ニュース
» 2018年08月13日 07時30分 公開

こんな上司に毎日なごみたい パワハラで転職した主人公を癒やす天然上司がもん絶級にかわいい

上司を愛さずにはいられない。

[林美由紀,ねとらぼ]

 以前に話題になった、上司のパワハラに精神と胃をやられて転職した主人公と、新しい会社の上司を描いた漫画「新しい上司は○○○」の続編が発表されました。新作でも天然上司のかわいらしさがさく裂しています。

 仕事中に分からないことが出てきた主人公。前職のパワハラ上司は質問すると、「なんでこんなのもわかんねぇの?」と言いながら、マウスやペン立てを投げてきたそうですが、新しい上司は「あぁこれわかりにくいよな」と言いながら……マウスと間違えて、主人公の手をクリックしたのでした。


天然上司1 以前、パワハラ上司からひどい扱いを受けていた主人公

 女子社員にセクハラとからかわれて、顔を真っ赤にしながら慌てて手をどける上司……かわいすぎる! 昼休みに「おっさんに手を握られて気持ち悪かったろ」と、おわびに昼ご飯をおごると提案してくれます。しかし、主人公はむしろ自分がお礼をしたいくらいだと伝えると、上司は「じゃあ、アイスおごって」とリーズナブルなお礼をお願い。かわいいだけでなく、気遣いが優しくてステキ。


天然上司2 マウスと間違えてオレの手を……なんてこった

 主人公の「物も投げず優しく教えていただいて……」という感謝の言葉が気になったらしい上司、前の上司は物を投げてくるような人物だったのかと問います。無意識にパワハラ受けたアピールしてしまった……と焦る主人公。本当はその話を聞いてほしいけれど、いまだに精神が不安定なのを知られて嫌われたくないと葛藤します。

 思い悩むうちに精神が削られてきた主人公、猫の動画を見て癒されたいと思い、つい「猫」と口に出してしまいます。主人公が猫好きだと思った上司は、たまたま近くで見つけた猫を手懐けて、彼を癒やしてやろうとするのですが……。


天然上司3 上司に相談したいけど、嫌われたくない

 「猫ちゃん 怖くないぞー なんだお前 おとなしくていい子だなぁ」と猫へ近寄った上司は気付きます。「あっ、すまん。木だった」……猫だと思っていたのは、猫に似ている木だったのです。主人公は吹き出してしまい、上司のかわいさに癒されて、「めっちゃ楽しく」ランチすることができたのでした。


天然上司4 どこまでもかわいらしさが漏れてしまう上司

 以前のパワハラで心が弱くなりがちな主人公ですが、こんなかわいい上司がいたら完全に心の傷がいえる日も近いかもしれません。上司がイケメンなのに何をやっても天然さんなのが萌えます。そして次回作が気になって仕方がありません!

 作者の漫画家、いちかわ暖(@ichikawadan)さんは、単行本『しょぼしょぼマン』や『小南正太郎、家から出るをはじめました。』の著者で、Twitterでイラストや創作漫画を公開しています。


天然上司5 最高かよ!

画像提供:いちかわ暖(@ichikawadan)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた