ニュース
» 2018年08月04日 19時40分 公開

「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない」りぼん編集部異例の絶賛「さよならミニスカート」はどんな物語なのか

「この連載は、何があろうと、続けていきます」。

[青柳美帆子,ねとらぼ]

 少女漫画雑誌「りぼん」9月号(集英社、8月3日発売)で始まった牧野あおいさんの新連載「さよならミニスカート」が大きな話題になっています。新連載としては異例の特設ページがオープンし、りぼんの相田聡一編集長による「この連載は、何があろうと、続けていきます」という“激推し宣言”が掲載されているのです。

話題の新連載「さよならミニスカート」

 相田編集長は「このまんがは、異例です。面白さも異例ですが、何よりも私たち編集部のココロの動かされ方もまた、異例でした」「このまんがに関しては、何があろうと、読者のみなさんに面白さが伝わるまで、連載をし続けていきます。それくらいの覚悟を示せるまんがと出会ってしまったのです」と絶賛。

 さらに「少女たちだけではなく、いつかの少女たち、今は大人の女性になった、かつての『りぼん』読者たちをも大切にすることができるまんが」「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない」と、幅広い年代に響く作品であると力強くオススメしています。

編集部の宣言

 「りぼん」9月号でも、巻頭カラー&一挙65ページの大ボリュームでスタート。「超待望の登場! このお話の展開を、誰にも話さないでください」とのアオリ文を入れています。Web特設ページや「少年ジャンプ+」「LINEマンガ」などのマンガアプリでは1話の3分の1ほどが分割して掲載されています。

「りぼん」表紙でも激推し(画像右下)

 主人公は神山仁那。高校で1人だけ、スラックスで通学している女の子です。黒髪ショートカットで目つきは悪く、男子に対しても女子に対しても心を閉ざしています。そんな彼女に対して、男子の一部は「俺 あーいう女一番苦手 アレが得意な男とかいんのかよ(笑)」と毒づき、女子たちは「高1にして中2病かよ」と遠巻きにしています。

 「神山さんってどうしてスカート履かないの? 神山さんって実はスタイルいいよね!? もったいなよ〜っ」「…もったいないって何? 自分にはそれ以外無いってこと?」

 彼女がスラックスを履いているのはなぜなのか。彼女に一体何が起こったのか。それは1話の中盤で明かされます(ここではネタバレは控えておきますので、本誌やデジタル配信で確認してみてくださいね)。キーワードとなるのは、半年前に起こった“人気アイドルグループ「PURE CLUB」握手会での事件”です。

 突然の理不尽な暴力に遭ったとき、同じくらい理不尽な「言葉の暴力」を浴びせられることもある。「大したことじゃない」「強くなれ」と、被害を小さくしようとする声もある――そんな状況下で、どうやって立ち上がり、立ち向かうのか。おそらく実際の事件に想を得て作られた「さよならミニスカート」は、そんな物語になっていくのではないでしょうか。

 その他の主要人物は、仁那のクラスメイト2人。柔道少年の光は、ある会話をきっかけに仁那の中で“特別な人”となっていきます。そしてクラスでも「かわいい」と評判の長栖未玖は、「男の子の理想」を体現するような女の子。……でもそれって、本当にいいんでしょうか?

 「りぼん」は小学生〜中学生を対象とする少女漫画誌。ちなみに記者は昔、りぼんを愛読する「りぼんっ子」でした。『こどものおもちゃ』に生き方を教わり(目には目ん玉、歯には歯ん玉)、『神風怪盗ジャンヌ』に恋愛観をインストールされました。それらの作品は今読んでも同じくらい面白いですが、小学生のころに読めたのは幸せなことだと思っています。「さよならミニスカート」はもしかしたら今の読者にとって、大きな影響を与える特別な作品になるのかもしれません。

 なお余談ですが、本誌では、ギャグ漫画『HIGH SCORE』(1995年連載開始)と『アニマル横町』(2000年連載開始)がまだまだ超現役で連載中。かつての記憶と全く変わらない雰囲気に尊敬の念が湧いてきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい