ニュース
» 2018年08月12日 08時00分 公開

15年描き続け、完成目標は2028年 架空の国を地図に描く「想像地図」プロジェクトの濃度がすごい(2/2 ページ)

[ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

想像地図の楽しさ

 想像地図を作る上で大変なところ、楽しいところをSirnokaさんに聞きました。「地図は全てを描かないといけません。描いて楽しい部分だけではなく、つまらない部分もあります。楽しい部分とつまらない部分は隣接し、時にモザイクのように入り組んでいます。楽しいであろう部分がもうすぐ先にあるのに、その手前にあるつまらない部分を描かないと先に進めない、という状況になることは多くあります。ただ、何よりも楽しいと感じるのは、『描いているそのとき』ではなく、『ここを描いた!』という達成感を得たときです」

想像地図 地図には港やお城も

 2003年に小学生だったSirnokaさんも今は働く身ですが、地図の作成は毎日、平日の出勤前30分と帰宅後の1〜2時間ほどを確保して続けています。休日は1日中描いていることも。1日に平均で8〜16枚ほど描いているとのことです。

 大変そうな地図作りの作業をこれだけ長い間続けてこられた理由は? その問いにSirnokaさんはこう答えています。

 「『人生の目的』を想像地図に見出し、『自分は何のために生きるのか』という問いに対して『想像地図を描くこと』という答えを出せるようになったからだと思います。辛い経験があっても、想像地図があったから乗り越えられました」

 2028年に地図が完成したら何をするのか聞いてみたところ、「何かしらのパーティーは行うかもしれないですが、現時点では未定です」とのこと。地図完成後は、想像地図世界を舞台とする小説を書いたり、鉄道のダイヤを作ったりするなど、地図を土台にして新たな創作を行う予定だとSirnokaさん。

想像地図 鉄道の駅は設定されているがダイヤはまだ
想像地図 「JR」という言葉が登場するが「Joei Railway」の意味

 想像地図のサイトには「やりたいことリスト」があり、「歴史の設定」「架空世界版のWikipedia」「バス路線の設定」「架空鉄道の運賃計算・切符発行システムの製作」と想像の世界を作り上げる作業がたくさん並べられています。どんな世界が完成するのか――まずは2028年の地図完成を楽しみに待ちましょう。

想像地図 架空世界版のWikipedia「タヌキペディア」
想像地図 やりたいことはまだたくさん

画像提供:Sirnokaさん(想像地図研究所



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」