コミケの「始発ダッシュ」どう思う? 「りんかい線」コミケ戦線のホンネ(1/2 ページ)

平成最後の夏コミが迫る。

» 2018年08月07日 20時15分 公開
[haruYasy.ねとらぼ]

 2018年8月10日から12日までの3日間、第94回を迎える同人誌即売会「コミックマーケット」が開催されます。平成最後の夏コミということで、日本を襲う異例の猛暑に負けない熱気でいつも以上の盛り上がりを見せそうです。

 そんなコミケの会場となる東京ビッグサイトへ参加者たちを導く“交通の大動脈”りんかい線では、「始発ダッシュ」と呼ばれる危険行為が常態化しています。ネット上では名物のように扱われている状況にりんかい線を運営している東京臨海高速鉄道はどう思っているのか聞きました。

C94 コミックマーケット 夏コミ 始発ダッシュ りんかい線 いつの間にか恒例となってしまっている「始発ダッシュ」

スタッフ増員、警備員も雇って大混雑に対応するりんかい線のコミケシフト

 取材に応えてくれたのはりんかい線を運営している東京臨海高速鉄道の広報担当者。まずはコミケ期間中の体制について聞いてみました。

 過去に取材した東京ビッグサイト近くにある喫茶店「カフェ・ベローチェ有明店」では、周辺の店舗から店長クラスが集結する“コミケシフト”が敷かれ、ネット上で大きな話題になりました。(関連記事

 1日15万から20万人ほどが東京ビッグサイトに集まるコミケ期間中、通常時に比べて利用客数が爆発的に増えるりんかい線ではどのような体制が敷かれているのでしょうか。

C94 コミックマーケット 夏コミ 始発ダッシュ りんかい線 コミケ参加者を会場へ送り届けるりんかい線

 りんかい線の広報担当者に話を聞くと、混雑が最も集中する国際展示場駅だけでなく、ほかの路線からのハブ駅になる新木場駅などで「通常より多く(人員を配置)するよう、あらかじめ他駅を含めた配置計画を立ている」そうで、各駅でスタッフを増員してコミケシフトと呼べる体制をとっているそうです。

 しかし、さすがにりんかい線のスタッフだけでは人手が足りないようで、警備会社から派遣された大勢の警備員も含めて、コミケ期間中のシフトを構築しているそうです。具体的にどれくらい増員しているのかについては、曜日や時間帯によって変わるために正確な回答はできないとのことでした。

C94 コミックマーケット 夏コミ 始発ダッシュ りんかい線 東京メトロ、JRから新木場駅で乗り換えるコミケ参加者も多い

臨時列車の運行と間隔調整で効率的なダイヤに

 列車の運行本数や編成などについても聞いてみました。国際展示場駅では通常、平日5時44分が始発となり、その後は5時台に1本、6時台に6本、7時台に9本、8時台に11本、9時台にピークとなる12本が発着します。通常時であれば十分な運行本数ですが、コミケ期間中は東京ビッグサイトを訪れる人々で車内は超満員となり、通勤ラッシュ以上の混雑になることもしばしばあります。

 そんな混雑を少しでも抑えるべく、コミケ期間中のりんかい線は運行本数を増やすことで対応しています。

 例えばC94初日となる8月10日の下り線(新木場から大崎方面へ)では、早朝の7時ごろまでに4本、昼ごろに5本、夕方に2本の臨時列車を走らせます。さらにラッシュ時間帯は全体的に発着時刻を変更して、5分から10分ほどの間隔で運行するようダイヤを調整します。

 車両編成は通常通りの10両編成のままで効率的に利用客を輸送できるように、全11本の増便と運行間隔の調整で爆増した需要に対応しています。臨時増発についてはりんかい線の公式サイトで事前に告知されており、3日分の時刻表がPDFで公開されています。

C94 コミックマーケット 夏コミ 始発ダッシュ りんかい線 りんかい線「今年もお客様の良心とマナーに期待するところであります」(りんかい線の公式サイトより)

「皆様の優しい心づかいを」から5年、マナーは良くなってきた

 りんかい線といえば、2013年に公式Twitterで「夏休み中で子供も多く乗車しているので、コミケで買った本を車内で読むのをやめてほしい」と注意を促したことがネット上で話題になりました。

 広報担当者によると最近は「混雑した車内で本を大きく広げて読む」といったことは少なくなったそうです。このあたりのマナー意識はかなり改善されてきているようです。

 ほかに駅アナウンスや電光掲示板などで、りんかい線として何か特別なことをしているのかについて聞くと、以前はさまざまな呼びかけをツイッターやポスターなどで行っていたそうですが、「コミックマーケットの参加者向けに特化したようなアナウンスが特定の見方に偏っている」と指摘を受けたため、現在はそういったことはしておらず、今後もそういった予定はないとのことでした。

C94 コミックマーケット 夏コミ 始発ダッシュ りんかい線 目指すは東京ビッグサイト

 その一方で、「コミケに参加しない利用客」からはどんな反応が寄せられているのかも気になりました。「列車がいつもより混むため、事情を知らないお客さまから“どうしてこんなに混むのか”とお叱りを受けた」ことがあるそうです。しかし、広報担当者によるとりんかい線の沿線には東京ビッグサイトのほかにも多数の催事場や商業施設があるため、このお叱りはコミケに限った話ではないとのことでした。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/20/news059.jpg 桁違いの価格に衝撃 伝説のおもちゃ「チャクラ宙返り」の発見報告に「なんで!?」「価格破壊レベル」の声
  2. /nl/articles/2405/22/news140.jpg ヒロミ、500万円以上&数年越しゲットの“世界戦略車”が「粋な感じ」 初ドライブに臨んだ妻・松本伊代も「この車夢だったの!」
  3. /nl/articles/2405/22/news029.jpg 9歳息子、野生のリスにカメラをかまえて2秒後…… 驚がくのショットに「スゲー!!」「感動しました」と称賛
  4. /nl/articles/2405/22/news119.jpg 「ブラック・ジャック」ピノコ役を演じる子役に納得の声 「この子しかいない」「オソマちゃんの子だ!」
  5. /nl/articles/2405/22/news159.jpg 安藤サクラ、別人級の大変身で驚きの声集まる 「やはりお母様似では?」と母・安藤和津を思い出す声も
  6. /nl/articles/2405/22/news105.jpg 義父から夫へ「小学生の時に作った作品を捨ててしまった、もう一度作って」と謎のLINE→妻は笑うも…… 本気だった理由に驚き
  7. /nl/articles/2405/21/news034.jpg 犬「で、オレが産まれたってわけ」 220万再生突破の爆笑ワンコに「ちっ、2回目の転生は犬かよ」「これでウインクとかされたら笑い死ぬww」
  8. /nl/articles/2405/22/news053.jpg 本当に同じサーバルなのか!? 昼と夜でまるで別個体、衝撃のギャップに「顔たまらんw」「え、同一サーバル……!? ってこんらんした」
  9. /nl/articles/2405/22/news032.jpg 「前世は金魚」と話題の黒猫 想像を軽く超える“美しい尾びれ”に「芸術だわ…」「金魚というよりベタみたい」
  10. /nl/articles/2405/22/news018.jpg シルバニアの家を“神リメイク”→かわいらしい雰囲気からガラリと大変身! 驚きのビフォーアフターに「わー!素敵!!」「す、すご……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評