ニュース
» 2018年08月09日 20時00分 公開

高慢なトップランカーの正体は? 家族から孤立した少年が人とネトゲでつながる漫画、先行き不安しかない

「感動の秘話」みたいになりそうでならなさそう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 オンラインゲームでしのぎを削る、上位プレイヤーたちの日常を描いた漫画がTwitterで注目を集めています。2位の主人公がどうしても勝てないトップランカー、「みるくてゃん」を軸に描かれる物語。緩い口調でいて、圧倒的な強さを見せつけるあいつの正体は……?


アイキャッチ ライバルは緩い名前と口調の女性アバター

 架空のゲーム「アップル・ストーリー・オンライン(ASO)」にのめり込む主人公。課金も時間もたっぷり投入していますが、やはりみるくてゃんには勝てません。


1P 「SAO(ソードアート・オンライン)」と1文字違いなのは偶然だそうです

 ログアウトして食卓へ行くと、もう食事は片付けられたあと。父親には「もうお前の飯はないぞ」と突き放され、くどくどとお説教をされてしまいます。そんな冷めた家族関係とつまらない現実から逃げたくて、主人公はさらにオンラインの世界へ没入していくのでした。


2P

 そんなある日、みるくてゃんとオンラインで対面する機会が。最初はにこやかにあいさつを交わしていましたが、彼女が突然高慢な本性を現しました。「今週も2位だったねえ」「そのザコ敵みたいなアバターは何? 火力にお金全部使ってるの? なのに私に負けたの?」とあおりまくり。「このゲーム向いてないんじゃない?」とまで言われ、主人公は憤慨してしまいます。


3P

 ここで場面は一転、主人公の隣室へ。そこには「完全勝利だにゃあ!」「このゲームの1位は私だニャン」と高笑いする父親、つまり「みるくてゃんの中の人」の姿がありました。「またゲームか」とか説教しといてそれはないだろうお父さーん! 漫画は「これはASOでつながる家族の物語」と、続きを予感させる終わり方をします。この先に感動の物語がありそうな……やっぱりないような。


4P

 漫画には「光のお父さんじゃなく闇のお父さん……」「息子のこととは無関係でゲームにハマってるお父さんが好き」「お父さん、課金しないで息子にご飯食べさせてあげて」など、さまざまな感想が寄せられました。続編を望む声も多いなか、作者の藤井ふじこ(@fuzzylogic0310)さんはサイドストーリーを投稿。続きも制作中とのことです。気になるっ。


extra 緊急メンテナンスで遊べず、いら立つ2人。案外仲良し親子なのか、単なるヘビーユーザーあるあるなのか

作品提供:藤井ふじこ(@fuzzylogic0310)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」