ニュース
» 2018年08月07日 18時29分 公開

「ファンミーティングでプロの乳首をつねらないで」異例の苦言が飛び出す 問われるe-Sportsファンのモラル

なんでそんなことしたん……。

[Sawako Yamaguchi,AUTOMATON]
AUTOMATON


eスポーツ 乳首

 プレイヤー同士が近くにいなくても戦うことができる。物理的な距離を問わない競い合いは、e-Sportsとして盛んなオンライン対戦ゲームタイトルの長所だ。とはいえ、やはり距離の近さもまた重要な要素。大々的に開催されるリアルイベントは、トッププロとファンの物理的な、そして心理的な距離をぐっと縮め、従来のスポーツ観戦のような熱量を生み出す。だが、縮まった距離にはデメリットもある。

 Summer Split終了まであと2週間となったNA LCS(「リーグ・オブ・レジェンド」北米公式プロリーグ)では、プレイオフ進出枠を賭けたデッドヒートが繰り広げられている。Week 7が終了した8月7日、Team Liquidのミッドレーナーを務めるEugene “Pobelter” Park選手はツイートで、会場でのファンの振る舞いに異例の苦言を呈した。

「試合後のファンミーティングにファンとして来るなら、私たちの乳首をつねるような変な行為はやめてください。どうかしています。」

 1万以上の「いいね」がついたこのツイートから、Pobelter選手がファンミーティングで受けた扱いは明らかだ。先週の試合では、チーム「100 Thieves」所属のaphromoo選手もまた、試合後のファンとのハイタッチ中に乳首を触られるシーンが公式試合動画に残されている。

過去にもあったセキュリティの問題

 e-Sports大会では出場選手が激しく体を動かすことはないため、ステージの構造は非常にシンプルだ。韓国プロリーグ「LCK」では選手らのプレイ場所はチームごとに箱型のブースで覆われており、観客の歓声などをシャットアウトしている。しかし欧米をはじめとするリーグ会場では、選手のプレイ場所はオープンになっており、観客席との間を遮るものは少ない。

【UPDATE 2018/8/7 13:30】ブースで覆われていることがセキュリティ保護を目的としているという旨の記載をしていましたが、表現を変更しました。

 「LoL」ではかつて2017年のMSI決勝戦にて、観客席からステージへの約3メートル半の落差を飛び降りた観客が、優勝チームのメンバーと抱き合って優勝を喜んでしまうという珍事があった。この際にはRiot Gamesが「速やかに協議を行い、生観戦会場で競技を行うチームと選手を守るべく、セキュリティを高める」とのコメントを出している。

ファンとプロの距離を適切に保つために


eスポーツ 乳首 NA LCSで行われているファンミーティングの様子。チームメンバーと同じ写真に収まることも可能だ。画像出典:LoL Esports Photos

 「LoL」の各リーグで通常試合後に行われているファンミーティングは、ファンにとっては応援を伝えサインをもらうことが、選手にとっては自分たちを見ているファンがいることを実感できる、かけがえのない交流機会である。この時、選手とファンの間に物理的な障壁はないが、それゆえに双方の振る舞いにはモラルが要求されている。選手は公人であるからして、ルールを守った振る舞いをしているが、問題なのはファン側だ。当然、選手もひとりの人間である以上、選手に対するリスペクトを欠いた振る舞いは許されるものではない。真剣勝負を勝ち抜いた末に待っているのが、嫌がらせにも等しい時間というのはおかしな話だ。

 EU LCS出場選手のKikis選手は、Pobelter選手のツイートに反応して「イベントへの永久出禁処置は問題になるだろうか? 問題だろう」とリプライを寄せている。こうした事態が多発したり、悪化したりすれば、イベント主催側も選手を守るために交流に制限をかけざるを得ない。そうした処置は主催・選手・ファンの全てにとってマイナスになってしまうだろう。Pobelter選手のツイートは単なる氷山の一角なのかもしれないが、それならばなおさらファンは襟を正す必要がある。

関連記事

Copyright (C) AUTOMATON. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/24/news020.jpg よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  2. /nl/articles/2206/25/news001.jpg 犬「お風呂いやあああああ!」 風呂に入らないために抵抗するゴールデンレトリバーがかわいい 【スペイン】
  3. /nl/articles/2206/25/news006.jpg 「柴犬の生首かと!」「笑いすぎておなか痛い」「神々しい……」 西日が生んだ奇跡のワンコに爆笑の声
  4. /nl/articles/2206/22/news217.jpg 人生29年でいまさらエヴァ旧劇場版を見たら1時間ベッドで呆けた話 「こうする以外に、道はなかったのだろうか……」
  5. /nl/articles/2206/23/news005.jpg 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  6. /nl/articles/2206/24/news120.jpg めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  7. /nl/articles/2206/23/news188.jpg “BIG BOSS”新庄剛志、山田勝彦コーチへの中傷に反論 心ない言葉に断固たる姿勢「即ブロック」「shinjo freedomに来なくて良い」
  8. /nl/articles/2206/25/news005.jpg 散歩中の愛犬が用水路で立ち止まり…… 震えるチワワを発見→救助の展開に「賢いワンちゃん」「おうちに帰れてよかった」の声
  9. /nl/articles/2206/24/news206.jpg これは着こなせない……! 工藤静香、体形くっきりのスーツ姿に「お腹ぺったんこ!!」「凄い細い」と驚きの声
  10. /nl/articles/2003/17/news132.jpg アイスダンス元日本代表のクリス・リードさん逝去、織田信成らが追悼 数日前にブログ更新で今後の抱負つづっていた

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」