ニュース
» 2018年08月05日 11時30分 公開

スカイツリー×花火に驚きと感動の声 隅田川花火大会で撮影された写真が非現実的な美しさ

こんな写真が撮れるのか……。

[宮原れい,ねとらぼ]

 7月29日開催の「隅田川花火大会」にて撮影された、夢のような花火&スカイツリーの写真が「これはすごい」「きれいすぎる」とTwitterで人気を集めています



 まるでスカイツリーのすぐ隣で花火が咲いたような構図で撮られていて、スカイツリーの青や黄色の光と、華麗に広がる鮮やかな色の花火がコラボ。理想に思い描いたような一瞬を見事に捉えた美しさに、驚きと感動が同時にやってきます。信じられないほどきれいだ……。


スカイツリー 花火 写真 隅田川花火大会 現実とは思えないほどの美しさ

 投稿したのはフォトグラファーのYoshiyuki Harada(@yohar1114)さん。Twitterでは驚いたユーザーから寄せられた質問に答えていて、多重露光ではなく一枚撮りの写真だということや、実際の花火とスカイツリーの距離は1キロ以上離れていて「圧縮効果によって近くで咲いてるように見せてます」とコメント。ちなみに細かい設定は「ISO100」「f8」「ND4装着」の「バルブ撮影」で、花火が咲く手前から消えるまで開いて「花火の数、大きさによって5〜40秒くらい」開けているとのことです。


スカイツリー 花火 写真 隅田川花火大会 こちらもスカイツリーとのコラボが見事です

 コメントでは多くの「素晴らしい」「美しすぎる」と称賛の声が寄せられ、この写真ならではと言える一枚に「現実を超えてる」といった声も。また撮影者を称賛する声も多く「こういう写真を撮ってみたい」と憧れる声も上がっています。

 Yoshiyuki Haradaさんの写真は、Twitter以外にもInstagram(@yohar1114)でたくさんの作品が投稿されているので、気になった人は覗いてみるとまた別の感動に出会えるかもしれません。

Yoshiyuki Haradaさんによる作品






画像提供:Yoshiyuki Harada(@yohar1114)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた