ニュース
» 2018年08月06日 13時30分 公開

「セルフ記者会見マシン」がMaker Faireで大人気 頭を下げると自動でフラッシュがパシャパシャッ

誰でも大物気分。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「セルフ記者会見マシン」なるユニークな装置が、DIYの展示発表会「Maker Faire Tokyo」(8月4〜5日)で注目を集めました。会見席に座って頭を下げると、自動でフラッシュの光と音が連続。誰でも大物気分を味わえます。


謝罪会見 ブースへ着席

謝罪会見 「このたびはまことに申し訳ありませんでした」

謝罪会見 頭を下げるとフラッシュがパシャパシャ

 北九州工業高等専門学校卒業生によるモノづくり集団、「NEXT+α」の出典作品。フラッシュを再現するLEDライトやスピーカーをシステムの軸に、取材用マイクや目隠し用のサングラスといった小物で構成されています。ニュース番組の表示を再現する透明シートまで用意されていて芸が細かい。

 「とにかくパッと見て楽しい装置を目指して作った」という、同団体のBBコリー(@BitBlt_Korry)さんを編集部は取材しました。開発したのは2017年5月から8月にかけて。同年のMaker Faireのために、関東住まいのメンバー5人で作ったそうです。

 フラッシュが動作する仕組みは、マイク下部付近に配した距離センサーで実現。頭が下がったことをセンサーで感知してLEDを発光させます。開発当時は展示直前にソフト開発担当者が高熱で寝込んでしまって手動操作にせざるを得ず、悔しい思いをしたのだとか。同年の冬に「Yahoo! JAPAN hack day」へ参加したときにようやく本来の形で展示できたという、思い入れのある機構だそうです。


 Twitterの反響に対し、「とにかくウケたい! というチームの強い信念が叶ったので、メンバー共々大いに喜んでおります」とBBコリーさん。Maker Faireでも「大人気だね〜」「面白い!」という声が多数寄せられたとのことです。

 NEXT+αは電子楽器「オタマトーン」を自動で演奏する装置「Automatone(オートマトーン)」や、自動で「Ctrl+S」を押して作成中の文書を保存してくれる「論文まもるくん」など、ほかにも発想の自由な発明を手がけています。


画像提供:BBコリー(@BitBlt_Korry)さん


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響