぜボロネーズにこだわったのか、という質問に対しては、「肉と炭水化物が好きで、肉たっぷりのパスタが食べたかった」というシンプルなお答え。

 「日本では、ミートソースもボロネーゼも一緒のように扱われていますよね。ボロネーゼを頼んだのに、ミートソースがでてきたりして。値段を上げるためにボロネーゼと名付けられたミートソースがまん延しているように感じます。本当のボロネーゼは肉の煮込みソースですからケチャップ味はしないし甘くもない。ワインの香り漂う大人の味なんです」と石川さん。特にBIGOLIのボロネーゼは挽肉でなくごろっとした牛肉を使うので、そもそもの食べ応えが違うと感じました。

 さらにBIGOLIの特徴は、標準サイズが他店の2倍ほどあること。それについては、「イタリアンのコースに出てくるパスタって、大きなお皿にちょこっと。おいしいけど少なすぎる。私は男なので、前菜もデザートもいらないから、あのおいしいパスタだけを、どかっと食べたいと思いました。時間もかかるし、余計なものはいらないので、それだけをどかっと(笑)。B級グルメの大盛りパスタは数あれど、本気のクオリティで大盛りの店を作りたかったんです」(石川さん)。


ボロネーゼ BIGOLI ミートソースとパスタの違い

ボロネーゼ BIGOLI 店の前のモニターに出ていた言葉。種類いろいろあります

 10種類のうち、お店でいちばん多く出るメニューは何かと尋ねたところ、ポスターにあるチーズボロネーゼだそうで、実にお客の6割が頼むのだとか。次に「トリュフクリームボロネーゼ」が人気とのことです。


ボロネーゼ BIGOLI ちなみに、取材当日はスタッフ急病のため3種類しかできませんとの告知が。素直すぎでしょ

 SNSのハッシュタグに付けている「イタリアの牛丼」はオーナーが考えたそうです。ごはんの代わりの炭水化物がパスタなんだから、牛肉がごろごろのってるボロネーゼはイタリアの牛丼と言っても過言ではないと思ったのだとか。ちなみに同じくハッシュタグとして付けている「パスタ界の二郎」は、SNS上でお客様がつけてくださったそうです。

 なお、今後の展開はと尋ねたところ、直営店は増やすつもりはないが、神田店のようなメニューライセンス店を増やしたいとのこと。メニューライセンスとは、既存のお店がBIGOLI本部から麺とソースを買って、自店のメニューとして提供するシステム。手間をかけることなく、実績のあるBIGOLIのボロネーゼが既存店で簡単に提供できるため、即座に売り上げにつながる仕組み――とお話ししていました。ちなみにBIGOLIの名前は出さずに、このシステムを使って売上をあげているところもあるそう。知らないところでBIGOLIのボロネーゼを食べているのかもしれませんね。

 ごちそうさまでした。本当に、個人的に全種類制覇しに行かねばと思った筆者でした。



【店舗情報】

BIGOLIイオンスタイル品川シーサイド店

営業時間 10:00〜21:00(LO20:30)※なくなり次第閉店の可能性もあり

休業日 イオンスタイル品川シーサイド店に準ずる



あまにょん


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  6. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」